プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

薫風

夏コミでノベルティに配らせていただいた小冊子のお話です・
『薫風』と言う言葉の響きが好きでよく使わせていただいています。

忍び設定で付き合っていない二人の話です。
良ければ追記よりお読みください・・・。

薫風

今日は特に任務もなく、珍しく穏やかな日。
かと言って、上忍待機室にいて纏わりついてくるくノ一達と話をするのもうっとうしかったし、化粧と香の匂いのうつりそうな彼女達の相手をする気も俺には無かった。

妖艶な笑顔でしなだれかかってくる彼女達からどうにか逃げ出すと、ソファでタバコをふかしている髭に一声かけ後の事を頼み、待機所の窓からとっとと逃げ出した。
外に飛び出て一息つこうと思って辺りを見回すと、いい感じに緑の葉が生い茂ってきた大きな木が目に入り、その上で愛読書を片手に時間を潰すことにした。
爽やかな、まるで薫る様な初夏の風は肌に心地よく、気付かぬうちにうとうととしていたらしい。
ふと気付くと、良く知っているほの温かい気配が俺のいる方に近づいてくるのを感じた。
もたれかかっていた木の幹からむくりと体を起こして、感じた気配の元をたどってみる。その人はそのまま真っ直ぐに近付いてくると俺が昼寝をしている木の下で立ち止まった。

彼はそのまま、手にした何やら重そうな紙の束を横に置き、木の根元に胡坐をかいて座った。
気付かれないよう下を覗き込むと、ぴょこぴょこと左右に動くしっぽみたいな髪の毛が見えた。
(やっぱりイルカ先生だ…)

自分の部下の元担任と言うだけなんだけれども、何故か気になる人。

何故気になるのか自分でも良く分からないけど、でも不思議と心惹かれる人。

 不思議と話をするだけで心地よくて安らぐような感じにさせてくれる人。

下に降りて声を掛けようかと思い、更に体を傾ける。
そのまま彼を見ていると、右側に置いてある紙の束から一枚手に取って、何故かくすくすと笑いながら眺めて反対側に置いた。そしてまた一枚手に取ってニコニコしながら眺めると反対側に置くという同じ動作を繰り返し続け、紙の山は見る見るうちに大きさを変えていった。

何やら楽しそうな彼の様子をそのままもう少しそっと見ていたいと思い、彼の元に向かおうと前に傾けた上半身を元に戻した。
ひょっとして彼が手にしているのはテスト用紙で…アカデミー生達の自由で個性的な回答に対して笑っているのかな?と最初はそう思った。
だがよく見ると、テストの答え合わせにしては彼がペンを持って丸付けをしている気配もないし、手にしている紙も解答用紙にしては厚みがあって立派だ。
色々と疑問に思いながらも、そのまま暫く木の上からそんな彼の様子をただじっと眺めていた。
でもくすくすと一人楽しそうに笑っている彼を見ていると、何故笑っているのかが凄く気になって仕方が無くなってしまった。
座っていた木の枝に立ち上がり勢いをつけ飛び降りると、そのまま彼の前に降り立った。
さっきまで楽しそうに笑っていた彼は、今度は目を丸くして、いきなり目の前に現れた俺の事をじっと見ている。

「こんにちはイルカ先生。お昼休みですか?」
「こんにちはカカシさん。え?今…一体どこから来たんですか?あ、そうそう。今丁度休憩時間なんですよ」

イルカ先生は手にしていた紙を横に置くと立ち上がり、今度は目を細めて笑いながら俺に話しかけてきた。

「あー実はちょっと、この上でですね…」

そう言いながら、彼が座り込んでいた木の上を指して見せる。

「この木の上で…ですか?」
「この木です。あのですね、今日は天気も良いし、風も爽やかで気持ちが良いじゃないですか」
「本当にそうですよね。今日は教室で授業するのがのが勿体ない位ですね」
「俺もそう思います。で、今日は特に任務も入ってなくて待機だったんですよ。でもこんなに良い天気なのに部屋の中にいるのも勿体ないから『何かあったら呼んでくれ』とアスマに頼んで、この木の上で昼寝していたんですよ」
「へ?カカシ先生、ずっとこの木の上にいたんですか‼」
「そうですよ、イルカ先生が来る前からいましたよ」

 俺の言葉に驚いて、又目を丸くしている彼を見てこの人本当にくるくると表情が変わるんだな~なんて思いながら、話を続けた。

「それで、この木の上でうたた寝をしていたらイルカ先生の気配が近付いて来たのが分かったんです。最初はすぐに声をかけようとして降りて行こうと思ったんですがね。」

 そう言って肩を軽くすくめてみせる。

「俺はカカシさんの気配に、全く気付きませんでした。同じ忍びなのに恥ずかしいなあ…」
「俺は気配を消してましたしね。それで上から見ていたらイルカ先生が、何かの紙を見ては楽しそうに笑っていて…。一体何をしているのか気になってそのまま暫く木の上から見ていたんです」

俺の話に耳を傾けていた彼は、何かを考えるかのように眉根を寄せた後、パッと笑顔になった。

「ああ、ひょっとしたらこれの事ですか?もし良ければカカシさんも見てみますか?」

そう言いながら、また木の根元にどかりと座りこみ、そして俺の顔を見ながら、片手でちょいちょいと自分のすぐ脇の地面を指差してみせる。
大人しく俺がそこに座ると、彼は傍らに散らばっていた紙の束を簡単にまとめて俺に渡してよこした。
何気なくその束を受け取り、その量に吃驚した俺はその束の中身を見てさらに驚く事となった。

「え、なんですか…これ…これも、これも…これもだ。これって…全部イルカ先生の似顔絵じゃないですか。なんですか?先生の顔を書く授業でもあったんですか?」
「うーん、まあ…似たようなもの…ですかね」

そう言いながら彼は照れくさそうに鼻傷を人差し指でかしかしと掻いている。

「似たようなって…イルカ先生ってば一体どんな授業をしているんですか?」
「アカデミーの…その美術の授業って言うか…。ほら、忍びになったら一瞬で、相手の特徴とか覚えなくちゃいけない事って多々ありますよね」
「ええ、そうですね。戦いの最中なんかは特に一瞬で相手の事を判別しなくちゃいけませんからね」
「それでその訓練も兼ねて『好きな友達の絵を特徴をとらえて出来るだけ短時間で描く』って授業をする予定だったんですよ」
手にした絵をパラパラと捲るが全て鼻傷と特徴的な髪型をしっかりと描かれたイルカ先生だ。

「友達って…でもこれ…全部イルカ先生ですよね」

そう問う俺の言葉に、ちょっと苦笑しながら彼は話を続けた。

「実は一人の子が『俺はイルカ先生を描く』って言い始めたんです。そうしたらあっという間に皆が『自分もイルカ先生の事を描く』って次々と言い出して…。収集がつかなくなっちゃったんですよ」
「イルカ先生ってば、モテモテですね」

 くつくつ笑ってそう言うと、俺にからかわれたと思ったのかちょっとムッとした顔をしたが、すぐ笑顔に戻った。

「まあ、生徒相手にもてるも何もないですよ。結局仕方がないから、皆に俺を描いて貰うことにしたんですよ。その結果がこれなんです」

 そう言うと、彼は笑いながら俺の持っている紙の束を軽く叩いた。

「でもそれって、逆に考えるとイルカ先生がそれだけ生徒達に好かれているって事じゃないですか」

そう言った俺の言葉にほんのりと顔を赤らめるが慌てたように首を横に振って見せた。
「いやーほら良く考えてくださいよ?俺なら…ほら、顔のここや髪型に特徴があるじゃないですか?それできっと皆も描きやすいだけですよ」

彼はそう言いながら、まだほの赤い顔の自分の鼻傷を指で指して見せた。

「こう見ると…皆、結構…絵が上手いですね」

渡された紙をパラパラと見てみるが、彼の言った通り特徴的な鼻傷と髪型のせいか、皆それなりに上手く描けている。

「カカシさんもこう言っちゃ何ですが、けっこう特徴的だから、きっと生徒達も描きやすいと思いますよ」
「あー、まあ…そうですかね?俺は顔がほとんど隠れてますしね。まあもし俺が描かれるとしたら俺は『顔がほとんど隠れていて描きやすい』からでイルカ先生は『皆に好かれているから』ですよ」

