プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

The nightmare which does not finish

病んでいるカカシ先生の話と言うかホラーっぽい話で少し長いです。
先日とは違った意味で後味が良くないかも??な話になりますので薄暗い話が苦手な方は閲覧ご注ください。
忍び設定でイルカ先生視点の話です。
良ければ追記よりお読みください・・・。


The nightmare which does not finish


「本当に申し訳ありません!!でも何度言われても無理なものは無理なんです!!」
「・・・いつもいつもイルカ先生は無理だとしか言いませんよね?じゃあなんで駄目なのかを、せめて教えて下さい」

俺の前にはその名を他国にまで轟かしているような高名な上忍が真剣な顔をしながら、俺の事を真っ直ぐに見つめている。
その真剣な縋るような眼差しから、俺は視線を外すことが出来ない。
彼とは元生徒を通じて知り合い、合えば会釈を交わす様になった。
それくらいの関係であったが、ある日突然『あなたが好きです』と告白され、何かの冗談かと思いその場はなんとか誤魔化したが、その後もしつこい位に言い寄られその度に『無理です!!』と何とか逃げまくっていた。
その所為か、最近では同僚や受付でも『顔色が悪い』や『やつれた』『『悩みがあるなら話してみろ』などと言われることもあった。

「俺との付き合いを断る理由はどうしてなんですか?理由があるなら、その訳をはっきりと言って下さい」
「カカシさんの間には階級差があるし・・・」
「階級差が問題なら上忍は結婚なんて出来ませんよ。お互いが納得していれば問題は無いじゃないですか」

カカシさんは俺の目を見つめたまま不思議そうに首をかしげた後、ふんわりとほほ笑んでみせた。
どこか噛み合わない会話にイライラしてきた俺は、何とか視線を外すと吐き出すように叫んでしまった。

「一番の問題は俺達は男同士って事ですよ?!御自分でわかってないんですか?貴方みたいな高名な上忍の血を絶やす訳にはいきませんし、第一里が俺とあなたの交際なんて事を許す筈がある訳ないじゃないですか!!」
「それがイルカ先生が俺の事を拒む理由なんですか?それだけですか?」

淡々と俺に聞き返してきたカカシさんの態度に又イライラとしてしまい、一刻も早くこの場から逃げ出したくて仕方がない。

「それだけって・・・それで十分過ぎる程の理由だと思いますよ?じゃあ俺はこれで失礼します」

そう言うと視線を合わせないままカカシさんに向かって一礼し、俺はその場から走り去った。
走り去ったのだが・・・さっきまでとどこか違うカカシさんの纏わりつくような視線が、走り去る俺の後をずっと追いかけてきていた。


「え?俺が明日からの二ヶ月の単独任務・・・ですか」
「ああ、悪いが頼めるか。任務自体は時間がかかるのが難点だが、そう難しいものではないから安心してくれ」

カカシさんの元から逃げるように走り去った数日後、俺は綱手様に呼ばた。
一体何事かと思い首をひねりつつ執務室を訪ねた俺に、綱手様はどこか苦々しく笑いながら依頼書を渡してきた。
手に取ってそれにざっと目を通すが、それは別に俺じゃなく誰が行っても変わらないような任務にしか思えない内容だった。

「アカデミーやその他はこちらで調整しておく。イルカ、悪いが頼んだぞ」
「はい、わかりました」

有無を言わせぬ迫力でそう言われ(否定する権利は勿論俺には無いんだが)どこか納得がいかなかったが、執務室を後にする。
アカデミーに戻ると、周りの皆に急な依頼が入り申し訳ないが後の事を頼むと伝え、俺は次の日から任務へと旅立って行った・・・。



綱手様が言った通り任務自体は難しいものではなく、時間だけがかかった任務を無事に終えて久しぶりに木の葉の里へと帰還した。

大門を潜り、久しぶりに木の葉の里へと足を踏み入れた時から、どこか粘つくような視線をあちこちから感じる。
ナルトを教えていた時にもこんな視線は良く感じていたが、あれはどちらかと言うと憎悪的な感情を含んだ視線だった。
今感じているのは、どちらかと言えば『うみのイルカ』を観察するような、冷やかすような視線だ。
最近の事を考えても、ナルトを卒業させてからはあまり目立つような行動はしていないんだがな・・・と首を捻りつつ、まあそのうち分かるだろうとどこか楽観的に考えて、粘つく視線を纏ったまま受付へと向かった。

