プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋高し

現代パラレル『高校生カカシと教師イルカ』シリーズの二人です(元高校生ですね)
相変わらず二人とも仲が良いようですが、時折邪魔も入るみたいです…。
さて、今回の二人はどうなんでしょうか??
(イルカ先生は自分の中ではいまだに『畑』と呼んでます)
カカシ君視点も書ければ良いなあ・・・。
久しぶりの二人ですが良ければ追記よりお読みください…。


秋高し

通い慣れていた筈なのに、今はどこかよそよそしい門をくぐり研究室へと向かう。
閑散とした、どこか夏休み独特の空気の漂う校舎の中を通り抜け、目的の部屋にたどり着く。
軽くノックして少し待つと『開いてるよ、どうぞ~』と声がかかった。

「失礼します、海野です。お邪魔します」

一礼しながら中に入ると、お子さんとお揃いのその人のまばゆいばかりの金髪が目に飛び込んできた。
屈託なく笑って俺を迎え入れるその人は、その人当りの良さを武器にして気付かないうちに色々とごり押ししてくる。
その事を俺と畑は、特に身に染みて知っている。

「久しぶりだね?カカシ君なら今お使いに出てもうすぐ帰るはずなんだ。少し座って待っていて貰えるかな?」
「カカシからはさっきメールが来ました。波風教授、余りこき使わないで下さいね。俺だって担任持っているから意外と休みが少ないんですよ?」
「まあまあ、良いじゃないの。カカシ君が来客用の駐車場使えるか聞いて来たけど、車で来たの?」
「はい、お言葉に甘えて駐車場使わせてもらってます。そうじゃなくて、波風教授!話を逸らさないで下さい?」
「あ、バレた。だってさ、夏で学生たちも結構帰省しちゃっているでしょ?バイト入れてる子たちも多いしそんな中お願いすると色々と面倒だったりするんだよね」
「…それGWにも同じ事言って、俺とカカシに手伝わせてましたよね?」
「まあまあ。そう言えばさ、来月って何があるか知ってる?」
「…カカシの誕生日の事ですか?勿論知ってますよ」
「じゃあさ、サクモさんがいなかった去年はどうしているか知ってる?」

フフッと一見人が良さそうな笑みを浮かべながら波風教授は俺に言ってきた。

「去年はね、僕の家でクシナが料理作って、ナルトに家庭教師してもらった後でお祝いしたんだ。クシナの奴今年も張り切ってるけど…。ねえ?海野君はどう思う?」
「…わかりましたよ。でも本当に余りこき使わないで下さいよ」

人のよさそうな笑みに向かって軽くため息を吐きながら答える。

「程々に…ね。でも最近海野君も、仕事に少し余裕が出てきたみたいで良かったよ」
「カカシに聞いたんですか?」
「ううん、違うよ。カカシ君の態度がさ、段々と落ち着いてきたから」
「そうですか、あ…」

何となく照れくさくなって視線を外に泳がせると、反対側の校舎の廊下を見慣れた銀髪が少し早足で歩いているのが見えた。
俺の言葉に釣られ振り向いた波風教授もその姿をとらえたのか、振り返るとそのまま立ち上がって窓の方に向かった。

その場に取り残されどうしようかと躊躇っていると、彼は軽く振り向き俺の事を手招きした。
少しほっとして小走りに窓に向かう。
肩を並べてさっき畑がいた辺りを見ると…。

「あー、またか。相変わらずあの子はモテるね」

俺と波風教授の視線の先には…畑と俯いている女の子の姿があった。
少し面白がるような、でも妙に感心するような波風教授の言葉の端々に、こう言った事が割と頻繁にあるんだろうなというニュアンスを漂わせていた。
相変わらずモテるなと思うと同時に心のどこかがズキリとするが、そんな事はおくびにも出さず何事もない風を装って波風教授に答える。

「カカシがモテるのは今更ですよ。高校でも凄かったようですしね」
「妬かないの?」
「俺が妬いたとしても、カカシがモテなくなるわけじゃないですよ」
「今の子もどう見ても告白してるっぽいし、結構可愛いな…なんて心配にはならない?」
「波風教授、どこか楽しんでませんか?」

軽く横を向いてそう聞くと、彼は人のよさそうな笑みを浮かべたまま『バレた?』と答えてきた。

「まあ…あいつと俺の間には色々あります。カカシが俺に対して言ってる言葉を信じるしか。それしかないですよ」
「そうだね、あの子は見ている方が呆れる位に君を好きだしね。それは横で見てきた僕の方良く知っているしね」

