プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~おまけの木の葉探検隊~木の葉レンジャーとお茶会編

現代パラレル リゾートホテル木の葉へようこそ「おまけの木の葉探検隊」~木の葉レンジャーとお茶会編~になります。 
昨日UPした本編と続けて書いてもおかしくないというか最初はここまで書こうかなとか思っていたのでこちらにUPさせていただきました。
イビキさんと探検隊の5人がお茶しているだけの話です。
会話が多いのでどれが誰だかイメージすると二度楽しめる?!・・・かも。

ちなみに忍戦隊の他には「中忍戦隊・・・中忍の数が足りない」「上忍戦隊・・・子供じゃなくて大人向け18禁的な内容になりそう」などとも考えてました。夜中のテンションって怖いです。
ちなみに上忍戦隊は万年中忍のイルカ先生が上忍に戦いを挑み毎回負けるたびにカカシ先生に攫われてイチャパラ的な内容になるというまことに18禁的な内容でございました。

脇道にそれまくりましたが読もうかなと思う方は追記からお願いします・・・。


~その後の木の葉探検隊~木の葉レンジャーとお茶会編


『イビキさん失礼しまーす。』『お疲れ様です。お言葉に甘えます。』『昨日はありがとうございました』『なんか俺まですいません。』『イビキさん今日のデザートなんっすか~』
皆口々に挨拶しながらベーカリーに入る。
「おう、お疲れ様。皆疲れただろう?甘い物でも食べて一服していけ。」
イビキさんがお客様に出せないような部分のケーキなどをお皿に綺麗に盛り付けして一人一人に配ってくれる。
「申し訳ないが出せない部分だからいろいろな種類があるぞ。好き嫌い言うなよ。紅茶は今用意するから待ってな。」
「うわっ美味しそう!!折角だから写真とってもいいですか?」
「ああ構わないぞ。撮るなら控え室から取ってきな。」
「なあイルカ?折角だから今度は隊長も一緒に写真撮ろうぜ。いいでしょ?隊長?」
「なんだ、アオバ?お前いつから隊長になったんだ?」
コテツがイビキさんに得意そうに説明しだす。
「じゃあ俺写真撮るのにちょっと取って来ます。」
立ち上がって向かうとヤマトさんもついて来た。
「イルカさん、僕も写真撮りたいんで一緒に行きます。」

控え室の扉をノックして入ったが流石にはたけさんはいなかった。
思わずそんないつもいつも居る訳無いよなと思いそんな自分がおかしくて思わずちょっと笑ってしまいヤマトさんに『どうしたんですか?』と聞かれてしまった。
「いや、いつも開けるとかなりの確立ではたけさんがいるから。今も思わず居るかと思っちゃって。こんな時間に控え室に居る訳ないのになって考えたら可笑しくなってきちゃって。」
「あー先輩の地味な努力ですね・・・。」
努力?はたけさん新しいメニューでもここで考えてるのかな?
二人でスマホを用意し控え室を出ようとするとヤマトさんに呼ばれ振り向く
「イルカさん。今日は色々ありがとうございました。」
何か改まってお礼を言われてびっくりした。
「ななな何なんですか?ヤマトさん?俺何もしてないですよ?」
「いえ、僕が言いたかっただけなんです。気にしないで下さい。」
「そうですか?じゃあ行きましょうか?」

ベーカリーに戻って折角だからとイビキさんに又写真を撮ってもらう。
「やっぱり隊長は真ん中でしょ!!」
とコテツが言い張り何だか最終的にはみなポーズを決めながら写真を撮ってもらう。
「イルカさん折角だからケーキと一緒に写真撮ったらどうですか?」
との言葉に甘えてお皿を持った格好でヤマトさんに撮って貰った。
「後で赤外線で送りますね。」
『じゃあ食べるか?』とイビキさんが言ってくれたからありがたく皆でいただく事にする。
「「「「「いただきまーす」」」」」

「イビキさんイズモの食べてるのって何ですか?後俺のは?」
「コテツ落ち着け・・・。イズモのはフロマージュバナーヌ、バナナののせて焼いたチーズケーキだ。コテツのはチェリーとブルーベリーのアーモンドタルト。ついでに言うとヤマトが胡桃とイチジクのクランブルタルトでイルカがゼリーとイチゴのムースを挟んだショートケーキでアオバはガトーショコラだ。」
イビキさんは一つ一つ丁寧に説明してくれる。
「週末だから色々作ったがブッフェ用には他にもあるから。説明のプレートも用意したがイズモとイルカは後でちゃんと覚えてな。」
折角だからと皆ちょこっとづつ交換したりして『女子かよ!!』なんてツッコミを皆で入れたりしていた。

