プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなにも好きにさせておいて

昨日UPした診断メーカーさんの3つの恋のお題ったーさんからお借りした『引き出しにしまいこんだ言葉/こんなに好きにさせておいて/君の手を握りしめて 』のなかの『引き出しにしまいことば』の続きの話になります。
忍び設定で、もだもだしているイルカ先生に対して、イライラしているカカシさんの話になります。
夜中のテンションで打っていたので、あとでちょっと修正入れるかもしれません。
最後はちょっとしたおまけ程度の話ですが、明日UP出来ればな~と思います。
短い話ですが、良ければ追記よりお読みください・・・。 


こんなに好きにさせておいて

彼は何時も俺に向かってにこやかな顔をして話しかけてくる。
そうやって話した後、まだ何か言いたげな顔をして俺を見た後、そっと目を伏せ視線を逸らしてしまう。
言っちゃ悪いが、俺はモテる方だから、彼のその視線に好意のこもった色が含まれているのがすぐに分かった。
寄ってくる女は山の様にいるし、中途半端に手を出すと色々と面倒な事になるからあえて手を出していないが女に不自由はしない。
でも彼は、そんな女たちの様に付きまとう訳でもなければ言いよって来るでもなく、ただひたすら俺に向かってただ物言いたげな視線を寄こすだけだった。

こんなことを言っては酷い奴と思われるだろうが、最初は只の好奇心で俺から彼に近づいた。
男に向かって好意を抱くようには見えない、健全の塊のようなイルカ先生。
その彼が俺に向かって何と言って来るのか、と俺は内心面白がってイルカ先生からの言葉を待っていた。
でもイルカ先生は、いつまでたっても物言いたげな視線を向けるだけで何も告げることはなかった。
いつの間にか俺の周りには、イルカ先生から言葉の代わりに向けられる視線がどんどんと溜まって行くようだった。

(これはまずいんじゃないか?)

・・・そう思った時には俺は自分の回りに溜まっていった彼の視線に足を取られてしまっていた。
いや、まだその時ならまだどうにかして彼の視線を避ける事が、遠ざかる事が出来たのかもしれない。
でも俺に向けられる彼の視線は、うっすらと熱を帯びどこか心地良くて・・・。
その頃には彼のそんな視線を手放すのを、どこか惜しく感じてしまう自分がいた。
これはかなりまずいんじゃないか・・・と思いながらも、俺はそのままずるずるとイルカ先生の近くに居続けてしまっている・・・。


「イルカ先生、今晩は。今お帰りですか」
「あ、カカシさん。今晩は。はい、今から帰る所なんですが、カカシさんもですか?偶然ですね」
「ええ、偶然ですね。良かったら途中までですが、一緒に帰りませんか」

何処が偶然だ。
本当は偶然なんかではなくて、彼が終わるのを待ち伏せしていて、たまたま通りかかったふりをしているだけなのに。
俺はイルカ先生からいつか視線の代わりに言葉が紡がれるんじゃないかと思い、こうやって自ら彼と関わり続けている。
だけど彼の口から必要以上の言葉が出る事はなく、相変わらずそ物言いたげな好意を含んだ視線が俺に向けられている。

北風吹く道をポツリポツリと会話しながら二人で歩いて行き、やがて分かれ道にぶつかった。

「じゃあ、俺はこっちなんで」

取り敢えずそう告げると、イルカ先生は自分は違う道だと俺に向かって告げた。
そのまま沈黙が二人の間にストンと落ちてくる。
彼はきょうも何か言いたげな顔をしたまま、でもそれ以上何も話そうとはしなかった。

・・・その顔を見ると、最近は訳も分からずイライラしてしまう。

いや、訳が分からない訳ではない。
イライラの原因は本当はわかっている。
でも、心のどこかでそれを認めたくはない自分がいる。
彼から俺に好意を向けて来たんだ。
彼からそれを告げられるまでは、俺は何もしたくはない。
だけど、このまま一緒にいると彼に何か余計な事を言ってしまいそうだ。
自分でも大人気ないと思うけど、半ば意地になっている俺はイルカ先生にあっさりと別れを告げそのまま歩き去る。

後ろから何か言いたげな気配が、視線が追いかけてくるが、それに気づかない振りでそのまま歩みを進めていく。
そのまま歩いてると、背中を追いかけてきていた彼の視線がフッと逸らされたのが分かった。
その事に気付いた瞬間、思わず足を止めてしまう。
俺の後ろにある、もうこちらに意識を向けてはいないが、でもその場に佇んだままの彼の気配が気になって仕方がない。
いつまでたっても一歩踏み出そうとはしない、そんな彼にイライラしたどこかもどかしい想いが爆発しそうになる。

「あーっ!だからまずいと思ったんだよね。結局はそれに気づきながらも関わっていった俺の自業自得なんだけどさ!」

頭をガシガシと掻きながら、地面に向かって吐き捨てるように呟く。

ねえイルカ先生、わかって無いでしょう?
アンタからの好意のこもった視線が俺の周りに溜まりに溜まって、いつの間にか溺れそうになっているんだよ。
でも、俺だけがアンタに溺れるなんて許さない。
俺にアンタの事をこんなに好きにさせておいて、それでもアンタはまだ何も言おうとはしないんだ。
そろそろいい加減に覚悟を決めて、その好意を口に出して言葉して俺によこしなよ。
アンタも、こんなに好きにさせた責任を嫌って言うほどとって貰って、俺に溺れて貰うから覚悟しておいてよね!

俺はそのままくるりと後ろを向くと、しょんぼりと地面を見つめているイルカ先生に向かって勢いよく駆けだした。

<< 君の手を握りしめて | ホーム | 引き出しにしまい込んだ言葉 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。