軽くからかう様な波風教授の思いもかけない言葉に、思わず顔が赤くなっていくのが分かり、思わず顔を伏せる。

「あ、カカシ君ってば…。ほら見てごらんよ?」

波風教授はそう言うと俺の肩を引き寄せて窓の外を指差す。
その言葉に慌てて顔をあげると、畑は丁度、手を伸ばしてきた女子を避けるように一歩後ろに下がった所だった。
更に追いすがるような女子に対して畑は無表情のままで更に避けている…。

「一見可愛そうな気もするけどさ、下手に期待させないためには良い手だと思うよ?あ…」

ひょいひょいと逃げる畑を何度か泣きそうな顔で追いかけていたその子はピタリと立ち止まった。
それと同時に畑も立ち止まる。
彼に向かって怒鳴るように何か言、畑がその子に向かって何か言葉を返すと、彼女が物凄い勢いで走り去っていくのが見えた。
ガシガシと後頭部を掻きながらその子が走り去るのを眺めていた畑は、ふと顔をあげると反対側にいる俺と波風教授に気付いた。
それまでの無表情から一変して、畑は物凄く嬉しそうな顔をして俺達の方を見た。
そんな彼にヒラヒラと波風教授は手を振り、俺も手を振ろうと手をあげかけた途端…。
畑は物凄い険しい表情になると、さっと身をひるがえして走り出した!!

「何だアイツ?急に走り出して…」

思わずそう呟くと波風教授が愉快そうに言葉を続けた。。

「分からない?」
「はい、何であんな顔したんだろう?俺、何か怒らせるようなことした記憶ないんですが…」
「まあ、理由は何となくわかるけどね?待っててごらん、多分ありえないスピードで戻ってくるよっと…!!」

波風教授がその言葉を言い終わらないうちに、研究室のドアが物凄い勢いで開き畑が飛び込んできた!!
振り向いて畑の姿が目に飛び込んできて、久しぶりに会えた事に一瞬笑みが浮かんだが、物凄い勢いで走って来たのか、肩で大きく息をしている彼を見て慌てて顔を引き締める。

「カカシ、どうしたんだ?」

軽く振り向いたままそう問いかける俺の言葉には返事をせず、彼はつかつかと窓際の俺達の所まで歩み寄ってきた。
眉根を寄せ、まだ荒い息のまま波風教授に向かって話しかける。

「ミナトさん、手!!センセから早く離して!!」
「は、カカシ。お前何言ってんだ?」

畑は何を慌ててるのか、俺の呼び方が昔のように『センセ』になっている。
俺の言葉には返事をせずに俺の方に手を伸ばし、俺の肩に置かれたままだった波風教授の手を抓みあげる。
イテテテと言いながら波風教授は腕を元に戻し、二人で畑の方に体を向けるが、彼はまだ険しい表情のままだ。

「ちょっとカカシ君痛いなあ。別に変な事してる訳じゃないし良いじゃない?」
「『変な事してないから良いじゃない』じゃなくて俺が嫌なんです!センセも…何ミナトさんに肩抱かれて、嬉しそうにしてるんですか?」
「は?何言ってるんだよ。俺は嬉しそうになんかしてないって!!」
「してました!!入ってきたときに嬉しそうな顔してました!!大体センセは隙がありすぎるんです。俺がいつも言ってるじゃないですか」
「だから、俺に対してそんな事言うのはお前位だって。いつも言ってるだろうが!!」
「ちょっと二人とも~。仲良いのはわかってるから、ここで痴話げんかは止めて」

のんびりとした波風教授の声に畑が噛みつくように答える。

「誰が原因だと思ってるんですか?絶対ワザとやってたでしょう!!クシナさんに言いますからね…」
「やだなあ、クシナには言うのは勘弁してよ?だってさ、カカシ君が慌てるのなんてめったに見れるもんじゃないしさ。そう言えばあの子はどうしたの、どうせ又告白されてたんでしょ?」
「断るに決まってるでしょうが。面白がっても冷やかそうとしても無駄です。はい、これでお使いも終わったから俺は帰りますね」
「えー、カカシ君ってば。もう少し手伝ってよ?久しぶりに海野君にも会えたんだしさ」
「…ミナトさん、クシナさんに本当に言いますよ。良いんですか?」

そう言うと畑は手を伸ばして俺の手を取るとぐいっと自分の方に引き寄せた。
俺は、勢い余って彼にぶつかりもたれ掛ってしまうが、畑はそんな事にはお構いなしで波風教授と話し続けてる。
どれだけ慌ててきたのか肩にもたれ掛っていると、彼のまだ呼吸が乱れているのがわかる。

