プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編「はたけカカシと不知火ゲンマの場合」~酒宴~

こちらは現代パラレル「リゾートホテル木の葉へようこそ」番外編~はたけカカシと不知火ゲンマの場合~酒宴~になります。
時事列としましては序章ゲンマ編 →ハヤテ編 →今回の話の順にになります。
今回は珍しくカカシ視点とゲンマ視点の話になっています。
基本は二人が会話しながらだらだら呑んでいる感じです。

では今回は番外編でも良いから読んでおこうかなと言う方は追記からお願いいたします・・・。



はたけカカシと不知火ゲンマの場合~酒宴~

SideK

「カカッさん今日呑みませんか?」
そう言って隣の部屋のゲンマが俺の部屋に顔を出した。

『これ手土産っす。』といって手には珍しいそうな日本酒のビンとデパ地下の包みが。
取りあえず遠慮なくいただく事にした。
酒は初めて聞く蔵元で小さな醸造元の酒だそうでつまみは焼き鳥を買ってきたらしい。
初めて飲む日本酒は呑みやすく二人で全部あけてしまいそうな勢いだ。

「・・・ゲンマ、この酒高かったろう?」
「ええまあ、でも以前から噂で聞いていて・・。たまたま見つけたんで折角だからと思って買ったんですよ。」
「こんな良い酒持ってきて。・・・何かあるだろ?何かしたのか?それともして欲しいのか?」
「やっぱわかりますか?」
聞けば今いる問題のスタッフを更新させずに新しいスタッフを入れるらしい。
新しいスタッフはゲンマやハヤテの友人らしく来月から来るそうだ。
友人だからどうしろと言う訳では無く、そいつは良い奴だから心配してないと話す。
だがスタッフの交代を伝えるのと今居るスタッフのお詫びを兼ねて買ってきたらしい。
内心(チッ又新しい奴かよ)と思ったが一番大変なのは上の立場でも下の立場でもないゲンマかもしれないと思い言葉を飲んだ。

「それで今度来るのはどんな奴なんだ?」
「うーん、ひと言で言えば真面目で良いやつですよ。仕事もきっちり公私混同しない、注意してもキチンと話を聞ける奴ですね。皆に頼られて本人も頼られると頑張るタイプでちょっと天然気味かも知れませんが。」
と答えが返る。
(・・・ゲンマの大学の後輩らしいがなんで今の時期に住み込みで働きにこれるんだか?)そう聞くと言葉を濁す。
何だか訳ありらしいがそのことに関してはゲンマは口を割ろうとはしなかった。
ゲンマこそ公私混同はしないし口も堅いタイプだろう。
「まあ支配人のOKでたなら俺がとやかく言うことでもないし。仕事をキチンとやってもらえれば問題ないな。ってお前その竹串咥える癖刺さらないように気をつけろよ?」
取り敢えずどんな奴なんだか分からないが今いる奴よりかはマシだろう。
食べ終わった焼き鳥の串をブラブラと咥えているゲンマに注意すると俺はグラスに残っていた酒を一気に煽った。


Side G

イルカがうちのホテルで働く事になった。
勝手に先走って色々ライドウ主任や綱手支配人に話をしたりしていたが来てくれることになって一安心だ。
イルカが席を外した隙に思わずハヤテに電話するがもう仕事に行ってる時間だった。
取り敢えず『イルカゲットだぜ!』とメールしたが良く考えたら浮かれていたのもあって何だか頭悪そうなメール送っちまったよ。
夜に再び電話して『イルカは取り敢えず元気そうだった、お土産は何が良いか』なんて他愛もない話をする。
『イルカさんならはたけチーフとも大丈夫だと思いますよ?』と言われ新しいスタッフが入ることをカカッさんにも伝えなくちゃと思い出す。
取り敢えず明日ハヤテの土産見るときに酒とつまみでも買って行って一緒に飲むとしよう。