「そう言えばさっきの写真のポーズってどっちかと言うと戦隊っぽくなかった?」
アオバさんが言い出しコテツが考え込む。
「うーんじゃあ忍戦隊木の葉レンジャーとか?」
「・・・コテツ俺は昔から思っていたんだが。お前ってネーミングセンスないよな?なんだよ『しのびせんたい』って・・・。」
「いや何か格好良くない?」
「じゃあ誰が何の配役なんだ?」
イビキさんに聞かれて皆で悩む。
「シズネさんはオペレーターっぽくない?」
「やっぱり綱手支配人はすぐいなくなりそうだけど司令官かな?」
「それでシズネさんが慌ててるんじゃないっすか?」
「紅さんは敵の女幹部だよ!鞭とか持ってそう。」
「アンコさんも敵の変な改造とか武器とか作ってる博士とかどうですかね?」
「いやその役はハヤテも捨てがたい。何か研究室でビーカーとか謎の煙でてるフラスコとか似合いそう。」
「じゃあアオバさんは眼鏡だからこっちの博士で。」
「コテツ・・・。お前眼鏡を馬鹿にするな・・・。」
「ゲンマさんはどうする?」
「ゲンマさんはいっそ戦隊の中の一人でも良いんじゃないかと僕は思います。」
「ガイさんは・・・。いつもピンチの時に来てくれる途中まで敵か味方か分からない人とか?」
「おいおい、あいつは正体隠すのなんて無理だ・・・。」
「いっそのことマスコットキャラ的なのはどうっすかね?」
「アスマさんは?敵っぽいよね。」
「はたけさんはそれこそ敵の指令官っぽくないですか?何か帽子かぶってサスペンダーみたいのして眼帯して短い鞭持って・・・。」
「うわっイルカそれはハマリ過ぎだろう・・・。」
「先輩確かに似合いそうですけど・・・。」
「何か忘れてるような・・・。」

話をしている間にイビキさんが紅茶のおかわりを入れてくれた。
「これを飲んだら皆仕事に戻れよ?忘れてるのは俺じゃないか?そう言えばじゃあ俺は何になるんだ?」
とイビキさんに言われ皆で考える・・・。
「イビキさんは何だろうな~。」
「敵じゃないっぽい感じが僕はします。」
「イビキか・・・。いっそ戦いが終わった後に皆が行く喫茶店のマスターとか?」
「・・・アオバお前紅茶返せ。」
「オペレーターも違う気が・・・。」
「あーっいっそ皆で乗り込むロボットの役とか?!」
「「「「あっいいかも!!」」」」
「・・・。お前達なあ!!何でロボットだ!!ケーキ返せ!」
「「「「「ご馳走様でした!!」」」」
イビキさんが笑ってるからつられて皆笑い出す。

ガチャっとドアが開いてはたけさんが入ってきた。
「イビキ~明日のパンなんだけどって何?!この集団!アオバまで!!あんた達何してんの?!」
「あっ司令官だ。」
「お疲れ様です。はたけ司令官。」
「は?司令官?何言ってんの?」
はたけさんが入ってきたのをきっかけに皆片付けを始める。
いまだ訳判らずといった顔のはたけさんは(入ってきていきなり司令官とか言われたらそりゃ分かんないよな)イビキさんと話を始め片付け終わった俺たちは又何となくアオバさんの前に並ぶ。
「じゃあ今度こそ木の葉探検隊解散!!」
アオバさんが号令をかけるとヤマトさんがボソッと
「でも二度ある事は三度あるって言いますよね・・・。」
なんて言っちゃうから又笑い出した。

「・・・ねえイビキ?あれは何の集団なの?探検隊って?解散って?ところでそれより俺が司令官ってなんなのよ?」
「まあ気にするな。ロボットやマスコットキャラよりいいと思うぞ。」

木の葉探検隊今度こそ解散。
大変楽しい探検でした!



あっ!!そう言えばライドウさんの事すっかり忘れてた・・・。


<< 週末のUP予定と雑記とコメントレス | ホーム | 宿泊10日目~僕らは木の葉探検隊~後編 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。