プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

鬼ごっこ

*ヤンデレぽい感じのカカシさんです。
ラブラブなど話ではありませんのでご注意ください。

ここ何日かで何回か見直す位の物凄い数の拍手を戴いています。
最初の方に書いた話からまんべんなくいただいてまして、五体投地でお礼を申し上げたいくらいです。
何名か拍手をくださった方がいらっしゃるかと思うのですが本当に有難うございます。
最近UPした話の幾つかに『続きは書かれないんですか?』と有り難いコメントを頂いてます。
基本ネタの神様に話の続きは委ねているんで、良ければ気長にお待ちいただければと思います。

今回は何時もと違う感じの話になりますが、良ければ追記よりお読みください・・・。


鬼ごっこ

任務を終え、受付に報告書を提出にむかう。
居るであろうと俺が予想していた姿はそこには無く、その事を残念に思うと同時に、何処かゾクりとした思いが胸の奥から込み上げる。
この後の事を考えると、自然と口の端が持ち上がりそうになるのを何とか抑え、報告書のやり取りを済ます。
受付を出ると辺りを見渡し、窓から飛び出し近くの木に飛び移り、印を結んで彼の気配を探る。
アカデミーの一室にその気配を感じたが、じっととどまったまま動かない所を見ると、恐らく事務処理的な仕事をしているんだろう。
焦ることはない、まだ追いかけなくても大丈夫…。
そのまま木にもたれ掛り、 目を瞑ると目当ての人物が来るまでじっと待つ事にした。

ふと気配の乱れを感じ目を覚ますと、目当ての人物の気配がこちらの方向かって駆けてくる。
辺りに目をやり、彼が通りかかり、尚且つ自分の目的に適った場所を見つけると、窓から中に入りそこへ向かった。
足音と気配はどんどん近づいてくる、前を通りかかった瞬間に手首を掴み、自分の方へと引き寄せた。

いきなり腕を掴まれ引き寄せられ、勢い余って俺の胸にぶつかった彼は、何が何だかわからないと言った顔をしている。

「イルカセンセ~。捕まえた~」
「あ、え、は…はたけ上忍。…お疲れ様です。何してるんですか?その、捕まえたって…何をですか」
「ん~イルカセンセの事に決まってるじゃない?」

礼儀正しい彼は階級の差を気にしてか、いつも俺に付きまとわれても笑顔で誤魔化して逃げようとしている。
俺はそんな彼の笑顔の下の顔が見てみたくて、面白半分に彼に付きまとっている。
人目につかないようなところに連れ込んでは、嫌がらせのようなちょっかいをかけまくっている。

今も彼は笑顔を浮かべながら、今度は何をされるのかとどこかおびえた表情で、俺の事をじっと見ている。

「はたけ上忍。すいませんが、手を離していただけませんか」
「ん、だって俺が捕まえたんだもん。センセは俺のものでしょ。それとも今度はセンセが俺の事を追いかけてくれるの?」
「はたけ上忍、毎回おふざけが過ぎますよ?すいませんが、先を急ぐんで失礼します」

そう言いながら、捕まえたままの彼の手を自分の頬に引き寄せながら、空いた手で素早く口布を降ろす。
何をされるのかと、俺の手から必死に自分の手を引き抜こうしてるけど、ビクともしない。
上忍の力を舐めちゃいけないよ?

俺の頬に添えた彼の手の位置を少し動かし、親指を口元に持ってくる。
ひきつった笑顔で俺の事を見ている彼ににやりと笑いかけると、親指に向かって舌を伸ばし、軽く舐めあげる。

「ヒッ!!」

短い悲鳴を上げながらもう片方の手で、少しでも距離をとろうと俺の肩を押してくる。
こんな時でも上下関係を気にしてか、遠慮がちに振る舞っている。
俺が彼の指を舐める様子を、泣き笑いのような顔で見ている彼を見ていると何だかイラついてきた。
そのまま口を開け、親指の付け根の辺りまで含んでしまう。

「ちょ…何を…」

センセは信じられないと言った顔で首を振りながら、それでもまだどこか貼りつけたような笑顔を浮かべている。
そんな彼の顔を、無性に歪ませてみたくなり、指にカリリと歯を立てた。

大きく息をのみ、目を見開いた彼の顔を見てゾクゾクしてしまう。
興奮して、思わず彼の手をつかんでした手の力を緩めてしまったその瞬間!!

