プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編「並足ライドウの場合~視点~」

こちら現代パラレル「リゾートホテル木の葉へようこそ」から番外編『並足ライドウの場合~視点~』
時事列としては番外編のゲンマ編辺りの話でイルカが来る前のレストランでの異変に気付く話です。

良ければ追記よりお読み下さい・・・。






並足ライドウの場合~視点~


どうも、並足ライドウって言います。
一応ここ木の葉ホテルのレストランで黒服来て主任させていただいてます。
2年前にこのホテルが大幅改装して新規営業始めた際に今ここで支配人やってる綱手様・・・いえ綱手さんにに引き抜かれて来ました。
何だか知らないけど綱手様って呼んじゃうんですよね。
あっ皆お客様の前ではちゃんと気をつけていますよ。
一応ソムリエの資格もってます。
バーに入ることもあるんで良かったら一度いらしてください。
貴方にぴったりなカクテルを作らせていただきます。
彼女ですか?・・・えーっと申し訳ないけど聞かないでもらえるとありがたいです。
はあっいない歴何年かって?!・・・今日はいい天気っすね~。
ハヤテ、イズモとずっと一緒のホテルで配膳として働いていたゲンマを綱手・・・さんと相談して引き抜いてこっちにきました。
他の部署の人達も綱手さま・・・じゃなくて綱手さんがって・・・あーっ!!もうめんどくさいんで綱手様で呼んでいきます!!
そう他の部署のスタッフも綱手様が引き抜いた、あるいは引き抜いた人が声をかけた人達なだけあり特に大きな問題もなく、揉めごと何かも特に無く、働いてきました。
奴が来るまでは・・・。

俺が最初に感じたのは小さな違和感だった。
最初は3月に入り春休みやらちょっとかなり奮発して卒業旅行きたお客様やらで忙しくなってきたからかとも思った。
何がどうしたと言う訳じゃないんどけど小さなトゲのようなちょっとした違和感。
何となく変な感じだけど妙に気になる、でも普段はその存在に気付かない・・・。
そして俺が違和感を感じた少し後からゲンマ達の様子が何となくおかしくなってきた。
お互いにイライラしていると言うかピリピリしていると言うか何と言うか。
あいつら何か喧嘩でもしたのか?とも思った。
が、酷い言い方かも知れないが仕事が関係ないプライベートの問題なら下手に手を出さない方が良いかと思い放置しておいた。
それが事態を悪化させてしまった。
普段の割と暇な時期は何とか回しているけどやっぱり時々忙しい週末なんかには紅やアンコの手を借りる。
だがゲンマがそれに対してあまり良い顔をしなくなってきた。

「アオバ~お前暇か?」
「何だ?ライドウ?お前から来るなんて珍しいな?今日は見ての通り暇だぜ。」
「じゃあすまんが一杯付き合ってくれ。何かあまり美味しく呑めないかもしれないんだがな。」
同期のアオバの部屋に行って一杯付き合ってもらう。
アオバはフロも済ませた後らしくベッドに転がって雑誌を見ていたが俺が入っていくと起き上がって小型の冷蔵庫から色々取り出してきた。
最初は一人で部屋で呑むつもりだったんだが何だか悪酔いしそうなので止めた。

ここは皆呑むのが好きなんで割りといつも誰かの部屋で呑んでいる。
だが今日はレストランとは関係のない奴と呑みたかった。
他にアオバと一緒の部署のガイもいるがあいつと呑んだとしても『何だ~悩み事か?ライドウ!!お前青春☆してるな。』で終わる気がする。
青春てあいつは俺いくつだと思ってるんだよ!!全く・・・。

「んで?ライドウ?お前何があった?聞いて欲しいか?そのまま只呑むだけにするか?」
「・・・じゃあ聞いてくれ。何があった訳じゃないんだが何か変なんだ。」
最近感じている違和感の話をアオバにしてみる。
こいつとも付き合い長いから良く知っているが根は真面目なんだよな。
酒飲むと性格変わるけど・・・ってそれは俺も人の事言えないか。