「カカッさん今日飲みませんか?」
ドアをノックして声をかける。
彼はベッドに寝転んで何時も持ち歩いてる18禁の官能小説(彼に言わせると愛の指南書らしい)を読んでいた。
特にすることも無かったらしくそのまま彼の部屋で飲むことにする。
チーフと言う事もあってカカっさんは俺とハヤテが居る部屋と同じサイズの部屋を一人で使っている。
その同じサイズの部屋にカカっさんがいたベッド、反対の壁際にある本がみっしり入った本棚がいくつか、テレビに小さなテーブルとその下に引いてあるラグマット、そして窓際にある観葉植物位しか無いから凄く部屋が広く感じる。
飲み出すとすぐにカカっさんに『何かあるだろう?』と言われた。
イルカの名前は出さずに新しいスタッフが来ること、それにともない今いるスタッフを更新させないことなどを伝える。
微妙な顔をしていたがどんな奴なのかを聞かれ答える。
あんまり関心なさそうに聞いていたが何でこんな中途半端な時期に住み込みで来れるか聞かれ言葉に詰まる。
イルカに関しては色々複雑なの事情もあるし、あいつ自身今はあまり気にしていないようだが勝手に話されるのも嫌だろう。
と言うか俺が話すべき話では無い。
取り敢えず誤魔化してそのまま飲み続ける。

そういえば電話でも言っていたがさっき帰宅した時にもハヤテが面白いことを言っていた。
『イルカさんが来てくれる事になって嬉しいです。ゲンマさんは心配していますがはたけチーフもイルカさんなら大丈夫だと思いますよ?と言うか私ははたけチーフがイルカさんの事を気に入る気がします』
あいつの勘って妙に当たるんだよな~と食べ終えた焼き鳥の串を咥えたままぼんやりと考える。
一瞬その言葉をカカっさんに伝えてみようかと思ったが鼻で笑われそうな気がして止めた。
まあハヤテの言う通りカカっさんがイルカのことを気に入って仲良くなったりしたらイルカ自身からあいつの過去を話すこともあるだろう。
でもこの人って妙に人を寄せ付けないところがあるというか深入りさせないというか何というか・・・。
でもよく考えたらイルカも人好きするがそんな所がある。
一定の所までは大丈夫だが決してその先には踏み入れさせないというか本心を見せないというか・・・。
俺は付き合いが長いのもあり割と深い所まで知っているがそれでも決して頼ってこようとはしない部分もある。
飄々としてあまり人を寄せ付けようとしないカカっさんと人好きがするくせに自分を表に出さず本心を見せないイルカ。
深いところは似ているようで外側はまるで似ていない二人・・・。

確かに良く見たら外見も正反対だ。
色白のカカっさんに割と色黒なイルカ。
人を寄せ付けない彼と人好きのするあいつ。
月の光みたいな銀の髪と月の無い闇夜のような黒い髪。
(ヤバイな少し酔ったかな・・・。)柄でも無いことを考え出した自分に苦笑する。

・・・でも本当にこの二人が出会ったらどんな風になるんだろう?
「楽しみだな・・・。」

思わず口に出してしまい前にいるカカっさんが眉根に皺を寄せてこちらを見る。
誤魔化すように残っていた酒をお互いのグラスに注ぐと丁度無くなった。
「最期にもう一回乾杯しておきますか?」
「乾杯って何にだよ?」
「そうっすね?じゃあこれから来る未来に何てどうですか?」
「・・・。ゲンマお前大分酔っているんじゃ無いのか?」
「まあ良いじゃないですか?じゃあ乾杯。」

何となく示し合わせたわけでは無いがお互いに一気にグラスの中の酒をあおる。

さてこれからどうなるのか楽しみだ。
幾分酔いの回った頭でぼんやり考えた・・・。


<< 宿泊8日目~僕らは木の葉探検隊~前編 | ホーム | 明日のUP予定・雑記・コメントレス(おまけ話小話無しです) >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。