プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

パーソナルスペース

現代パラレル教師な二人のシリーズです。
大和先生お誕生日と言う事で大和先生視点の話です
記載遅くなりましたがこちらのシリーズ以前リクいただいた『ガチで大和先生がイルカ先生を狙っている話』も兼ねさせていただいてます。
こちら一旦UPしましたが後で修正入ると思います。

良ければ追記よりお読みください・・・



パーソナルスペース

「それじゃあまた」

そう言い自分とは逆の電車に乗る為、違うホームへ向かう彼を見送る。
見送る僕の視線に気づいたのか彼はくるりと振り向いた。
彼を見ていた僕に気づくと、鼻の上を横切るキズを軽く掻き、軽く手を振ると今度はそのまま振り返ることは無く走っていってしまった。

なんで彼なんだろう?
何で僕は彼の事が気になるんだろう?
彼が先輩と親しくなったから?
いやそれは違う。
僕はそれより前から、下手したら同じ時期にこの学園に赴任してきたときから彼の事が気になっていた。

僕と先輩とどこが違うんだろう?
そしてなぜ彼は僕ではなく先輩を選んだんだろう?
ただ単に僕よりも先に先輩の方が好意を露わにして近づいたと言うだけならば…僕にもまだチャンスがあるのかもしれない。


彼と先輩の関係にちょっした変化があったのはつい最近の事だろう。

少なくとも新学期初めの新任の歓迎会では二人の間に変わった様子は見られなかった。
あの時僕は何時もの様に甲斐甲斐しく同僚の世話を焼く彼の姿を見ながら先輩の隣で飲んでいた。
先輩は昔から良くも悪くも目立つ存在だった。
だけど本人はそんな事は気にせずマイペースに過ごしている。
彼に興味があって近づいてきた人もいつの間にか煙に巻いて遠ざけられている。

そんな事もあり先輩といれば面倒くさい周囲のやり取りとも避けられるしついつい傍で飲んでしまう。
静かにグラスを傾ける先輩は、顔の半分近くを隠している癖に妙にモテて、その癖特定の相手を作ろうともしない。
お蔭で近いと思われている僕は飲み会の時に先輩について色々と聞かれ、それが面倒で先輩のそばに逃げと、堂々巡りを繰り返している。
そんな時にふと先輩の気配が揺らいだ。

「大和先生も畑先生も飲んでますか?」

笑いながら瓶を片手にお酌をしに来た彼に対して先輩の気配が更にふっと和らぐ。
それは物凄く珍しい事だった。
先輩の…いわゆるパーソナルスペースは物凄く広い。
余り親しくない人には、かなりの距離を持って接している。
だけど僕たちのように仲が良いと思われている人達にもある程度の距離までしか近寄らせないようにしている。
それが海野先生に対しては緩んでいる。
先輩にしては珍しいなと思うくらいで、まさか先輩も彼を狙っているなんて思いもしなかった

それとは逆に海野先生のパーソナルスペースは驚くほどに狭い。
先輩の親しい人用のパーソナルスペースなんかよりもよっぽど狭く、誰でも受けいれる感じだ。
でも本当に一番近くまでは傍に寄らせない感じがする。

あの飲み会の時には先輩と僕に対する態度に対して差は無く、むしろ僕の方が同期な分、彼の態度は近しいくらいだった。
あの後一体何があったんだろう?
でも二人の間に何かがあった事は確かで、急激に二人の距離は縮まってきている。

今、海野先生の一番近くにいるのはきっと先輩だ。
それは十分に分かっている。
でもそんな先輩だって海野先生の一番近くには寄れていない…とそう言う風に見える。
それは・・・先輩の気持ちに海野先生の気持ちが追いついていないからなのか、体を繋いでいないからなのか、そこまでは僕にはわからない…。

あの二人の間には、僕と彼との間に流れているよりも近しい空気が流れているが、一線を越えた人同士独特の甘ったるいような空気は流れていない。

少なくとも今の僕は海野先生に何となく警戒される位まで近寄れていると思う。
彼を誘うには…すっかり僕を警戒し、彼のそばに近寄らせないようにしている先輩の目を掻い潜らなくてはいけない。
でも幾ら先輩が頑張っても幾らでも誘うチャンスは…彼につけ入る隙はある。
この広い学園はなかなか会おうと思っても偶然会う事は出来ないが、逆を言えばその分先輩の目も届きづらい事になる。
そうして僕は彼と同期だと言う利点もある。
二人で会うのを警戒されるのなら同じ同期の奴らを巻き込めばいい。
そうやって集まってしまえば後はきっと何とかなる。
警戒するって言うのは裏を返せば僕の事を意識していると言う事でもあるんだし。

そんな彼の僕への警戒をゆっくり解くのも良いかもしれないし強引に事を進めるのも…時と場合によっては…アリなのかもしれない

もし強引であったとしても、体を繋ぐことで彼のそばに近寄れるなら…。

きっと彼は何か強引に事を薦めたとしても、その事によって最終的に彼に一番近いパーソナルスペースの中に入ってしまえばきっと何もかも受け入れてしまうだろう…。

ねえ先輩?あなたには確かに色々とお世話になっています。
まあその分迷惑もかけられていますが…。
でも僕もいつまでも先輩に遠慮して、一歩後ろを歩いて行かなくても良いと思うんです?
最近の僕の行動が今までと変わってきた事に対して先輩は物凄く焦ってますよね?
今まで見た事のない先輩を見れてびっくりすると同時に、先輩にとっても彼がそれだけ大事な人なんだろうなとも思います。

でも悪いんですが僕も手を引く気はありません。
それに、こういった事に先輩後輩は関係ないと思いますよ?
先輩が全力で邪魔してくるなら、僕も全力で隙をついて行こうと思います。

僕にだってどうしても譲れないものが、人が出来たんです。
それが先輩と同じになるなんて思いもしませんでしたけどね…。
いつまでも強く言えば大人しく引くと思っていたら。
いつまでも物わかりのいい後輩だと思っていたら間違いですよ?

ねえ先輩、油断大敵ですからね?

<< 夏コミ新刊案内 | ホーム | The turning point of a friend and others  中編 >>


 BLOG TOP