プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

イルカ先生は無口だ

忍び設定で、カカシ先生だけが知っているイルカ先生の事を語っている短い話です。

昨日の話は次回はカカシ先生視点でUP予定です。

『イルカ先生は無口だ』良ければ追記よりお読みください・・・。


イルカ先生は無口だ

イルカ先生は無口だ。

俺がそう言ったら、きっと驚かれるだろう
『あの熱血教師の手本のようなイルカ先生が無口?』
『無口って・・・受付のムードメーカーのイルカ先生が?』
きっと口々にそんな事を言って、俺の言葉を十人中十人が否定してくるだろう。
でも本当の事なんだ。




イルカ先生は無口だ。

最初に元担任と、その生徒達の上忍師として出逢った時の彼は良く喋った。
受付で任務の報告書を出した時や、偶然に演習場や書庫などで行き会った時。
その後、誘って食事に言った時も飲んだ時も、彼は良く喋った。

『イルカ先生は何時も賑やかですね?いつでも話してるっていうか・・・』
『そうですね。勿論一人の時は静かですよ?でも一人が長いから、誰かといる時の沈黙が怖くてついつい賑やかになってしまうのかもしれませんね。安心できる人といれば、きっと賑やかな俺も静かになるのかもしれませんよ?』
そう聞いた俺に向かってにやりと笑いながら彼は答えた。

そんな彼は今、俺の膝を枕にして静かに本を読み続けている。
俺はクナイの手入れをしていて、イルカ先生は古い戦法書を読み直している。
部屋の中は穏やかな空気が漂っていて、時折彼が頁をめくる音と俺がクナイを磨いたりする音が響いている。
時折イルカ先生は本から視線をずらして俺の事を見上げてくる。

そんな時のイルカ先生は無口なのに、そんな彼が投げかけてくる視線は物凄く饒舌だ。




イルカ先生は無口だ。

俺と付き合いだしてしばらくたった頃から、イルカ先生の口数が段々と少なくなって来たのに気付いた。
話すことが無くなったとか、俺との会話に飽きられたとかそんな雰囲気ではなくて、逆に会話が無くなった分二人の距離が近くなったように感じた。
少し不思議に思ってそのまま様子を見ていたら、イルカ先生は更に口数が減ってきた。

『悪く言えば緊張が無くなって来たのかもしれませんね』
小首を傾げて、イルカ先生自身も不思議そうな顔をしている。
そのまま俺の顔に手を伸ばしてくると両手で頬を挟み込んできた。
そこに答えが書いてあるかの様に、じっと俺の顔を見つめながら話をしている。
『最初はやっぱり気を使って会話も多かったと思うんです。でも今の俺は多分カカシさんと一緒なのが当たり前になってきたから、敢えて会話しなくてもお互いに通じてると思っているんだと思いますよ』

そうやってさり気なく言われた言葉の意味に気付いた俺は、思わず真っ赤になってしまった。
そんな俺を見たイルカ先生は、嬉しそうに笑うとそっと俺にキスしてくれた。

珍しく彼から俺にくれたキスは、雄弁に彼の気持ちを俺に伝えてくれた。



俺の大事なイルカ先生は無口だ。

でも俺はそれを誰にも言うつもりは無い。

だって無口なイルカ先生を知るのは俺だけで良いから。

無口なイルカ先生は今日も俺に態度や視線で話しかけてきて、俺は無口な彼の饒舌な態度に同じく態度で答えていく。

『お互い言葉を交わさなくても通じる』って俺達二人が心が通じ合っているからこそ出来る『物凄く幸せな会話』だと思うんだ。

だからイルカ先生が俺に対して無口なままでも、俺は全く構わないんだ


<< カレーの日 | ホーム | 柔らかな檻 前編 >>


 BLOG TOP