「いい加減にしろ!」

彼はそう怒鳴り、俺の頬を抑えていた手を勢い良く払った。
それと同時にピリッとした痛みが、一瞬俺の頬を走る。
彼は、俺に触れていた手をかばう様にもう一つの手でしっかりと抱きかかえている。
その親指には…俺が付けた歯型がうっすらと痕を残し、その指先は俺の唾液で光っていた。

「なによ、これからが良い所なのに」
「良い所って!あんた…な…な…何を考えてるんだよ!」

目の縁を赤く染めあげ、息を荒くし、眉根を寄せて俺を見つめている。
まるで閨の中の乱れたようなその表情を見て、思わず下半身にぞくりと粟立つ様な感覚が走り、ゾクゾクする。

「何って?イルカセンセの事ばかり考えてますよ?」
「ふざけんな!毎回毎回…俺の事をからかって、一体何が楽しいんだよ!!」

いいねぇ、そのヒステリックな罵倒、その表情。
…やっと笑顔の下の本当のアンタの顔が見れた。
皆が知らないであろう顔を、俺だけが知っている。
妙な独占欲が満たされていくのと同時に、何かに絡め取られたような感覚に包まれていく。

ヤバいねえ、からかっているだけのつもりだったのに。
その顔を見せてくれたアンタに俺は捕まっちゃったよ。

目を細め無言のまま、じっと見つめていると、彼はキレたように叫び出した。

「もういい加減にしてくれ!アンタ位の忍なら、ふざける相手は幾らでもいるだろう?お願いだから…頼むから…もう俺には関わらないでくれ!!」

口早にそう言うと、俺の事を突き飛ばす様に押しのけ、走り去って行った。

走り去る彼を見送りながら、ふと頬にチクチクとした痛みを感じ、指先で頬をなぞり痛みの元を辿る。
指先でなぞると、少しざらつく様な感じがして、軽く痛みを感じる。
どうやら先程手を振り払った際に、彼の爪で引っかかれたらしい。
何気なく傷口を撫でていた指先を見ると…そこは紅に染まっていた。

彼が流した俺の血…。
指先を舐めると金臭い味が口の中に広がる。
どうせなら彼に舐めて貰えばよかった。
泣きわめき嫌がりながら必死に拒否するだろう。
そんな彼を時には脅し、時には宥め賺しながら、俺の指先に付いた血を舐めとらせる事を想像しただけで、下半身が反応してしまう。

「やだなぁ。…想像しただけで勃っちゃったよ。花街でも行こうかなあ…」

後頭部をガシガシと掻きながら、自分の下半身を見下ろす。
でも花街に行くより、さっきの彼の様々な表情を思い出して一人でする方が、よっぽど気持ちがいいだろう。

指についた血を全部舐めとると口布を引き上げ窓の外を眺めボンヤリと考える。

センセには申し訳ないけど、本気になった俺はかなりしつこいからさ。
逃げて、逃げて、逃げまくって、疲れて、逃げる気力が無くなるまでセンセの事を追いかけてあげるよ。
だからさ、センセも出来るだけ頑張って逃げてよ。

俺はじわりじわりと罠を張って、追いつめて、俺の元から逃げられないようにしてあげるよ…。

「さてと、この先どうやって遊んで貰おうかね」

ニヤリと笑いながら窓の外を見ると、物凄い勢いで、走り去っていく彼の姿があった。

そうそうその調子、頑張って逃げてよ。
鬼ごっこは、すぐ捕まえても面白くないからね。

でもさあ、センセ?
アンタの事を追いかける俺と
俺の事を捕えたアンタと

一体どっちが鬼なんだろうねえ…。


<< お知らせ | ホーム | 真夜中の訪問者 >>


 BLOG TOP