帰還したタイミングが良かったのか受付は空いていて、そのまますぐに報告書を出すことが出来た。
見知った同僚に報告書を渡すと、彼はニヤニヤしながら俺の事を見ていた。

「何だよ、俺がいない間に何か良い事でもあったのか?」

知り合いの気安さでそんな軽口をたたくと、彼はにんまりと笑ってきた。

「良い事があるのはお前の方だろう?しかし水臭いよなあ~。悩みがあるなら、俺達にも話してくれればよかったのにさ」
「は?」
「イルカが何かに悩んでいる事は俺達も気づいていたけどさ~。でもまさかあんな悩みとはなあ。本当に全く予想外だったよ。まあ、はたけ上忍相手なら悩むのも仕方がないか」

何を言われているか分からずに、思わず眉根を寄せてしまう。

「そんな顔するなって。お前がいない間に全て片が付いたんだし、もう何も心配する事はないだろう。報告書これでOKだぜ。さすが受付、不備はねえな。そうそう、この後綱手様の所に行くようにって言付かっているから。早く行った方がいいぜ」

笑いながらシッシッと手を振って追い払われ、何がなんなのかよく分からずに首を捻りながら綱手様の元へと向かう。
軽くノックをして中に入ると、綱手様までどこか冷やかすかの様な顔で俺の事を見てきた。

「ああ、色男のお出ましか。任務は無事に済んだようで何よりだ」
「ありがとうございます。で、綱手様一体何のご用でしょうか?」
「私の口からも話をして、お前を安心させてやろうと思ってな。しかしお前とカカシも上手くやっていたもんだな。全く気付かなかったよ」
「・・・一体何の事でしょうか」

またここでも訳の分からない話をされて、思わず眉根が寄る。

「そんな不安そうな顔をするな。お前が任務でいない間に、カカシが立ちまわって全て上手くやってくれたから」
「だからカカシ先生と俺が何だっていうんですか?さっきから皆で一体何を言っているんですか!!」
「怒らなくても良いだろう?今まで隠していたふたりの仲がばれて照れくさいのはわかるが、もう誤魔化すことはないんだから。しかし本当に上手く隠していたよな、皆気付かなかったよ」

まるで賭け事が上手く行った時のよう笑いながら、綱手様は俺の事を見ている。
上手く隠していた?気づかなかった??そんなの当たり前だ。俺とカカシ先生との間には、隠すようなものは何もないんだから。
綱手様は一体何の話をしているんだ?
呆然と立ちすくむ俺を見ながら、何かを勘違いしているらしい綱手様は楽しげに話を続ける。

「まあ、上役たちともそれなりに揉めたが、暗部時代の薬のせいで種無しだとわかった後、根気よく説得され渋々ながら納得したぞ。カカシが『イルカ先生が帰るまでに解決して、笑顔であの人を迎えたいんです』と言って根気強く一つ一つ解決していく様は見事だったなあ・・・。何よりもカカシにもお前にも里抜けなんざされたら困るしな」
「里抜け・・・って。一体誰がそんな事をするんですか」
「もう隠さなくても良いんだ。まさか二人がそこまで思い詰めていたとはな。カカシあんな真剣に何かを求めるなんて、初めて見たよ。まあそれだけ、お前との事を真剣に思っているんだろうな」

綱手様の言葉をどこか他人事のように聞く自分がいる。
何だかよく分からないけれど、俺の周りがじわじわと何か訳の分からないもので固められてしまっている気がする。
ゴクリとつばを飲み込むと、うんうんと一人で頷き、何やら自己完結している綱手様に向かって声を震わせないように努力しながら話しかける。

「あの・・・俺はもう帰っても・・・」
「早く会いたい所を邪魔してすまなかったな。カカシの事は小さいころから知っているが、あんなカカシを見たのは初めてで、思わずお前にも何も心配するなと伝えたくなってな。帰ったらカカシにもよろしく伝えておいてくれ」

満面の笑みで俺に向かって手を振って退室を促す綱手様に何も言えず、引き攣った笑顔を浮かべながら一礼する。
ドアを閉めた途端、思わず廊下を小走りに走ってしまう。
すれ違う同僚や上忍の知り合い達が口々に『幸せにな』や『お前ら、上手く隠していたな~。全く気付かなかったぜ』などと声をかけてくるが、曖昧に微笑んで躱してやり過しただこの場から早く立ち去りたくてひたすら駆けて行く。

皆・・・皆一体何を話をしているんだ?
ここは本当に俺の知っている木の葉の里なのか?
俺は本当はまだ任務の最中で、実は敵の術にかかって化かされているんじゃないだろうか??
・・・そうか!!これは俺の夢の中なんだ!
このまま自宅に帰って寝て起きたら、きっと今までの生活に戻っているはずだ!!

