プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢十夜 第二夜目

NARUTO完結しましたね。
昨年とあるきっかけからカカイルにハマり、初めて二次創作に足を踏み入れ、拙いながらも話を書かせていただきました。
完結してしまったことに寂しさは隠せませんが、色々と素晴らしい出会いをくれたことに、幾ら感謝しても足りません。
本当に有難うございました。

夢十夜 第二夜目になります。
今回は前回とは少し違う、曖昧で少し不思議な感じの話になっていると言いなと思いつつ書かせていただきました。
前回同様はっきりとしたオチのない曖昧な話です。
良ければ追記よりご一緒に不可思議な夢を見ていただければと思います・・・。


夢十夜 第二夜目

こんな夢を見た



そこは夜を闇で溶かしたかのように真っ暗だった。
俺はその中で膝を抱え、何をする訳でもなく俯くようにじっと座っている。
窓もドアも無くただひたすら暗かった。
でも俺はそこにいれば、何事にも心惑わされず乱されずいられることを知っている。
だから怖くはない。

誰もここまで来る事はなく、ずっとそのままなんだろうと思っていた。
誰かがここを訪れることを恐れ、ずっとそのままでいいと思っていた。

ある時どこかから音がした。
びくりとしながら顔をあげ、俺はここにドアがある事を初めて知った。
驚きのあまりどうして良いのか分からないまま、ドアをノックする音はいつの間にか止んだ。
辺りは元通りの静寂に包まれ、俺は又膝に顔をうずめた。

その次はノックした後で、ドアノブを回すようなガチャガチャと言う音がした。
その次はそっとだけ隙間が空き、うっすらと光が差し込んだのが見えた。

いつの間にか俺は俯くのを止め顔を上げたまま、俺の元を訪れる『何か』を待っていた。

そしてある時、ついに重い音を立てながらドアが開いた。
眩い光が差し込み、そこに誰かが立っているのが見えた・・・。

「ようやく開きましたね」

声の調子で男だと言う事が分かった。
『彼』が部屋の中に一歩入ると、彼が歩いた所は彼同様に明るく輝いて行くのが見えた。
一歩だけ俺がいる部屋へと入ってきた『彼』は、何故かそれ以上は足を進められない様だった。
彼は動かない自分の足と、俺の居る暗がりを何度か見比べた後で、困ったように肩をすくめた。

「今はここまでしか入れませんか。では又来ます」

彼はは後ろを向くと部屋を出て行った。
だが彼が去った後も、歩いた部分は明るいままだった。
俺はその眩しさを視界に入れたくなくて、膝に顔をうずめて、そこに広がるその暗闇の中へと落ちていった。

その後も彼は俺の居る場所を訪れた。
彼は一歩一歩、少しずつ俺に近付いて来て、部屋の中は段々と明るくなっていた。
そして俺は、いつの間にか彼がくれる眩しさに慣れていった。

ある時、ふと気付くと俺はいつの間にか立ち上がっていて、俺の前にはいつの間にか彼が立っていた。
何処か眩しそうに眼を細めて俺の事を見つめる彼に、俺は思い切って訊ねてみた。

「何で・・・貴方は俺の所を訪れるんですか?」
「わかりませんか?」

少し首を傾げ、愉快そうに笑いながら彼は俺の質問に質問で返してきた。

「分からないから・・・だからこうして聞いているんです」
「アンタは俺が来る理由を『分からない』んじゃなくて『分かりたくない』んでしょう?」

そう話しながら彼は左胸を少しの間押さえて、ゆっくりと手を離した。
すると見る見るうちに、彼の胸からするりと一輪の薔薇が伸びてくる。
何故か真っ白なその薔薇を見おろした後、彼は左手を何故か口元に持ってきた。
薬指の先に軽く口付けた後、カリリと噛んで自ら傷をつけた。

その血が滲んだ指先で胸元の花に触れると、花は一気に鮮やかな紅に染まった。
自分の胸から咲く深紅に色付いた薔薇を見て彼は嬉しそうに微笑み頷くいた。
彼は躊躇う事無く胸元に手をやると、美しく咲いている花を根元からポキリと折ってしまった。

彼はその真っ赤な薔薇を差し出し、俺に向かって頷いた。
俺が恐る恐る手を伸ばすと、もう一度軽く頷いてみせた。
ゴクリと息を飲みこんで彼からその花を受け取った瞬間、花は一瞬のうちに俺の中に吸い込まれていった。

その様子を見て満足げに笑った彼は俺の左胸を指差してきた。
見下ろすと、俺の胸にも同じような白い薔薇の花が咲いている。

「アンタがその花を俺に差し出す決心が付いたら、今度はアンタが俺の元へと訪ねてきてください」

満面の笑みを浮かべた彼は、もう一度左胸を押さえた。

「早くしないと蔓に絡まって、身動きが取れなくなっちゃいますよ?」

驚いて見てみると、薔薇はその根元から蔓を伸ばして、俺の体のあちこちに絡み付こうとしている。

「俺は気長に待ってますから。アンタが自分自身の薔薇にとらえられないうちに早く来てください」
「でも、こんなに弦が伸びてます!!絡まって動けなくなってしまったら・・・」
「それはアンタの次第です。アンタが決心さえすれば、いつでも俺の所に来れるはずです」
「待ってください!!」

そう話す彼の輪郭がどんどんとぼやけてくる。

「待ってください!!・・・カカシさん!!」

俺が名を呼ぶと、彼は輝くような笑みを浮かべたまま霧散した。
彼に向かって思い切って伸ばした手は間に合わず、俺はその手に何も掴むことができかった・・・。
何も無くなった眩い空間で、何も掴むことのできなかった手のひらを眺め、俺はただただ静かに泣いていた。


     *****


バッと目を開けると、目の前が歪んで見えた。。
思わず何度か目を瞬かせると目尻から伝い落ちる滴が、自分が寝ながら泣いていた事を教えてくれた。
はあっと息を吐きながら上半身を起こし、目尻からこめかみを拭うとぐっしょりと濡れている。
寝たまま激しく鼓動を続けている左胸を押さえると、薔薇の花の棘を差したかのようにどこかチクリと痛んだ。

彼の事を思い彼の元へと行きたくなると同時に、俺は様々な常識に足元を囚われて前に進むことが出来ない。

それに何よりも、俺にくれた彼の純粋な鮮やかな想いを移した花の色と違い、俺が彼を想って色付かせる花は彼を取り巻く様々なものに対して、嫉妬や優越感と言った醜い色に染まっているかもしれない。
彼は俺がそんな色の花を渡したとしても受け取ってくれるのだろうか?

上半身を起こしたまま膝を立てると、そこに顔をうずめて眼を閉じ自分で作った闇の中へ自らを閉じ込める。
その中では、たとえ自分の想いや咲かせる花が醜い色をしていようとも、闇に染められてどんな色なのか見えやしないから。
それにひょっとしたら、今ここにいる『俺』は、どこかの世界の『俺』が見ている夢の中の人物かもしれない。
そう思ってもう一度夢を見るために、そっと目を閉じる。

俺は今夜も自らが作った暗い部屋の中で、やり場のない想いに絡め取られ身動きが取れないまま夢を見続ける

<< スパークで「夜の体術教室」をお買い上げいただきました方へお知らせです | ホーム | 夢十夜 第一夜目 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。