プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

それ行け忍戦隊木の葉レンジャー(予告編風)

こちらは現代パラレルのリゾートシリーズの中の『おまけの薔薇と胡椒』ので出てきた忍戦隊なるものから発生したギャグっぽい話です
最初に書いておきます。物凄くふざけた内容です。
先日番外編をUPしたWEB拍手でアンケートとらせていただいたんですがその時にレス不要でいつもコメントをいただいている方から「忍戦隊も読んで見たいがリゾートシリーズも進めて欲しい。どうせなら忍戦隊のさわりの部分だけでも見てみたい・・・。」とリクエストと言うかご意見いただきました。
他にエロは良いがほのぼの感が無くなるのはいやだなというご意見も。
さわりの部分か~と思って考え付いたのが映画館で見る『予告編風』
考え付いたら一気にネタがぶわっと浮かびまして・・・あっそんな訳でエロは無いです。

あくまで予告風なので特にオチはありません。
映画の予告を見る感じで読んでいただければと思います。

では怒らない覚悟の出来た方は追記からどうぞ・・・。

それ行け忍戦隊木の葉レンジャー(予告編風)
口に咥えた千本でどんな敵でも仕留めてみせる!!不知火ゲンマこと木の葉レッド
自然を破壊する奴らは僕が許しません!!緑を愛するヤマトこと木の葉グリーン
どっちだっけと聞かないで!!実は水遁使いです!神月イズモこと木の葉イエロー
武器の名前がわかりません!!書類整理も得意です!はがねコテツこと木の葉ブラック
火の意思は俺が守る!狙ったチョークははずさない!うみのイルカこと木の葉ブルー
    5人合わせて忍戦隊木の葉レンジャー!!

説明しよう!木の葉レンジャーとは悪の司令官ハ・ターケ率いる悪の軍団スケアクロウと日夜問わず戦う正義の集団なのだ!!

出会いあり・・・
「あの・・・この巻物落ちましたけど貴方のじゃないですか?」
「あっすいません!ありがとうございます。・・・あの。・・・その。良かったら突然で申し訳ないんですけど!!お礼にお茶でも一緒にいかがですか?」
「そんな・・・。俺はただ拾っただけですよ・・・。」
「いえ!お願いします!!あの、その、そう大事なものなんで助かりました!!あの俺はカカシ、はたけカカシって言います!!」
「じゃあお言葉に甘えて。俺はうみのイルカって言います・」
「イルカさん・・・。いいお名前ですね。」

笑いあり・・・。
「皆聞いてくれ開発中の巨大ロボット『マイト・ガイ』がついに完成したぞ!!」
「本当か?アオバ?!」
「ああライドウ本当だとも。皆今すぐ格納庫に来てくれ!!」
「・・・おい、アオバ。本当にこれか?」
「そうだぜ!ゲンマ俺の持てる力を全て注ぎ込んで作り上げたさ!!」
「アオバ、今度何か作る時は俺に一回デザインを見せろ・・・。」
「判りました。イビキ司令官!!どうしたあまりの素晴らしさに声も出ないのか?!」
(((((おいおいむしろ逆だよ!!)))))
「あのーアオバさん聞いてもいいっすか?」
「なんだ、コテツ?何でも聞いてくれ!!」
「なんであんなオカッパ頭なんっすか?」
(((((良く聞いたコテツ!!)))))
「良くぞ聞いてくれました!あそこは自信作なんだ。何かあったときにボタン一つで『ヅラブーメラン』として敵に攻撃出来るんだ!!」
「・・・おいどうしたんだ?皆下向いちゃって?あまりの素晴らしさに感動したのか?」
「・・・アオバ。お前今度は企画書の段階から逐一俺に見せろ・・・。」
「???判りました、イビキ司令官。今までお前に一任するって言ってくださったのにどうしたんですか?」
(((((アンタの趣味が悪いからだよ!!))))

戦いあり・・・
「イビキ司令官!!大変です、一足先に現場に向かったライドウ副司令官と連絡が取れなくなりました!!」
「落ち着けシズネ!!ラボのハヤテに連絡を取って発信機が生きているか確認を取れ!アオバに小型探査機を出すよう伝えろ!!」
「ラジャ!!」
「シズネ、あと現場に向かっているレッド達に気を抜くなと伝えるんだ!!」
「イビキ司令官、ライドウ副指令の反応見つかりました!!レッド達が向かっているのとは逆方向です!!」
「本当か?まさか・・・陽動作戦か?!ハヤテは引き続きライドウの位置の詳しい確認を頼む!レッド聞こえてるか?」
「聞こえてます!!イビキ司令官こちらも今から向かうっす!!ハヤテは座標がわかり次第こっちに送ってくれ!!イエロー、ブラック、お前たちはハヤテから来次第データを送るから。ひとまず先に探査機に向かうんだ!」
「了解です。イエローとりあえず乗り込むぞ!」
「行くぜブラック!!ライドウ副指令を探すんだ!!」

別れあり・・・。
「そんな・・そんな・・カカシさんが、カカシさんが悪の司令官ハ・ターケだったなんて!!嘘でしょ?嘘だって言ってください!!」
「ごめんイルカ・・・。俺たちは・・・俺たちは出会っちゃいけない運命だったんだ!!」
「そんな・・・俺のことを好きだって言ったのは嘘だったんですか?!」
「嘘なんかじゃない!!嘘じゃないんだ・・・でも・・・。」
「抱きしめて誤魔化すのは止めてください!!俺が惨めになるだけじゃないですか!!」
「・・・イルカすまない!!(ドスッ)」
「カ・・・カカシさん・・・何を・・・」
「イルカ、好きだよ・・・。でも俺たちは出逢っちゃいけなかったんだ。イルカと一緒に居たい。でも俺は・・・俺は父さんを見殺しにした奴らを許す事が出来ない!!」
「カ・・・カ・・・シさ・・・ん」
「さよならイルカ。次に・・・次に会うのは敵同士としてだ!!」

裏切りあり・・・
「イビキ司令官、大変です!!修理し終えた木の葉ブレードを持ってハヤテがいなくなりました!!」
「本当かシズネ!!良く探したのか?」
「はい!影も形も見当たりませんでした!」
「大変です、イビキ指令!!開発中の新薬も一緒に無くなっています!!」
「何だと!?アオバそれは本当なのか?!」
「そんな・・・ありえない・・・。ハヤテが裏切るだなんて!!そんな馬鹿な事あってたまるか!!」
「ゲンマ、ハヤテに付けていた木の葉マーク型発信機はロッカーに畳まれた制服と一緒に置かれていた。ハヤテは自分の意思で出て行った事には間違いないだろう・・・。」
「そんな馬鹿なことがある訳はない!!ハヤテが俺を置いていくなんて!!」
「ゲンマさん・・・。」
「イルカ、俺は絶対にハヤテを取り戻す!!どんな手を使ってもな!!」

「テンゾーまさかお前がそっちにいるとは夢にも思わなかったよ・・・。」
「・・・先輩こそお元気そうで。それよりイルカさんを泣かせてまでそんなに復讐することが大事なんですか?!自分の幸せを少しは願っても良いじゃないですか?それに僕はテンゾーじゃありません!その名は捨てました!!今は・・・今は・・・『忍戦隊木の葉グリーン』のヤマトです!!」
「煩いよ!!いつから俺に意見できるような立場になったの?そう言えばお前とは本気でやりあった事が無かったね?いい機会だ。試してみようか?!」
「いつまでも昔の僕と一緒だと思わないで下さい。僕の初めて出来た大事な友達を!イルカさんを泣かせた貴方は僕が倒す!!」
「誰に向かって話してると思ってるんだ!!生意気な口をきいたこと後悔させてやる!!」

そして再会あり・・・
「皆に新しい仲間を紹介する。木の葉シルバーだ。入りたまえ木の葉シルバー!!」
「イビキ司令官・・・。まさかひょっとして?!」

「・・・木の葉シルバー。いえ、カカシさん。・・・やっぱり木の葉シルバーはカカシさんだったんですね。」
「イルカ・・・。あの時はごめん・・。」
「いいんです。俺まだ夢を見ているみたいで・・・。まさかカカシさんと一緒に戦う事が出来るだなんて!」
「俺はずっと誤解していたんだ。・・・俺の本当の敵は。・・・父さんの敵は暁の奴らだったんだ!!」
「カカシさんの敵は俺の敵!!俺にも手伝わせてください!!」
「・・・イルカ。・・・一度は裏切った俺を許してくれるのか?」
「だって許すも何もカカシさんは今こうして俺の前にいてくれるじゃないですか・・・。」
「イルカ・・・。」

そして・・・
「くっ暁め!だが今度こそイルカは俺が守る!イルカ今のうちに逃げるんだ!!」
「カカシさん!!俺も一緒に戦います!!」
「いいから逃げろ!!テンゾー!イルカを頼む!!」
「カカシさーーーーん」
「ブルーここは一旦戻れ!!カカシさんの!木の葉シルバーの!犠牲を無駄にする気か?!」
「何のために先輩がブルーを逃がしたと思ってるんですか?!」
「だけどレッド、グリーン・・・。」
「とにかく一旦退却するんだ!!」

「嘘だ・・・。嘘だ・・・。あの人がいなくなったなんて俺は信じないーーーーっ!!」
「・・・イルカさん、先輩の分も僕達が戦わなくては!!」
「あの人を!俺のカカシさんを奪った暁を俺は絶対に許さない!!」


暁との戦いの行方は?!
そして行方不明になったカカシをイルカは見つけることが出来るのか?!
  「忍戦隊木の葉レンジャー」近日公開!!

*今なら親子ペア前売り券をご購入の方に可愛いマスコットキャラ九尾の狐『キュービー』か変身ロボ『マイト・ガイ』(ヅラ着脱可能)のストラップを先着各5000名様にプレゼント!!
(数に限りがございます。なおストラップは選べませんのでご了承ください。)

同時上映『本日開店 イビキの森のケーキ屋さん「えっ最初のお客様は森の動物たち?!ケーキと果物で等価交換?!の巻」』



はい、すみません。調子に乗りました。
ほら自分でキリバン踏んだし好きにしてもいいかな~とか?な~んてね。
でもぶっちゃけ書いていて凄く楽しかったですし物凄い勢いで書き上げました。
ちなみに同時上映を考えるのが一番萌えました・・・。
後ドスッはおなかを殴って失神させた音です。

こちらは公開予定?連載予定?は今のところ考えて無いですがとりあえずこの予告編書かせていただいてある意味十分満足させていただきました。
自己満足でしたがこんなくだらない予告風読んでいただきありがとうございます。
って言うかこんなふざけた話なんざ読みたい方もそういなかろうて(笑)
どうせなら上忍戦隊も予告風だけかければいいかなと思っております。

アオバさん趣味悪くしてごめん。
そう言えばライドウさん仲間になったけど行方不明だわ・・・。
ライドウさんの戦いはまだまだ続く!!
すいません、明日(21日)はライドウさんの番外編UP予定です。

そして最後にMさん、Iさん貴重なご意見ありがとうございました。

<< 番外編「並足ライドウの場合~視点~」 | ホーム | サーチ登録一ヶ月経ちました(日記・雑談です) >>


 BLOG TOP