そう思い、走りながら俺に向かってかけられる言葉に曖昧に微笑みながら何とか自宅にたどり着いた。
肩で息をしながら震える手でカギを回し、慌ててドアを開け中に飛び込む。
まだ震える手でドアに鍵をかけてホッとした俺の後ろから・・・。
誰もいない筈の室内から、今一番聞きたくない人の声が聞こえた・・・。

「お帰りなさい、イルカ先生。御無事で何よりです。疲れたでしょう?お風呂沸かしてありますよ」

耳に飛び込んできたその声に、全身がぶわりと粟立つのが分かった。

「なんで・・・ここに・・・」
「なんでって、長期任務帰りの愛しい恋人をねぎらおうと思って待っていたんですよ?イルカ先生の気配はするのになかなか戻らないからアカデミーまで迎えに行こうかと思っちゃったよ」
「恋人って・・・カカシ先生何の話をしているんですか・・・」
「でもイルカ先生ってばアカデミーから物凄い勢いで帰ってくるんだもん。そんなに俺に会いたかったんだよね」

『俺も大門まで迎えに行こうかと思うくらい貴方に早く会いたかったんです』そう言いながら俺の肩に手をかけ自分の方を向かせるが、優しげに話すその言葉とは裏腹に俺の肩をしっかりと掴んできた。
その指先は離さないと言うかのようにしっかりと力を込められていて喰い込み、痛くてたまらない。
思い切って大きく一つ息を吸うとカカシ先生に話しかける。

「カカシ先生、あの・・・皆が俺達の事を何か勘違いしているみたいなんですが、何でだかわかりますか?」
「勘違い?イルカ先生ったら何言っているの?任務が長引いて疲れているんでしょう。ゆっくり休んでください」
「カカシ先生!!先生こそ何を言っているんですか?俺が話している事が分かりますか?」
「分かってますよ。先生が気にしていた問題を解決したし、これで安心して堂々と恋人同士として付き合えるじゃないですか」

ふと任務前にカカシさんに向かって吐いた言葉の事を思いだす。だけど、まさか・・・。

「問題って、まさかひょっとして、俺が任務前にカカシ先生に話したことですか?」
「勿論それしかないでしょ?でも綱手様を筆頭に里の皆も認めてくれたから、先生が心配していた問題はこれで無くなったよ。結構大変だったんだよ?綱手様に無理矢理頼んで先生を任務に出した後、二人の仲を認めてもらう為に、俺は色々と頑張ったんだ」
「え?俺の受けた任務って・・・まさか・・・カカシ先生が何かしたんです・・・か」

さっきの皆とのどこか噛み合わない会話を思い出すと同時に、先日のどこか渋い顔で依頼書を渡してきた綱手様の顔を思い出す。
まさかと俺が何気なく吐いた言葉の為にそこまでするのか?!そう思うと指先から細かく震えだしてしまう。
ふふふっと笑うと、どこか自慢げにカカシ先生は話しだす。

「イルカ先生に任務に出て貰っている間に頑張った甲斐あって、皆にも二人の仲を受け入れてもらえることも出来たし。イルカ先生が帰ってくる前に解決できて、本当に良かったよ」

ふと気が付くと、俺に話しかける口調もどこか砕けたものになっている。

カカシ先生が俺の肩をしっかりと掴んでいた手がようやく離れたかと思ったら、今度はその手は俺の背中にするりと回された。
カカシさんの手はまるで柔らかな檻のように俺の事をしっかりと囲っているが、その手が回されている背中はざわざわと這い上がるような悪寒で溢れている。
俺のどこか引き攣ったかのような顔を、カカシさんはそっと覗き込みながら言葉を続けた。

「震える位に嬉しい?もう先生が心配する事は何もないし、邪魔する奴がいても俺が何とかするから安心してね」
「カカシ先生・・・」
「これでもう先生は・・・俺だけの・・・先生だよね」

