プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の体術教室~サンプル版~


こちらスパークの新刊の【夜の体術教室】のサンプルです。
R18になりますのでご注意ください。
サンプルにはぞの部分はUPしておりません。

通販は明日から開始予定ですが、その前に問い合わせいただいている分は改めてメールさせていただきます。
明日の前に『ウサギのカカシとモルモットのイルカのお話』UP予定です。
最近忍び設定の話が多かったんで、しばらく現パラが多めになるかもしれません。
『夜の体術教室』サンプル版良ければ追記よりお読みください・・・。
夜の体術教室 


夜の校舎は、昼の明るさや賑やかさをどこかに隠してしまっている。


どこか不思議な空間の様だ


~中略~
「俺に散々犯された後で、まだその台詞が言えるか楽しみだねえ。みんなそうやって言うんだよ。だがな、犯されまくって叫びまくった後じゃ、そんなセリフを言う気力もなくなっちまう。まあ気力だけじゃなくてやる気も奪っちまうみたいでな。その後、教師になった奴はまずいないがな」
 そこまで行った後、ふと思い出したかのように言葉を続けた。
「そういや一人いたな。こうやって俺に反抗しまくって、結局こっちが萎えちまったな。腹いせにボコボコにしてやった」

 楽しそうにくつくつと笑いながら話している。
「それでも後からお前が言ったみたく、実習中にしつこく何度もお偉いさんに直訴しようとしやがったなあ。散々俺が邪魔してやったら、耐え切れず辞めていきやがった」
「…そんな…なんてことを」
「そいつは多分な、お前が言った友人の事だ」
「何だって?!」

 とっさに自分の耳を疑った。

「そいつは、ちょっと茶髪がかった眼鏡の奴だろう?去年の今頃、丁度お前と同じセリフをこの場で吐いていたよ。威勢が良かったけど、俺が散々周りにある事ない事吹き込んでやって、最後に心が折れたら、あの威勢の良さは見る影もなかったねえ」

 怒りで目の前が真っ赤になる。そんな俺の顔を見ながらニヤニヤと更に楽しそうに話を進めてくる。

「いいねえ、その顔。そんな強がった顔しているくせに、これから散々犯されるんだぜ。最後は俺の下で泣き喚きながらヒイヒイ言っているかと思うとよ。愉快でたまらないよ」
「あいつが…アイツが教師になるために、どれだけ頑張ってきたと思っているんだ!!」
「ハッ、そんなのしったこちゃないね。グダグダと抵抗せずに、大人しく俺に犯られてりゃあ良かったものを」
「アンタ…アンタは最低だ…」
「じゃあ、その最低な奴にこれから犯されるお前は、もっと最低な可哀そう奴だな。潤滑剤なんか使ってやらないからよ。散々痛みに喘ぐがいいさ」

そう言いながら首を掴んでいない方の手を伸ばすとベストの前を寛げようとする。
 必死に、両手で抵抗しようとすると更に首元を絞められた。
「このまま首を絞めて気絶させた方が早いか?別に最初は意識が無くても良いんだぜ。きつかろうが何だろうが無理やり突っ込むんだからな。どうせ女と違って濡れないからよ。まあ気絶しても、すぐに痛みで目が覚めるだろうがな」
 にやにやと笑いながら、首を絞める手に徐々に力を込めてくる。
 目の前が霞んで、真っ赤になってくる。呼吸が出来ずに段々と意識が遠くなってきた。

アイツもこんな目にあったのか?
それで教師の夢を諦め、去って行ってしまったのか?
人に言う事も出来ず、苦しんだんだろうな…。

「なんだ、もう終わりか?じゃあこれから楽しませて貰うとするかね…」
 
俺が帰ってくるまで待っていてくれれば。何か相談してくれれば良かったのに。お前の力になれなくて…ごめんな。
そう思いながら意識を手放そうとしたその時…。

「ねえ、さっきからさ。面白そうなことやっているけど。折角だから俺も混ぜてよ?」

 二人しかいない筈の教室のどこかから声が聞こえ、響き渡った。
 驚いた教師が、思わず首元の手を緩めた隙に、とっさに力を振り絞り押さえられた手を振り払う。
 大きく喘ぎながら横に転がって、彼の手の届かない位置まで逃げだした。

「ねえ、アンタ達返事は。俺の言っている事聞こえなかったの?」

もう一度誰かの声がした。その声の方に視線を向けると、そこにいたのは…。

キツネの面を被り
通常の忍服とは異なる独特の格好をした
それは…暗部だった

~中略~

暗部は何か考え込んできたが、ふと思いついたように言った。

「ねえ、あんた先生なんでしょ?」
「はい、まだ教育実習中なので、教師見習いですが」
「じゃあさ、折角だから俺にも色々と教えてよ」
「お、教えるって…暗部さんにですか?!一体何をですか」
「ん~アンタが体で教えれることかな?」
「体って…体術とか…ですか?でもあの、一通りの技は教えれますが、暗部さんに教えれるような腕は俺は持ってないです」
「そうだね、ある意味は…体術かもね」
 
俺は思わずゴクリと唾を飲み込んだ。
 狐の面を被った暗部は、当たり前だが面を被っているから顔の表情は判らない。
 見えている部分は目だけで、それも小さな穴だから、俺なんかが被ってもきっと上手く動けないと思う。
 そう、顔は見えていないのに…見えていない筈なのに、俺にはこの暗部が舌なめずりしているような気がして仕方がない…。

 俺は思わず一歩後ろに下がる

「あの、暗部さん。本当に助けてくださいましてありがとうございました。お礼は今度改めて…」
「ん?今度っていつよ?暗部がホイホイと、気軽に人前に出る訳に行かないでしょ?だからさ、今お礼をしてよ」

そう言いながら、暗部も俺の方へ一歩踏み出してくるから、お互いの距離は縮まない。

「でも俺…校舎の見回りをしないといけないし」
 俺の言葉に暗部はまた鼻で笑ってみせる。
「フッ、アンタさ、見回りって言うけど。ある意味、ここの校舎の警備スカスカじゃないの。見まわる意味ないから、あんたが行かなくても大丈夫でしょ?」
「意味ないとかそんな事は無いです!」
 思わず声を荒げると、暗部さんはフフッと笑ってきた。
「だって、ここで俺が休んでるのも気付いていなかったでしょ?でも今回でばれちゃったし、今度からもうここは使えないかなあ」
「そうでした。折角休んでいる所を、お邪魔しちゃってすいませんでした」
「ん~気にする事ないよ。だってさっき、アンタの…もう元でいいか。元上司だって、俺の事に気付いていなかったでしょ?上忍が気付いていないのに、中忍のアンタが気付く訳ないって。俺完璧に気配消してたから仕方ないとは思うけど」
肩をすくめている暗部の言う事はもっともだ。

現に俺はさっき声を掛けられるまで、ここに暗部がいるとは全く気付かなかった。
そんな自分が悔しくて、思わず下を向いて唇を噛みしめしまう。
そんな時、ふわっと風が起った。急にトンッと胸元を軽く押され、驚いて顔をあげると、暗部はいつの間にか俺のすぐ眼の前にいた。
 思わず一歩後ろに下がろうとすると硬いものにぶつかった。
 いつの間にか暗部から少しずつ離れようとしているうちに壁際まで追いつめられていたらしい。
 右か左かどちらかに飛んで逃げるか?でも暗部相手に俺が逃げられるだろうか?と一瞬考えたが、俺が行動に移すより先に暗部さんの白い手が俺の顎を掴んだ。

「俺から逃げようと思っても、アンタの能力じゃ到底無理だよ。ねえそれよりさ、さっきから言ってるけど、アンタ先生なんでしょ。俺にこれから教えてよ?」
「だから『教えて』ってさっきから暗部さんは言っていますけど、一体何を教えるんですか?俺に暗部さんの体術を教えられるほどの能力があるとは思いません!暗部さんだって、今ご自分で、俺の方が能力が無いって言ったじゃないですか?」
「体術…そうだねえ。言って見れば夜の体術教室かもね…」
「夜の…体術教室?
「そう。夜の体術教室。ねえ先生、俺にさ…」
俺の顎を掴んだ手はそのままで、暗部さんは自分の顔を俺の耳元に寄せてきた。俺の頬にヒヤリとしたお面が触れた。

「ねえ先生。俺にさ…アンタのセックスの仕方を教えてよ?」
「はあッ?な、な、今…何て?」
「だからさ、俺にセックスの仕方教えてよ。俺は男としたことないし、さっきの奴の話聞いていたけど、男同士ってハマっちゃう位に気持ちいみたいだしさ」
「で、でも…そんな…」
「良いじゃない?俺に、男同士のセックスを教えてよ」

 そう言いながら顎を掴んでいる指を伸ばして俺の唇をゆっくりなぞってくる。
もう言い逃れが出来なくて、恥ずかしいけど、小さな声でこっそりと暗部に言った。

「あの…お…俺まだ、そう言う事をシタ事が無いから…分からないし、教えれないんです」
 恥ずかしさで真っ赤になってそう言うと、暗部は何だか凄く嬉しそうな感じになった。
「へえ、アンタひょっとして…童貞なの?」
「は…はい」
「ふうん…そうなんだ」
「だから…暗部さんに、その…セックスとか…教えれないんです…だからもう帰らせて貰えますか」
「ん~そんなこと聞いたら、余計に帰らせる訳にはいかないでしょ?」
「え、でも。だって暗部さん。俺は何も教えれないから、役に立ちませんよ?」
「じゃあさ、俺がアンタの先生になってあげるよ」
「へ?」
「だからさ…俺がさ…アンタにセックスを教えてあげるよ」

暗部はそう言うと顎を押さえていた手を外して、脱げかけていた俺のベストを引き摺り下ろした。

<< モデラーカカシと本屋バイトイルカの話(仮) | ホーム | ありがとうございました! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。