プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き出しにしまい込んだ言葉

忍び設定の話です。書いていた現パラが長くなりそうなんでちょっと気分転換かねて診断メーカさんにお題いただきましたに。
3つの恋のお題ったーさんからお借りした『引き出しにしまいこんだ言葉/こんなに好きにさせておいて/君の手を握りしめて 』のなかの『引き出しにしまいことば』で、どこかもだもだしているイルカ先生です。
多分次がカカシさん視点、最後は二人の話になると思います。
少し後で訂正するかもしれません。
短い話ですが、良ければ追記よりお読みください。

引き出しにしまいこんだ言葉


「お疲れ様です、カカシさん(あなたがご無事で何よりです)」
「ああ、今日の受付はイルカ先生でしたか。すみませんが報告書お願いします」
「はい、お預かりしますね。ところで最近あいつらの調子はどうですか?(貴方の調子はどうですか?)」
「イルカ先生は本当に心配性ですね。あいつらを纏める俺の心配もしてほしいですよ」
「カカシさんなら何の心配もないじゃないですか(貴方の心配なら、あいつらの心配以上にいつもしていますよ)」

本当に話したい言葉は何一つ伝えられないまま、今日も俺は彼に向かって話しかける。
彼が去った後、今日も言いたかったけど言えなかった言葉をごくりと飲み込む。
そして俺は、飲み込んだ言えずの言葉達を、そのまま心の引き出しへとしまいこむ。


「寒さが一段と厳しくなってきましたね」
「そうですね。最近はアカデミーでの演習時間もきついですね」

偶然会った帰り道、寒くて口数が少なくなるがそれでもポツリポツリと会話しながら歩いて行く。

「本当に今日は一段と冷えますよね(でも俺は貴方に会えたんで心の中は暖かくなりましたよ)」
「早く帰って何か温かいモノでも食べたいですねえ。でも一人だと作るの億劫ですし、酒を飲むにしても一人だとどこか空しくてねえ」
「この時間だと、商店街によっても余り品揃えが良くないですからね(カカシさんは、誰かに作って貰ったりはしないんですか?)」
「イルカ先生もお惣菜と買うんですか?イルカ先生って、何となくきっちりと自炊してそうなイメージがありますよね」
「良く言われるんですけどね。やっぱり一人だと面倒な時も多いですし(誰かと一緒に食べるなら、作るのも楽しいと思うんですけど)」

そんな二人の間を北風がひときわ大きく吹きぬけて行く。
カカシさんは肩をすくめて呟いた。

「帰るころにはきっと、指先まで冷え切っちゃいますね」
「カカシさんはそれでも手袋をしているから温かいんじゃないんですか?」
「それがですね・・・逆に指先だけ出ているからか、物凄い冷えるんですよ。」

そう言って笑いながら、俺に向かって手をひらめかして見せる。

(俺の手結構温かいんですよ。カイロ代わりにどうですか?)

他の人相手ならそう冗談めかして、そう言えるかもしれない。
でも俺の横で少し赤くなった指先を擦り合わせているカカシさんの姿を見ると、喉がふさがってしまったかのように、やはり思う言葉を口に出すことが出来ない。
途切れながらもポツポツと会話しながら分かれ道に来ると、カカシさんは立ち止まり横へと伸びた道を指差してみせた。

「あ、俺はこっちなんです。イルカ先生はどちらなんですか?」
「そうなんですね。俺はこのまま真っ直ぐなんですよ(もう別れるなんて残念です)」
「じゃあここでお別れですね。イルカ先生と久しぶりにゆっくり話しましたが、どこか話足りない気がしますよ。じゃあ、おやすみなさい」

そう言うと彼は軽く頭を下げ、くるりと背を向け去って行ってしまう。
今ならまだ声を掛ければ引き止められる距離だから、今なら呼び止められるからと、思わず彼に向かって手を伸ばす。

(まだ話足りない気もしますし、良ければ俺の家で飲んでいきませんか?大したものは作れませんが、一人で食事するよりいいと思いますよ?)

でも喉元まで出かかった言葉はそこに防波堤があるかのように止まってしまい、伸ばした手は途中で力なく下ろされてしまう。
いつの間にか彼のその姿ははるか遠くまで歩み去り、今にも見えなくなりそうだ。

彼へのずっと言えずの言葉達は、いつの間にか心の引き出しから溢れそうなほどに溜まってしまっている。
貴方への言葉達が溢れ出る前に、何か一言でも良いから伝える事が出来ればいいのに。

そう強く思いながらも、その言葉達が俺の口から出てくる事は無く心の引き出しに次々としまわれていく。

そして俺は何も告げられぬまま、ただそっと彼の後姿を見送っていた。

<< こんなにも好きにさせておいて | ホーム | 始まりの前のイルカの話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。