プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりっきりでいたかった

ツイッターの中の診断アプリ?のようなもので、他の方が出したお題『ふたりっきりでいたかった』をお借りしました。
何度も書かれているであろう定番すぎる短い話です。
良ければ追記よりお読みください…。 ふたりっきりでいたかった


「ねえ、イルカ先生。そんなに怒らないで下さいよ?」
「怒っていませんよ!!なんで俺がカカシさんの事を、怒らなくちゃいけないんですか?」
「ほら、イルカ先生ってば、怒っているじゃないですか?」
「だから…」

賑やかな居酒屋の人けの無い片隅で片目を隠し口布で顔半分を覆った銀髪の忍と、髪を高く結い鼻を横ぎる傷がある忍が言い争いをしている。

「折角誘っていただいたのに申し訳ないのですが、上忍の皆さんの中に1人中忍の俺がいると場を盛り下げそうなんで、今日は失礼します」

そう言うとイルカは自分の前を塞ぐカカシの脇をすり抜けようとした。

『良ければ飲みに行きませんか?イルカ先生ともゆっくりお話したいんです』
唯一見えている目の淵を赤く染め、頭をガシガシ掻きながらそんな風に誘われたのは今日の昼の事だった。
『あの…俺で良ければ喜んで!!あ、でも今日は残業があるかも』
『じゃあ、俺が先に行って席を取って置きます。イルカ先生は後からいらして下さい?』
目を細めてそう言われ、イルカは思わず夢じゃないか?と何度も太ももの辺りを抓っていた。

前から憧れ、同性とはいえ、好意めいたものを抱いていたカカシに誘われ、イルカは午後の仕事が手に付かない位の浮かれっぷりだった。
出来るだけ早く仕事を終わらせ、約束の居酒屋に向い、カカシの名を告げ、奥の個室の戸を開けると…。
…そこにいたのは飲みはじめて上機嫌な上忍達とくノ一に囲まれていたカカシだった。
とっさに『すいません、間違えました!!』と一礼し戸を閉め、店を出ようとしたイルカの事をカカシが捕まえ、現在に至っている。

(なんだよ、カカシさんと2人きりだと思って…喜んでいた俺がバカみたいじゃないか!!)

油断すると、ツンときそうな鼻を誤魔化すかのようにワザと大きく啜り、グッと顔を上げて目の前のカカシの顔を見つめる。

「皆さんの事をお待たせしたら申し訳ないですよ?俺の事は気にしないで行って下さい」

なけなしのプライドで、にっこり笑ってそう言ってみせる。
無理やりカカシの脇をすり抜けようとすると、彼に腕を取られ、更に端に追い詰められた。

「ねえ、イルカ先生?俺の話を聞いて下さい」
「どんな話ですか?上忍の集まりに中忍の俺を呼んで、話のネタにでもしようとしていたんですか?!」
「誰もそんな事考えていませんよ!店に入った所を見られていたらしくて、無理やり押しかけられたんですよ!!」

語気を荒げたカカシの言葉に、思わずビクリとする。

「そうだとしても…俺は今日は帰ります。又機会があれば誘ってください」

イルカはカカシから視線を逸らすと、呟く様にそう言った。

「…又はないですよ」

冷たくも聞こえるカカシの言葉に、イルカは思わず顔を上げた。
カカシは目を細めて微笑みながら、ぐっと顔を近づけてきた。

「又じゃなくて、今です。ねぇイルカ先生、これから何処か違う場所に行きましょうよ!」
「でも、他の人達は?」
「あいつらが無理やり来たんです。放っておきましょう!」
「でも……」
「ねえ、イルカ先生?」

そう言うとカカシは更にイルカに顔を近づける。

「ねえ、多分…今、イルカ先生は俺と同じ気持ちだと思うんだ。あのね、俺は貴方とね…」

カカシはすっとイルカの耳元に口を寄せるとささやいた。

「ふたりっきりでいたかった」



<< 真夜中の訪問者 | ホーム | WEB拍手『花火その6』更新しました >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。