「とにかく今日は元々予定が入ってるのに『どうして人手が足りないんだ。でもすぐに終わるし、その代りカカシ君の誕生日は絶対に手伝わせないから』って約束で来たんですよ?!何処がすぐに終わるですか!!」
「あはは、そうだったっけ?」
「そうだっけじゃないですよ!」

文句を言い続ける畑に対し波風教授は飄々と躱している。
これじゃあ堂々巡りだと思い、俺は手を伸ばして畑の肩を指先でトントンと軽く叩く。

「カカシ、もういいだろう?早くいかないとさ、更に時間が無くなるぞ?」
「でもセンセ…」
「ほら~、海野君が良いって言ってるんだからいいんじゃないの?」
「「貴方が言わないで下さい!!」」

波風教授に二人して同時にツッコミを入れてしまい、思わず笑い出す。
畑から少し離れ、手を解くと波風教授に話しかける。

「用事も済んだみたいですし、今日はこれで失礼します。便利だからとか言わないで、カカシの事を余りこき使わないで下さいね?」
「じゃあ今度は海野君も手伝ってよ?」
「時と場合によりますよ?俺だって忙しいんですからね」
「センセ、俺は用意できたから。ミナトさん、良いですか?後少しなんですから残りは自分でやってくださいね!!じゃあ失礼します」
「はいはい、まあここまでやって貰えれば十分か…」

畑は先に部屋を出て、続いて部屋を出ようとしたが、ふと思い出して振り返る。

「あ、そうだ。ナルト君とクシナさんにも宜しく伝えてくださいね」
「うん、伝えておくね。じゃあ海野君又ね」
「はい、失礼します」
「センセ、何やってるの?行くよ!」

少し先にいた畑は少し苛立った口調でそう言うと戻ってきて俺の手を取り連れて行こうとするから、慌てて一礼して退出する。
少し強めに握られた手がいたくて思わず声を掛ける。

「おい、ちょっと痛いって。しかもまだ学校内だぞ?」

ぐいぐいと俺の手を引いて歩いていた畑は俺の言葉を聞くとくるりと振り返り、すぐそばの階段脇の小さなスペースに俺の事を連れ込んだ。

「…センセは俺と一緒にいるのを、見られるのが嫌なの?!」
「そうじゃないって」
「さっきもさ、ミナトさんと仲良さそうにしてたよね?何してたの?!」
「何って…」
「何?言えない事?!」

伸し掛かるような勢いで聞いてくる。
俺は、普段飄々としていて人に対して無関心なこいつが、こんなに焼きもち焼きだとは思っても見なかった。
スッと手を伸ばすと、不思議そうな顔をした彼のおでこに思いきりデコピンをした。

「痛った…!センセってば何すんのさ」
「お前は少し落ち着け!!」
「落ち着いてって、無理に決まってるでしょ?センセとミナトさんは肩組んでるし。慌てて研究室に戻ったらセンセは嬉しそうな顔してるし…」
「いいから落ち着けって!!お前呼び方が『センセ』に戻ってるぞ!!それにな、俺が嬉しそうにしたのは…お前に久し振りに会えたからだよ!!」
「え…?あ…そう…なの?」

言うつもりは無かったことを言ってしまい俺は思わず赤くなる。
フッと憑き物が落ちたように真顔に戻った畑に続けて問いかける。

「第一な?お前だって廊下で女の子に告白されてただろ?それはどうなんだよ?」
「あれ、すぐに断ったけど?付き合ってる人がいるって言ってもしつこくて困ったくらいだし」
「…俺がそれを見て何か思うとは思ってなかったのか?」
「え…ひょっとして…イルカさんってば…もしかしてあれ見て妬いたとか?本当に?」

少し落ち着いたのか、畑は俺の事を『イルカさん』と呼びだした。
そしておれの言葉を聞いたとたん、ぱあっと嬉しそうな顔になるとそのまま俺に抱き着いてきた。

「おま…ちょっとここ…学校!!」
「人気は無いから大丈夫!!」
「そういう問題じゃないだろう?!」
「イルカさんってば…焼きもちやいてくれてたんだ?可愛い!大好き!!」
「だから!少しは場所を考えろって」
「無理!!」

