プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さもしらじらな もゆるおもいを 2

以前書かせていただいたさもしらじらな もゆるおもいをの続きの話になります。
そのうち書くつもりではあったのですがその一つ前に書いた現パラの方が突っ走ってしまい書く機会が・・・ごにょごにょ・・・。
昨日が自慰の日だったそうでそのつながり??と、世間話?のついでに読みたいと言って下さる方がいて書かせていただきました。
次回は少し開くと思いますがもう一度カカシ先生視点で終わり→おまけのイルカ先生視点の予定です。
今度のUPは教師のシリーズ…かと思います。
またカカシ先生が一人でいたしていますのでR18にさせていただきます。
がそんなにエロいわけではございません
へたれた、うじうじしたカカシ先生のお話になりますの。
そう言ったカカシ先生が苦手な方は閲覧ご注意願います


『さもしらじらな もゆるおもいを 2 』良ければ追記よりお読みください・・・。


さもしらじらな もゆるおもいを 2


玄関のチャイムが軽やかに鳴り響く。
眉根を寄せ玄関の気配を探るが誰のものかもわからない・・・と言う事は少なくとも中忍以上だろう?
どうしようか悩んでいると今度はドアを叩かれる。
軽く舌打ちをしてドアへと向かう・・・。

「おう、やっぱりいるんじゃねえか。早く出ろ・・・っとスマン取り込み中だったか?」
「・・・何よアスマ。珍しいじゃない?」

ドアを開けたところにいたのは見慣れた髭面の大男で、俺の格好を見ながらニヤニヤしながら俺の事を見ている。
意味あり気に俺を見るアスマの姿を見て、そう言えばバスタオルを腰に巻いただけの格好な事を思い出す。

「取り込み中ならまた来るぜ?」
「ったく、そんなんじゃないよ。だからさ、一体何の用?」
「ああ、お前多分休み明け、俺と任務予定だからよ。遅刻しないように、一応声かけとこうと思ってな?」
「ンなもん式飛ばせば済む話でしょうが?なんでわざわざ・・・」
「うるせえよ。俺はその日終わったら用事があんだよ。式が届かなかったで遅刻されちゃたまんないからな」
「はいはい、どうせ紅と何かあるんでしょ?遅刻しないようにするから大丈夫だ~よ」
「なら良いけどよ?まあよろしく頼むわ?これからお楽しみか?まあほどほどにしておけ」

そう言い捨て、手を振りながらアスマは帰っていった。
大きく溜息を吐くと又鍵を掛け、冷蔵庫へと向かう。
ドアを開け、ビールの缶をを片手に取りプルタブをあけようとするとまた玄関の方でチャイムが鳴ったのが聞こえた。

「チッ!!またアスマかよ?」

何か伝え忘れた事でもあったのかと思わずイライラしながら手にした缶をテーブルに置く。
折角ゆっくりしようとしているのに何度も邪魔されてイライラする。
まだ湿っている髪をガシガシと掻きながら大股で玄関へと向かい、今度こそ文句の一つでも言ってやろうと思うと、思い切り勢いよくドアを開ける。

「ったく、なんだよ!!今度は一体何の用なの?!」

吐き捨てるように言いながら、目の前の人物を見て思わず言葉を飲み込む。
そこにいたのは・・・。

「すいませんカカシさん。さっき受付に忘れていたものがあって・・・届けに来たんですが・・・」
「イ・・・ルカ先生・・・」
「・・・あの・・・お取込み中みたいですね。お邪魔しちゃってすいません、すぐに済みますから」
「イルカ先生・・・どうしてここに・・・?」

俺の格好を眺めると少し顔を赤らめ慌てて目を伏せる。
慌ててカバンの中を漁りだすが目当ての品が見つからないらしく慌てだす。

「ちょっと待っててください・・・。あ!!ありました」

そう言って俺に差し出してきたのは俺の判子だった。

「これ・・・さっきカカシさんが荷物を落とした時に拾いそびれたみたいで、後から見つけたんです」

そう言って俺の方を見ては目のやり場に困るかのように視線を逸らす。

「大事なものですし、『帰りがてら俺が届けます』って言って届けに来たんです・・・。でもすいません。何かお取込み中みたいでしたね?」
「いや、そうじゃなくて。違うんです!!」
「あの・・・これ、カカシ先生お疲れだと思って買ってきたんですけど・・・良かったら中にいらっしゃる方と一緒にどうぞ・・・」
「は?え?いや中に何て誰もいません!!」

慌てて弁解するが、俺の今の格好とイライラしてつい言ってしまった苛立っているセリフを聞けば勘違いされても仕方がないのかもしれない。
胸元に冷えた酒らしきものが何本か入ったビニール袋を押し付けられ思わず受け取ってしまう。

「じゃあ俺はこれで。・・・お邪魔してすいませんでした」
「イルカ先生、お願いだからちょっと待って!!」

そう言いながら身をひるがえす彼の二の腕を思わず掴む。
そのままグイッと中に引きずり込むとバランスを崩した彼はよろめきながら床に凄い音を立て倒れ込んだ!!

