プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

severe rain storm

忍び設定でカカイル未満の、甘くは無い淡々とした、雨の日の短い話です。
何となくお互い気になるかな程度…ですかね?
ちょっと待ち時間の時に『集中豪雨』でお題を戴き、書いたついのべを加筆修正しています。
今回もお題をくださいましたT様ありがとうございます。
突発で書いた話で、次の話は全然リゾートじゃありませんでした・・・。

良ければ追記よりお読みください…。

『severe rain storm』=『集中豪雨』

severe rain storm

「凄い雨ですねぇ」
「え…?あ、カカシさん…お疲れ様です」

仕事をおえて帰ろうと職員用の玄関で靴を履きかえ、外に出る。
前を見ると、集中豪雨と呼ばれるような、まるでバケツをひっくり返したような、目の前が白く煙るほどの雨が降っていた。
『これじゃあ…傘をさしても意味がないよな』なんて思いつつどうするか躊躇っていると、スイッと横から声をかけられた。
ふと横を向くと目の前の煙る雨のような色の髪の人が気配を全く感じさせず、少し先の庇の下でひっそり佇んでいた。

「あ…カカシさんも雨宿りですか?」
「イルカ先生お疲れ様です。ええ、すぐに止むかと思って待っていたらどんどん酷くなってきて…。どうも帰るタイミングを逃しちゃったみたいですね」

そう言って片方見えている目を細めて俺に笑いかけてきた。

「俺は一応折り畳み式の傘はあるんですけど…。でもこんなに凄い雨じゃ傘を差しても意味がなさそうですよね?」

そう言って俺も変えに笑いかけると、斜め掛けにしたカバンを叩いて見せる。

「確かに。集中豪雨みたいなこんな雨じゃ…傘を差しても意味がなさそうですね」
「本当ですよ。少し位の雨だったらカカシさんと一緒に傘を差して帰るんですがね」

笑いながらそういえば

「イルカ先生と相合い傘ですか?それも良いですねぇ」

と彼に笑いながら返される。
思いもかけない答えに何となく照れ臭くなり、鼻傷を掻きながら前を見る。
雨足は更に強くなってきていて前が見えない位で、雨音もまるで太鼓を打ち鳴らしているかのように騒がしい。
何気なくふと視線を感じ横を見るとちょいちょいとカカシさんに指で招かれる。
なんだろうと近寄ると耳元に口をよせてきた

「雨の音が煩いですからこれくらい近寄らないと会話できないでショ?」

と言われ慌てて少し離れてしまう。

「うわっ!びっくりした!そんなに顔を近づけられると、ちょっと何だかドキドキしちゃうじゃないですか!」
「俺相手でもですか?」
「カカシさん相手でもですよ。しかも無駄に良い声してるんですから、いきなり耳元で話して俺の事をドキドキさせないでくださいよ!!」
「無駄にって…イルカ先生ってば酷いなあ~。でも俺の声聞いてドキドキしちゃうんだ」
「だからいきなり耳元で囁かれたからですよ」

驚いてそう言った俺の言葉をふふっと笑ってこちらを見ている。
何となく優しげなその視線に焦って、慌てて話題を変える。

「しかし雨は止む気配がないですねえ…」
「そうですね、更に降り方がひどくなってるくらいですし…。イルカ先生は、この後は何か予定でもあるんですか?」
「別にそう言う訳じゃないんですが…。カカシさんこそ週末ですし、予定で一杯なんじゃないんですか?」
「予定なんてないですし、もし何かあれば雨が降ってても帰りますよ。俺も別に急いでいるわけじゃないですねぇ」
「そうですか……」
「そうなんですよ。まあ…たまにはこんなのも良いかもしれませんね」
「え、何ですか?カカシさん」

雨の音が煩くてお互いに話す度、自然と少しずつ距離が近くなる。

「じゃあお互いに予定が無いなら…。もう少しだけ …このままのんびりと、雨を眺めているのも良いかもしれませんね」
「そうですね。もう少し位なら…。このままでも良いかもしれませんね…」

そう話しながら何でだかか分からないけど、何となく心の底がほの暖かいような気持ちになる。
肩が触れそうで触れない、でもお互いの体温がじんわりと感じられるくらいの距離。
お互いに何となく無言のままで、でもそれが全然嫌な感じではなくて。
ただそのまま、どこか満ち足りたような気分のまま、二人で降りしきる雨をじっと眺めていた。

<< The nape and a tail | ホーム | ウサギのカカシとモルモットのイルカのお話 その3 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。