プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の手を握りしめて

診断メーカーさんの『3つの恋のお題ったー』で出た「『引き出しにしまいこんだ言葉/こんなに好きにさせておいて/君の手を握りしめて 』の最後のお題『君の手を握りしめて』になります。
『引き出しにしまい込んだ言葉』『こんなに好きにさせておいて』の続きの話なんで、これだけ読んでも話が上手く通じないかと思います。
昨日UPしたかったのですが、金曜に床で変な体勢で爆睡していた為か昨日肩が上手く上がらず、UPが遅くなりました(後で若干修正入れるかもしれません)
出来ればまた明日も何か短い話UP出来ればと思います(ネタが浮かべばですが)
前回曖昧に終わらせておけばよかったな~と何となく思ったので、ちょっと若干蛇足的な感じもしますが、第三者視点の短い話になります。
短い話ですが、良ければ追記よりお読みください・・・。



君の手を握りしめて


少し足早に去って行くカカシの背中を、イルカは今日も何の言葉も掛けられないままじっと見つめていた。
少しでも視線を逸らせばすぐに消えてしまいそうな位に小さくなったその姿をただ見つめながら、今日も言えなかった言葉を飲みこんで心の引き出しにしまいこんだ。
瞬きもせずに見つめていたせいで視界が段々と滲んできて、こちらを振り向く事のないその後ろ姿を未練がましく見つめる自分の想いを断ち切る様にそっと目を伏せた。
そのまま瞼を閉じると、じんわりと広がる痛みと共に涙が眼球を潤してくれる。
イルカは項垂れるとそっと目を開け、寒さのあまり少し白くなった自分のつま先をただじっと眺めていた。
夜が更けるとともに一際強くなってきた北風が吹いてきて思わず肩をすくめる。
イルカは俯いたまま大きくため息を一つ吐くと、口から出ると同時に少しだけ口元を白く彩ったそれは、強く吹きすさぶ風に乗って瞬く間に消えていった。

ふと前方から殺気のようなただならぬ気配を感じたイルカは顔を上げる。
目を細め、何かと前方を眺めたイルカは勢いよくやってくる『ソレ』を見て思わず目を見張った。

「カ、カカシさん?!え?なんで?」

物凄い勢いで近づいてくるその姿をもう一度まじまじと見た後にきょときょとと左右を見回すが、周りには自分以外に何もなく一体何事なのかと慌てだす。
どう見ても自分に向かって走ってきているとしか思えないカカシに、イルカは訳が分からず軽くパニック状態になってしまう。
咄嗟に後ろを振り向くと、思わずそのまま先ほどまで歩いて来た道を勢いよく駆けて出していた。

    *****

くるりと後ろを振り返ったカカシは、そのまま後ろに小さく見えるイルカに向かって走り寄る。
身動きせずに下を向いていたイルカは、近づいて行くカカシの気配に気づいたのか、ふと顔を上げる。
自分に向かって駆け寄るカカシの姿を捉えるとなぜか何か辺りを見回し、そのまま慌てたように今まで来た道を戻る様に駆けだした。

「はあ?何それ。何で逃げ出すの?!」

イルカの思いもかけぬ行動に、カカシは一瞬足を止め眼を見張る。
軽く舌打ちをし小さく吐き捨てるように呟くと、更にスピードを上げてイルカの事を追いかける。
身体能力の差もあり、あっという間に追い付いたカカシはイルカに向かって手を伸ばす。

「ちょっとイルカ先生!何で逃げるのよ!」

その手はイルカの手を捉えたが、いきなり掴まれ驚いたイルカは思わずカカシの手を振りほどいてしまう。
手を振りほどかれ思わずカッとなったカカシはもう一度手を伸ばすと今度はしっかりとその手を摑えて強く引き寄せると傍にある塀に押し付ける。
荒い呼吸を少しでも楽にしようと口布を下ろすと、腕を掴んだもう片手を外しイルカの顔の横に両手を置き逃げられない様に囲う。

カカシはイルカの事をじっと見つめているが、イルカはそんなカカシの視線から必死に目を逸らしている。
人気のない静かな路地裏に、走って少し乱れたお互いの荒い呼吸の音だけが微かに響いている。
頑なにこちらを見ないイルカに焦れたカカシはため息を一つ吐くと、ゆっくりと話し始めた。