そう言いながら俺に笑いかけてくるが、カカシ先生のその笑顔は俺にいままで向けてくれていたふんわりとした優しげなものとは全く違っていて・・・。

俺の目をじっと覗き込んできたカカシさんのその眼は、負のどす黒い感情を煮詰めたような、どこまでも深く暗い闇のような色をしている。
背中に回ったカカシ先生の手がぎゅっと俺を抱きしめた時に、頭のどこかで檻の鍵がかかる重々しい音が響きわたった・・・。






「・・・って夢を見たんだよ。笑っちゃうだろう?」

少し空いた午後の受付で、俺は昨日見た夢の話を同僚に笑いながら話していた。
いや、笑いながらじゃないと話せなかった。
今朝、飛び起きる様に夢から覚めた時、秋が深まり冷え込んでいた筈なのに・・・。
俺は額は手で拭える程に、着ていたパジャマがしっとりと湿る程に全身に寝汗をぐっしょりとかいていて、まるで全力疾走でもしたかのように胸は激しく鼓動し息があがっていた。

暫くの間胸を抑え呼吸を整えてから、思わず掠れた声で笑い出した。
あんな事が実際にある訳はないのに。
カカシ先生のような人が、俺のような奴に対してあんな事をする訳がないのに。
そう思っても、夢の中で見たカカシ先生の目の色や背中に回った腕の感触を思い出すと、背筋を濡れた手で撫でまわされるかのようなぞっとした気分に襲われた。
そのもやもやとした気分を引きずったまま一日過ごした俺は、誰かに話して笑い話にしてしまえばいいと思い、受付が空くのを待って横にいた同僚に話しかけたのだった。

「な、我ながら馬鹿な夢を見たと思うんだ。俺がカカシ先生と・・・」
「本当だよな。だってはたけ上忍とイルカは、里の皆の公認の仲じゃないか。今更心配なんてする必要ないだろう?」
「・・・え?」

同僚は笑いながら安心させるかのように、俺の肩を叩いてきた。
俺は彼が何の話をしているのか、上手く理解が出来ずにいる。

「まあ、はたけ上忍はモテるからイルカが心配になるのも分かるけどさ」
「・・・お前・・・何言っているんだ・・・」
「心配するなって!!あれだけイルカにだけに一途な所を見せられて、最近は言い寄るくノ一も減って来ているらしいし、余計な心配はする必要ないだろう」

彼が何を言ってるか分からず、上手く言葉が出ず、横に座っている同僚の顔を見ながら、パクパクと金魚のように口を開閉することしかできない。
そんな俺の顔を不思議そうに見つめていたが、受付の入り口を見て彼はにやりと笑い大きな声を上げた。

「あ、はたけ上忍。お疲れ様です」
「んーお疲れ様。イルカ先生、報告書お願いできる?」
「ほら、イルカ早くしろよ」

同僚に肘でつつかれ慌てて前を向くが、同僚の言葉が気にかかりカカシ先生の顔が見れない。
俯いたままで報告書を受け取ると確認をした。

「確かに受理させていただきます・・・。任務お疲れ様でした」
「何だよイルカ、他人行儀だなあ~」

冷やかしてくる同僚の声が、どこか遠くから聞こえてくるような気がする。

「いいんですよ、この人照れ屋ですから。ね、そうでしょ?イルカ先生」

一体自分に何が起きているのか、訳が分からない。
俺はまだ夢を見ているんだろうか?どう何が起きているのか分からなくて怖くて仕方がないが、勇気を出してカカシ先生の事を見る。
ギギギと音が出るんじゃないかと思うくらい不自然な動きをしながら、ゆっくりとカカシ先生の顏を見あげると思った以上に近い距離にその顔があった。

「ねえ、今日は何時に終わります?いつもみたくイルカ先生が終わるまで、上忍待機所で待っていますね」

俺に向かって優しげに囁きながら口の両端をあげ一見笑っているように見えるカカシさんの顔の、その唯一見えているその眼は・・・。

その眼の色は俺が今朝夢で見た様な、どろどろとした暗い影を煮詰めたような色を浮かべ、俺の心の奥底まで見透かすかのようにただじっと見つめていた。

<< 雑記 | ホーム | そしてこいになる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP