プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 山城アオバの場合~案内~

*WEB拍手より移動しました

現代パラレルリゾートホテル木の葉へようこそ番外編「山城アオバの場合~案内~」になります。
宿泊8日目「僕らは木の葉探検隊」前編から~おまけの木の葉探検隊~辺りまでのアオバ視点の話です。

良ければ追記からお読み下さい・・・。







 番外編 木の葉探検隊 山城アオバの場合~案内~

「ごめんアオバ君頼みたい事があるんだけど?」
フロント業務に入ろうとしたその時シズネに声をかけられた。
「何?何か難しいお客様でもいらっしゃるのか?」
俺の勤務は基本ドアマン兼ポーター兼フロントで今日は同じ業務を担当しているガイがドアマン担当で俺がフロント担当になっている。
シズネは続けて
「実はね、これからこの前来たイルカ君や他のレストランの子達を館内案内する事になっていたの。でも綱手様ったら午前中に終わらせてくださいってお願いしていた書類から何から全く終わらせていなくて・・・。多分見張ってないと無理だから申し訳ないんだけどアオバ君お願いできないかと思って。」
と申し訳なさそうに続けた。
「フロントが人手が足りているなら俺は構わないけど。館内案内って何をするんだ?」
「ほら、イルカ君レストラン勤務だからこれからお客様に館内について色々聞かれる事も増えてくるでしょ?館内案内図は渡してあるんだけど地図で見るのとやっぱり実際に見るのでは違うし説明する時も詳しく出来るじゃない?彼らにはただの見学時じゃなくてお手伝いして貰いながらの見学だって話はしてあるから。悪いんだけど客室に備品の補充しながらバーとか軽く案内してもらえないかな?4人来るから2組に別れて補充させてアオバ君がチェックする形で。あっ、ちょっと注文の多いお客様の客室はアオバ君がやってくれる?」

うーん今更だけど今までは新入社員とか後輩とか特にいなくて。俺って教えてもらう事があっても教える立場になった事が無いんだよな・・・。
知らない奴らじゃないけど・・・。やばっ緊張してきたかも。
なんて考えながらワゴンに補充用の備品の用意をしていく。
四人来るなら二組に分けて俺も入れてワゴン3台あれば良いかな?なんて考えて出しておく。
今日の客室用のウェルカムのお菓子はイビキの所から彼らが持って来てくれることになってるから取りに行かなくても良い筈。
なんて考えながら用意していたらレストランの方から何だか賑やかな声がしてきた。
最初は何て言おうかな?なんて考えてやってきた彼らに挨拶をする。
すると俺の顔を見ていたコテツがいきなり『隊長だ!』といきなり言い出した。
回りも口々に『隊長か!!』『そうか隊長だ!!』なんて言い出すから思わずはぁっ?と思ってなんていってしまった。

コテツが言うにはここに来るまでに皆で木の葉探検隊なるものを結成したらしい。
でも何か足りない足りないと皆で言いながら来たらそこにちょうど俺がいて『もの足りないものは隊長だったんだ!』となったそうな。
いきなり隊長とか言われたからビックリしたよ。
「その前にコテツが女子隊員が足りないのかとか話していたんですよ。」
とイズモが言えばコテツも
「こいつら酷いんですよ!言い出しっぺだから俺にリボン付けて女子隊員になれとか言うんですよ!」
と泣きついてきた。
変な言い方かも知れないけど今までどうやってやればうまく教えれるかとか結構緊張していたみたいだけどそんな話をされて緊張なんかどこかにいってしまったみたいだった。
思わず笑いながら『俺も子供の頃は憧れた』とかそんな話を思わずしてしまい、その流れで思わず調子にのってじゃあ隊長っぽく『各自装備の点検をする事』なんて言ってしまう。
フロントでもドアマンでもない微妙な仕事の時間だからか我ながら妙にノリが良いかもなんて考える。

思わず探検隊出動!!って言ってしまったらそこは出発でしょとツッコミが入った。
あー何か良いなぁこんな感じ。
普段はガイや紅やアンコ達と仕事し当たり前だけどふざけるとかも無い。
いや勿論お客様いるときは彼らも真面目だろうけど。でも今はいないんだし折角だから俺もこのノリに付き合ってもいいよね。
うわー何だか凄い楽しくなってきた。
何だか浮かれた気分でワゴンを押して進んでいく。
途中でイズモとイルカが自分達が働いている所が良く見えると喜んでいた。
何時もは逆から見ているから不思議と言うか楽しいんだろう。
でもここからレストランが見えるって事は逆にここを通るお客様からも見えてるって事なんだよなと思ったらついつい自分が普段から気を付けなくちゃと思っていることを語ったみたくなってしまった。
うわー何か恥ずかしい?というか俺おっさん?
照れ隠しに眼鏡を拭いて誤魔化したらなんかコテツに『感動しました』とか言われて・・・内心感動してるのはこっちだよとか思いながらワゴンを押して進んでいった。

補充の流れを一通り説明し調子に乗って『探検開始!!』なんて言ってみたら皆に敬礼されたよ!!
思わず皆で噴き出しちゃったけどこいつら本当に面白いなあ。
普段真面目なヤマトまでノッってるもん。
ヤマトがこんなに笑ってるのなんて見たの始めてかも・・・。
何だろう?イルカが上手い事皆の事つないでいるのかな?
ヤマトなんか特にちょっと遠慮気味な所があるし。
なんて思いながら俺も各部屋の補充をしていく。
遠くから『うわっこの部屋も凄くない?』とか『ここ天井までガラス張りですよ!!』とか驚いている声が聞こえてくる。
ちゃんと探検してるのかな?自分の分の補充やチェックが終わった俺は隊員達の仕事っぷりを確認すべく向かっていく。

思った以上に彼らはしっかり仕事をしてくれていて俺が直す箇所はほとんど無かった。
戻った時に何だかヤマトが晴れ晴れとした顔をしていて、いつも仕事場なんかはカカシ達と一緒な事が多いけどこういう風に同年代と一緒に過ごすのもヤマトにとって良いんじゃないかと思った。
バーなどを案内してフロントに戻ろうとするとこいつら整列して『隊長ありがとうございました!』だって!!
俺も『ではこれにて木の葉探検隊解散!!』なんて言ったけど内心うるっときちゃったよ。
こいつら素直でいい奴らだなあ~。
終了の挨拶しようとすると支配人は書類が終わったらとっとと居なくなったらしい。
相変わらずだよなあ~。

シズネに言われて俺もイビキのところで休憩させてもらう事に。
折角だからとコテツに言われ木の葉探検隊で写真を撮る。
今度は戦隊モノの話なんかしだして盛り上がる。
いつものような週末の勤務のはずが思いがけなく楽しい時間を過ごした。
まあ可愛い隊員達、必要だったら隊長役いつでも引き受けるからね。


あれ?そう言えばさっき戦隊モノの話した時ライドウの名前出たっけ?

<< あなたのしあわせ わたしのしあわせ? | ホーム | 一寸一服 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。