「ライドウ、お前違和感を感じたのっていつ位からだ?」
「うーんと3月入ってからだな。今が3月末だろ?何となくな感じが酷くなってきたのは特に中旬くらいから最近にかけてかな?」
「・・・その頃何があったかわかるか?」
「何がって春休みシーズンだろ?まあそれなりに忙しくなってきたけど特には・・・あっ?!ひょっとして・・・。」
「はい、多分お前が考えている事で正解!新しいスタッフ入ったよな?」
「でもあいつ真面目で良くやってくれていると思うぜ?」
「そりゃあお前の前だからだろう?ゲンマは普段の仕事の他に何してるっけ。」
「・・・期間限定で入った配膳スタッフの教育。そしてそのフォローをお願いしている・・・。」
「あいつらの態度と言うかお前の感じている違和感日によってムラがないか?何でだか判るか?」
「・・・新しく入ったあいつが居る時と居ない時って事か。」
「はい正解!!お前は近くにいすぎて見えてないんだろうけどな。俺なんか食事の時に行くだけでも感じるぜ?お前の前では上手く猫被ってるんだろうが視点を変えて良く見てみな?今に化けの皮剥がれるから。」
「・・・悪いな、アオバ。」
「一つ貸しだな。俺とお前じゃ視点が違うんだろ。近すぎると見えないことも多いだろうが?さて今度何してもらうかな~。ほら取り敢えず呑もうか。今度は少しは美味しく呑めるんじゃないのか?」
「視点を変えるか・・・。最近仕事に慣れてそんな事忘れていたのかもな。」

ゲンマ達には申し訳ないんだが少しだけ観察させてもらう事にした。
だがやはりアオバの言ったとおりだった。
アオバの言ったように視点を変えてみて見ると彼のボロが段々見えてきた。
そしてそれをフォローするために走り回るゲンマとゲンマのフォローをしようとして断られ不機嫌になるイズモと心配そうに見ているハヤテ。
ゲンマの顔色はだんだんと悪くなり最近ではハヤテとお揃いかよ!!って感じで目の下に隈も出来てきた。
もう限界じゃないか?
何回かゲンマに聞いてみたがまだ不慣れなだけじゃないか、もう少し俺がフォローしますと言葉を濁す
本人にも何回か注意したが基本的に俺が居るときは巧妙にうまく立ち回っているためきつめに注意する決定打がない。
逆に俺が見ている事に気付き俺が居るときは手を抜かないようになってきた。
先日の俺の休みの日にももキッチンのチーフであるカカっさんに物凄い勢いで謝っていたらしい。
一応ゲンマも報告はくれたが詳しくは話してはくれなかった・・・。
ゲンマは責任感の強い奴だし以前彼が働いていた職場から派遣されてきているのもあって自分が何とかしようと思ってるんだろう。

「綱手様頼みがあるんですが?」
「何だ?ライドウ言ってみろ。」
「今度宿泊数の少ない日にバーに客として行きたいんですが。」
「・・・お前がか?珍しいな。」
「あと何とかして見せますんで今回派遣されてきた彼の延長は無しでお願いしたいのですが・・・。」
「現場のお前の意思に任せるよ。しかし噂で聞いているが今回は酷いのが来たもんだね。後どれくらいの期間だっけ?」
「一応ゴールデンウィーク明けまでですから残り約一ヶ月です。その頃にはゴールデンウィーク明けて取り敢えずは来客数も落ち着くでしょう。今月からは館内清掃で休業日も入ります。俺の休みを調整すれば何とかなるんじゃないかと・・・。」
「後約一ヶ月って所かね?そういや何でバーに行きたいんだい?」
「ゲンマと少し話をしようかなと。寮では呑んでいても誰か訪ねて来たりで落ち着いて話が出来ない事も多いんで・・・。」
「分かった、好きにしな。バーに行く曜日も気にしないで良いさ。更新の件も了解した。しかし誰が良い奴が来ないものかねえ?まあいつもどんなのが来るかは賭けみたいなもんだからね。」
「本当ですね、でしたら綱手様。もう少し賭けに強くなってくださいよ。しかしこちらが延長をお願いしたいくらいの人が来て欲しいですよ。」
「そうだね、そうしたらアタシは速攻で制服頼んでやるよ。」
「それってそのまま社員にしちゃおうって腹なんじゃないですか?」
「さあどうだろうね?」

レストランに戻りシフトの確認をする。
出来ればゲンマが次の日遅番か休みの日。
そして割と暇な週明けから週末前の平日で・・・。
あった!!ここならと思う曜日を見つける。

さて、ゲンマは口を割るかな?
なあゲンマ、教育係だからと自分で何とかしたい気持ちも分かるが俺たちはこれからも長い付き合いになるんだ。
俺は一応お前の上司になるんだから少しは頼れよ?
俺も初めての揉め事らしい揉め事を上手く解決して見せるからさ。
ここはアオバの言うように視点を変えてみよう?
ひょっとしたら只のピンチじゃなくて俺たちの信頼関係を深めるチャンスなのかもしれないぜ。

アオバに言われなきゃ今でも決まった位置からしか見て無かったかもしれないなと思いつつこの後ゲンマをどうやって誘うべきか悩むことにした。

<< 一寸一服~綱手とライドウ~ | ホーム | それ行け忍戦隊木の葉レンジャー(予告編風) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。