「ねえ、イルカ先生に間から聞きたかったんだけどさ。アンタ、俺に何か言いたい事があるんじゃないんですか?」
「・・・言いたい事って、カカシさんにですか?一体何の事だか・・・」
「誤魔化さないで!」

語尾をぼかし誤魔化し逃げようとするイルカに、カカシはぴしゃりと言ってのける。

「あのさあ、目は口ほどにものを言うって言うじゃない?イルカ先生自分で気づいていないかもしれないけど・・・。いつも俺と話した後にさ、アンタは何か物言いたげな眼をしているんだよね」

その一言を聞いたとたん、イルカは勢いよくカカシの顔を見た。
今までの態度で自分の気持ちがカカシにばれて居るとは思ってもいなかったらしく、驚きで目を見開いている。
ようやく目が合ったイルカの顔をカカシはじっと見ていたが、その口元がフッと和らいだ。

「その事を怒っている訳じゃないんだ。ねえ、イルカ先生?視線を寄こすんじゃなくて、自分の気持ちを話してよ。俺はアンタの言葉でアンタの気持ちを聞きたいんだよ」

カカシの言葉に戸惑いを隠せない様子のイルカは、それでもカカシの顔を見ようとはしない。
少し空いた口が何か言いたげに何度も微かに動くが、そこから何も言葉は出てこない。
だがカカシがイルカが話すまで待とうとしている様子を感じ、軽く唇を噛み締めた後で覚悟を決めたかのように話し出した。

「俺が・・・俺がカカシさんに・・・話したい事は・・・」
「うん。イルカ先生が俺に話したい事は?」
「カカシさんに話したい事が・・・俺にはいっぱいあるんです」

言葉を選びつっかえながらも話すイルカにの事を見つめながら、その先を促すかのようにカカシは優しく問いかける。

「・・・でもいつも話したいのに話せなくて。そんな事がありすぎて。いつも言えない言葉を自分の心の中に引き出しにしまうみたいにしまっていたんです」

イルカは縋る様に自分を囲うように置かれているカカシの腕を緩く掴み、話しを続ける。

「そうしているうちに、いつの間にか自分の中にそんな言葉達が溜まりすぎて溢れそうになって・・・いまさら・・・カカシさんに何から話せばばいいのか・・・俺にももう良く分からないんです」

眉根を寄せ、いつの間にか泣きそうな顔になっているイルカをカカシはどこか愛おしげに見つめていたが、自分の顔を少し傾けると軽く唇を重ねすぐに離した。
イルカは何が起こったのか理解できず、眼を見開き固まっていた。

「イルカ先生の心の中に、俺に話したい事が溜まっているんでしょ?」

カカシは顔を少しずらすと、イルカの耳元で囁いた。

「言いたいのに上手く言えないなら、こうやって口移しで俺の中にアンタの気持ちを移して?」

そう言うとまた軽く唇を重ねすぐに離す。

「実は俺もね。イルカ先生の視線がどんどん溜まっていって、もうアンタに溺れそうになっちゃっているの。でもさ、俺一人だけアンタに溺れるのって何か悔しいじゃない?だからアンタにもこうやって俺の気持ちを移すから、アンタも俺に溺れて頂戴」

イルカの顔を少しの間見つめた後、又顔を軽く傾けて軽く唇を重ねる。
今度は一呼吸置く位の間重ねられていた唇がゆっくりと離れていくと、今度イルカがおずおずと話し出す。

「俺は・・・カカシさんが・・・」
「うん、俺が?」
「カカシさんの事が・・・好きなんです」
「ありがとう。俺もイルカ先生の事が好きですよ」
「夢・・・見ているみたいです」
「夢じゃないですよ、ほら」

そう言った後で、又ゆっくりと唇が重ねられる。
今までで一番長い時間触れ合っていた唇が離れた時、お互いの顔がほんのりと紅に染まっていたのは、決して寒さのせいではなくて。
そんなお互いを見て更に赤くなった顔で、思わずふんわりと微笑みあう。
イルカの事を閉じ込めるように、囲うように置かれていたカカシの手がゆっくりと外される。
縋る様にその腕を掴んでいたイルカの手もそっと下ろされ、そのままカカシの腕を滑り降りる。
カカシはイルカの手を、イルカはカカシの手を捉える。
その手は今度はふり払われる事は無くて・・・。

そして・・・そして今度こそしっかりと、君の手を握りしめる


<< 芋酒735様より漫画を戴きました | ホーム | こんなにも好きにさせておいて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。