プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Only one minute is fine

ツイッターで出た診断メーカーさんの「貴方はカカイルで『たった一分でいい』をお題にして140文字SSを書いてください。」と言うお題で描いたSSに書き足した話になり、話の大筋は変わっていません。
他のお方が出したお題でしたが書かせていただきまして、こちらにUPの許可もいただきました。
元のSSは下記になります。

「たった一分で良いから俺なあなたの時間をください」
俺の前にいるその人はそう言ってきた。
「一分で何かできるんですか?」
首を傾げ、半分茶化してそう言ってみる。
「一分で十分です。その一分で俺の事を絶対好きにさせて見せますから」
そう言って彼は俺に笑って見せた。

どちらの台詞がカカシさんかイルカ先生かは特に記してありませんので、読まれる方がお好きな風にとらえていただければと思います。

良ければ追記よりお読みください Only one minute is fine.

「お願いがあるんです」

目の前に立つその人は、そう言って俺に向かって話しかけてきた。

「お願い・・・ですか?珍しいですね。貴方が俺に頼み事をするなんて」
「ええ、多分初めてかもしれません」

今まで纏っていた穏やかな雰囲気と打って変わったどこか真剣な顔で、俺の事を見つめてきた。

「それでどんなお願いなんですか?」
「・・・一分で良いいんです。貴方の時間を俺にください」

少し躊躇った後に、彼は吐きだす様に一気にそう言ってきた。
何時になく真剣な彼の表情に、何となく気恥ずかしいような、どこか気まずいような雰囲気を感じてしまいワザと聞き返してみる。

「俺の時間ですか」
「ええ、そうです。仕事の話とか関係の無い、ただの一個人としての貴方の時間をください」
「それは構いませんけれども、一分ですか?」

首を軽くかしげると、半分茶化すような話し方で彼に向かってそう問いかける。

「はい、それで十分です」
「俺の時間を貴方に差し上げるのは構いません。でも一分で一体何ができるんですか?」

俺の言葉に軽く頷いて見せると、じっと目を見つめてきた。

「その一分間で・・・。貴方が俺の事を絶対に好きになる様にさせてみせますから」

そう言うと、彼は俺に笑って見せた。

<< Several square chocolate | ホーム | 週7日制 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。