腕に力を込めて押し返そうとするが、逆に腕に力を込められてしまう。
こうなったら梃でも動かないのはわかっているから仕方ないと諦めて、彼の背中を軽く撫でながら少しの間だけ彼の好きにさせる。
ひとしきり顔を摺り寄せてきた後、ようやく少し落ち着いたのか、ふうっと大きく息を吐き腕の力が緩んだ。
少し落ち着いたのが分かったからゆっくりと体を押すと、今度は大人しく少し離れてくれたが彼の手は俺の腰に回されたままだ。
顔を覗き込みながら話しかける。

「…カカシお前なあ。学校の中なんだし、少しくらい我慢しろよ?」
「若いんで無理です!!イルカさんに手を出すのは我慢してるんで、これ位は勘弁してください!!」
「…これ位って。八年待ったんだから後一年我慢しろよ?」
「イルカさんが傍にいない八年と、傍にいる一年じゃ偉い差があります!!」
「何だよそれ…」

花も綻ぶ様な笑顔で言うセリフじゃないだろう…と思わず力が抜けてしまう。
さっきの彼女が畑のこんな笑顔見たら何があっても追いかけまわすんだろうな何て思ってしまう。

「そう言えばカカシは相変わらず無表情って言うか…愛想が無いんだな」
「だって愛想ふりまいても仕方ないでしょ?学校には勉強しに来てるんだし、余計な事を増やしたくないし」

こいつにとっては告白されることは余計な事なのかと思いつつ少し安心する。

「まあ確かにそうなんだけどさ…。余計な事って…」
「余計な心配しなくても、俺はイルカさん一筋ですよ。安心してね?」

耳元でそう囁くとついでとばかりに、耳の先に軽くキスして顔を離す。

「だから!!場所を…」
「だってイルカさんの部屋だと、もっと色々したくなっちゃうでしょ?しても良いの?」
「うーっ…。まだ駄目だ…」
「でしょ?」

フフッと笑いながらようやく俺の腰に緩くまわしていた手を解いて俺の手を取る。

「じゃあ行こうか?ところでイルカさん、車でどの辺りにとめたの?」
「あ、来客用の…ってお前、手!!」
「ここからすぐだから良いでしょ?って言うか繋ぎたいから繋ぎます」

困ったなあと思いつつ、久々に会えて触れ合える事が俺も嬉しかったりする。
でもそれを顔に出すと調子に乗るから、少し機嫌が悪そうな振りをして歩き出す。

「…人が来たらすぐ離せよ?」
「了~解。ねえ、イルカさん。今日イルカさんの部屋に行っても良い?」
「…変な事しないか?」
「うーん、我慢します。本読んでいる時に、膝枕位なら良いでしょ?」
「…それ位なら。でも日付が変わる前には送っていくからな?」
「ちぇっ、もう少しゆっくりさせてよ。久しぶりに会うんだよ」
「俺と付き合ってるせいで、私生活にも支障きたしたらサクモさんに申し訳ないだろ」
「じゃあさ、少しだけ遠回りしてドライブしながら帰るのは?」
「まあ、それ位なら…」
「やった!イルカさん大好き!!」
「知ってるから何回も言うな!ほら、時間もないんだし早く行くぞ?」

『ドライブするなら郊外の大きな本屋にもいきたいな~』何て勝手な事を言っている畑に『余り遠くは駄目だからな?』と釘を刺す。
何だかんだ言っても結局俺は惚れた弱みか、こいつには甘いんだよなあ…なんて考えると思わず顔がニヤケそうになる。
靴を履きかえて外に出ると、畑が空を見上げ呟いた。

「ねえ、イルカさん見てよ。いつの間にか空があんなに高くなってるよ?」
「本当だな?季節が過ぎるのは早いもんだなあ…」
「一年なんてさ、あっという間だね?」
「そうだな、一年なんて早いもんだな…」

去年の今頃は纏わりついてくる銀髪の生徒がうっとおしくて仕方が無かった。
去年の俺に来年の今頃は、そのうっとおしい生徒が大事な人になっているんだぞ?何て言ってもきっと信じないだろう。
そんな事を思いながら傍らを歩いている銀髪をそっと見つめる。
俺の視線に気づいたのか、畑は少しだけ目を細めて笑って見せる。
思わず緩んできそうな顔を眉根を寄せて必死に誤魔化しながら、いつの間にか少し高くなった空の下を駐車場に向かい二人並んで歩いて行った。




秋高し…秋になると、大気が澄むので空が高くなったような感じがすること

<< 拍手文新しくしました | ホーム | 宿泊40日目 5月26日 ~Happy Birthday~ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。