 笑いながら軽くそう言うと、思いもかけず真剣な口調でイルカ先生が反論してきた。

「カカシさん、そんな事無いです!!俺だったら描くなら、きっとカカシさんの事を…」

 噛みつくような勢いで言ってきた彼の言葉に、俺は一瞬きょとんとしてしまう。

「…え?」
「あ…いやその…なんでもないです。気にしないで下さい」

どもりながらそう言うと、彼は慌てた様子で、自分の横に置いていたが風で少し散らばってしまっていた残りの絵を必死に掻き集めている。

「あ、その…お、俺…そろそろ急がなくちゃ、昼休みが終わっちゃうし。あの…昼御飯も、まだこれからなんで…」

イルカ先生は何やらうつむいたままで、俺の顔を見ようとはせず、そっと手を伸ばしてきた。

「あーそうですか。邪魔しちゃってすいませんね。あ、これ、見せてくださってありがとうございました。落とさないように気を付けてくださいね?」

そう言って纏めた絵を渡す時、もう片方の手でその束を受け取った彼の手の甲を下から包み込んでみた。

「っ!」

彼は大慌てで手を引っ込めてしまい、そのせいで宙に浮いた絵は爽やかに吹いている風を受けてふわりと舞い広がってしまう。

「うわっ!大事な絵が!」

 そう言って慌ててふためく彼に倣い、俺も手を伸ばして絵を拾い集める。そっと横目で見た彼の耳は真っ赤に染まっていた。
絵を拾い集めながら何気なく彼に話しかける。

「ねえイルカ先生?どうかしたんですか?」
「…どうかしたんですかって?一体何がですか」
「何だか、耳まで真っ赤になってますよ」
「こ…これは…その、今日は…そう、暑いからなんです!」

彼は耳を赤く染めて、それでも頑なにこちらを見ようとせず、拾い集めた絵を纏めている。
そんな彼を見ていたらつるりと言葉が自然に出てきた。

「イルカ先生。ところで今日は、受付の仕事は入っているんですか」
「…今日ですか?今日は俺は受付の仕事は入っていないです。何か任務についての質問ですか?」
「いえ違います。もし今日、受付の仕事が無いなら…」
「仕事が無いなら…なんですか?カカシさん」
「そうですね。今日受付の仕事が無いんでしたら、終わった後で俺と飲みに行きましょう?俺はアカデミーが終わるまであなたの事を待ってますね。はい決定‼」

彼の前に回り込み集めた絵を差し出すと、じっと目を見つめながらそう告げる。
予想通り赤かった顔を更に真っ赤にしてしまったイルカ先生。
俺がいきなり言い出した話に対して、どう反応したら良いのかわからないといった風に目線をあちこち彷徨わせながら口をパクパクとさせている。
そんな普通であれば、ちょっと間抜けな表情の彼を見て、俺は可愛いなと思ってしまった。
そう思いながら改めて彼の顔をじっと見つめる。

…うん可愛い。表情がコロコロ変わって、さっき纏わりついて来ていた、媚だらけのくノ一なんかよりもよっぽど可愛い。
そう思ったら心の奥から何だかじんわりと温かくなってきた。
そんな事を俺が考えているとは露とも知らない彼はまだどこか慌てふためいている。

「あ、あの…飲みって…カカシさんと俺と…で…ですか?」
「そ、俺と二人で。はい、これで絵は全部です。今度は落とさないように気を付けて下さいね?じゃあイルカ先生が仕事が終わる頃に迎えに来ますね」

そう言って絵を渡しそのまま少し進んで、くるりと後ろを振りかえる。
彼は幾分赤みがひいた、どこか呆然とした顔で、去っていく俺の事をじっと見ていた。

「イルカ先生~」

少し離れた場所から手を振り、少し大きく声をかける。

「なんですか~、カカシさん?」

 彼は片手で絵を胸に抱えたまま答えてきた。

「俺はね~。もしも今『誰か好きな人の絵を描いて?』って言われたらさ、迷わずに貴方の絵を描くよ~」

そう言うと赤みが引いてきていた彼の顔は、遠目で見てもわかるほどに一瞬のうちに真っ赤に染まった。

「カ・カ・カカシさ…一体…何を言っているんですか‼」
「何って?言葉そのままの意味ですよ~。言っとくけどさ、イルカ先生が絵に描きやすいとかそういう意味じゃないから、そこはちゃんと覚えておいてよね?ねえ、今日飲む時にさ、イルカ先生は誰を書きたいのか、俺に教えてね~」
「あの…それは…」

彼は赤い顔のまま、どこか落ち着かない様子で、手にした絵を抱えなおしている。

「ひょっとしてイルカ先生が描きたい人ってさ…俺だったりしてね」

そう言った瞬間、彼は抱えなおしていた絵をまたバサッと落としてしまった。
広がった絵を大慌てで拾っているその様子が又何だか可愛く見えてしまい、思わず笑ってしまう。

「じゃあ後でね?アカデミーが終わる頃に迎えに行きます」

そう言うとわざとゆっくりと立ち去った。

「あの…カカシさん…」

俺を後ろから呼ぶ声には、聞こえない振りをしてそのまま去っていく。
夜までに彼はどんな答えを用意しておいてくれるんだろう?
でも彼がくれるその答えは、きっと俺にとって良い答えであるような気がする。

そう考えると思わず頬が緩んできてしまう。

自然とにやけてくる顔を誤魔化すかのように、俺は五月の薫る風に揺れる眩しい緑の木々に目を細めて見せた。

<< スパーク感想と雑談と | ホーム | ウサギのカカシとモルモットのイルカの話 その4 >>


 BLOG TOP