「イルカ先生!!大丈夫ですか?!」

手にしていたビニール袋が、判子が、床に落ちたのも気にもとめず、慌てて彼の様子を確かめる。
床に倒れ込んだイルカ先生はぐったりとして目を閉じているが、俺が引きずり込んだ時にどこかぶつけたのか・・・。
慌てて抱え上げてベットへと運ぶ

抱きかかえながらベストを脱がし、放り投げる。
ベットの脇に立膝を立て彼の様子におかしなところが無いか見つめる
胸に耳をあてると同時に自分の指を彼の口に当て、規則正しい呼吸の音と息を聞いてほっとする。
ほっとして力抜けた拍子にワザとではないが軽く指が唇に触れ、その柔らかさに思わずつばを飲み込む。
視線を下にやるとさきほどベストを脱がせた時に捲れてしまったらしいアンダーから思っていたよりも白い肌が見えた。
少しだけなら…とそろりそろりともう片方の手を伸ばす。

ごくりと息をのみ、触ろうとしては手を引っ込めてと何度か躊躇うが、思い切ってそっと彼の肌に指先で触れ、そのままそっと指先でなぞる。

「・・・っふ」

くすぐったかったのか鼻にかかった声が聞こえ、思わず指先を離してしまう。
慌てて彼の事を見るが、規則正しく動く胸を見て安心し、指先でそっと唇をなぞる。
同時に今度は思い切って手のひら全体でそっと触れてみる
思っていたよりひんやりしているのは彼の肌が冷たいからなのか、俺の手が熱いのか・・・。
想像よりも滑らかな肌を撫でながらそっと彼の顔を見る。

そのまま手を滑らせ滑らかな肌の感触にゾクゾクし、尾てい骨の辺りがゾワゾワとしてくる。

「まずいな・・・」

さっき風呂場で抜いたばかりなのに彼に触れているからか、腰のあたりに急激に熱が集まってきたのが分かる。
手を離さなくてはと思うが、思うのだが、どうしても彼に触れているこの手を離しがたい・・・。
そう思うと同時に誤魔化しようが無いくらい急激に高ぶってきたのが分かる。
アンダーの下に少しだけ手を差し入れそのまま横にずらす。
差し込んだ俺の手の形に変わったアンダーが何とも言えずいやらしく見える。
唇に置いていた指を親指に変え、俺と違って柔らかな唇をゆっくりとなぞる。

自分の息がどんどん荒くなっているのが分かる。
彼に触れている手を離して、また風呂場で済ませてしまえばいいのはわかっている・・・わかっているけど・・・。

自分の両手を見て少しだけ悩み、アンダーに差し込んだ手をもう一度滑らせるとそっと引き抜く。
彼の熱が残っている手で慌てて毟り取る様に腰のバスタオルをほどき、すっかりと形を変えたそれを握り締める。

二回目とは思えない位の固さを持ったそれに、彼の熱を塗りこめるようにゆっくりとゆっくりと手を動かす。
すでに先走りでヌルヌルになっていて、少し動かすだけでぐちゅぐちゅと卑猥な音が聞こえる。
片手をゆっくりと動かしながらもう片手で彼の唇をそっとなぞる・・・。
規則正しい寝息を立て緩やかに上下する彼の胸にに目がいく。
・・・もしもアンダー越しに噛みついたら、捲りあげ愛撫したなら目を覚ました彼はどんな反応をするんだろうか?
彼に嫌われるのが怖くて、距離を取ってしまっているような俺がそんな事が出来るはずはないのに・・・。
それでもそんな事を考えると、自然と手の動きが早くなっていくのが自分でもわかるが、その動きを止められない。

穏やかな寝息を立て寝ている彼とは対照的に、俺は息が短くとぎれとぎれになる、胸が激しく上下する。
ただ擦っているだけなのに、彼に触れていると言うだけでとてつもなく興奮する。
親指に思わず力が入る押し返すような弾力のある唇に、そこからチラリと見えた歯に、ごくりと息を飲みこむ。
手の動きが追い立てるように早くなる。

「っつ!!・・・・・・イルカ・・・!!」

目を瞑りさっきのように思わず名前を呼びながらイッてしまう。
肩で大きく息をしながら目を開け自分の想像以上にでた、手のひらから溢れんばかりに出された白濁したソレに眉根を寄せる。
この汚れた手をどうするか迷ったが、足元に纏わりついていたバスタオルで拭き、さっきの汚れた支給服と洗ってしまえばいいかと思い手を伸ばしたその時・・・。

「はい?」

と小さな声が聞こえたと同時に彼の唇に置いていた指が微かに動いた。
恐る恐る視線をあげるとと黒々とした瞳が俺の事をじっと見ている。

「はい、何ですか?カカシさん」
 
俺の親指を唇の上に置いたたまま、今度ははっきりとした声で彼は俺の名を呼んだ・・・。


<< 番外編 はたけカカシの場合 ~追駆~ | ホーム | >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。