プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

番外編 「並足ライドウの場合~視点~後編」

現代パラレル「リゾートホテル木の葉へようこそ『番外編並足ライドウの場合~視点~後編』」になります。
WEB拍手にUPしていた話の続きで前編はWEB拍手より下げてこちらにUPし直しています。
前半の話は書いた後、良く見たらライドウさん、アオバさん、ゲンマ、綱手様しか出てなかったんです!!
なんでサーチ様には更新のUPせずにWEB拍手にUPしてました。
その後意外とカカシ先生とイルカ先生の出てない話があることに気付きもう一つサーチ様に登録させていただいたしだいでございます・・・。

いつも沢山の拍手をありがとうございます。更新の励みになっております。
皆様に感謝いたします。

話はそれましたが読まれる方は追記よりお願いします・・・。



番外編 並足ライドウの場合~~

綱手様に許可を得てホテル内のバーにゲンマと来店する。
ゲンマの同室のハヤテがバーテンダーを勤めているしハヤテもゲンマを心配しているのが見て取れる。
ひょっとしたら今回の事についてゲンマはハヤテに何も話していないのかもしれない。
けどそれはそれで余計にハヤテは心配すると思うし来店して話の内容が聞き取れれば少しは安心するんじゃないかと思ってここにした。
って言うかうちのホテルの周りにはぶっちゃけ店は無いし車で行ったら呑めないしね。

来客が帰った直後らしく俺たちはカウンターに座り、取り敢えず『俺たちの事は気にするな』と言うとハヤテは洗い物を始めた。
どうやって話を切り出そうかと思って考えていたが単刀直る入に行く事にした。
「あいつの契約更新は無いから安心しろ。俺が色々気付けなくてお前たちに負担をかけて済まなかった。」
なんていうか暗いバーの中でもスッと憑き物が落ちたみたいに一瞬の内に顔つきが変わったのがわかるゲンマに後ろを向いて洗い物をしていたけど背中に漂っていた緊張感がフッと無くなったハヤテ。
あーこいつら俺が思っていた以上に大変だったんだろうなあ・・・。
本当に申し訳ない。

「取り敢えずゴールデンウィーク乗り切れば後は何とかなるだろう。今月からは館内一掃清掃の為の休業日も入ってくるし。俺もフォローするからもう少しだけ頑張ってくれ。」
俺が言うとゲンマがきっぱりとした口調で答えた。
「いや、ライドウさん。俺の方こそ申し訳ないんですがもう少し頑張らせていただけませんか?」
と切り出された。
「・・・大丈夫なのか?」
と問いかけると来た時とは打って変わったようなスッキリとした顔で答えてくる。
「大丈夫・・・だと思います。先が見えたのなら幾らでもやりようはあります。逆に今までが問題が無さ過ぎたのかもしれませんし。ライドウさんだって本社に行ったり年に1度の宿泊研修やら色々あったりしますし。問題があったときいつもライドウさんがいるとは限らないじゃないですか?」
「まあ確かにそうだな・・・。」
「大変だとは思いますが何とかやってみたいと思います。」
「わかった、取り敢えず俺に出来る事でしてほしい事は無いか?」
「・・・大変になるかと思うんですが週末にお願いしていたフロントからのヘルプをなくしてもらってもいいですか?結構ギリギリな発言したりで色々ヤバイかと」
「それくらいか?他には?」
「・・・俺が本当にヤバくなったら助けてください。」
「了解。ハヤテ、申し訳ないんだがお前もゲンマの様子見ていてくれ。不味いと思ったらすぐに教えてくれ。」
「ライドウ主任わかりました。取り敢えず今はお二人とも何か頼んでいただけますか?」
そう言ってにっこりと笑うハヤテもどこと無くスッキリした顔をしている。
ゲンマの事が心配だったんだろうなあと思いつつそう言えば二人とも変に緊張していたのか何も頼んでいなかった事に気がついた。
普通に来店していたら嫌な客だよ!!

「ハヤテ、オススメはあるかい?」
「ライドウ主任は口当たりが良いお酒がお好きでしたっけ?あまり甘くないほうが良いですか?リキュール系になさいますか?シャンパンもありますよ?」
「うーん、たまに部屋で呑むのと違った感じのが呑みたいからリキュール系も良いかもな?飲みやすいので一つ作ってもらっても良いか?」
「はい、では少しお待ちくださいね?」
「ゲンマは頼まないのか?」
「あっ俺はハヤテに任せてるんで。」
「ゲンマさんの飲みたいのは何となく判るから良いんですよ。」
「お前たち本当に仲が良いなあ・・・。」
そういうとハヤテは『フフッ』と軽く笑ってシェーカーを振り出した・・・。


しばらく見ていたがやはりゲンマは大変そうだった。
助け舟を出そうかと思ったこともあるがハヤテに目線で止められた。
でももうそろそろ限界じゃないかと思っていた時転機が訪れた。
来月のシフトをどうするか悩んで支配人室にいる綱手様の所に話に言っていた時ゲンマが物凄い勢いでやってきた。
今度は寮で揉めたのかと思ったがゲンマの顔は明るかった。
「お話中失礼します。ライドウ主任こちらにいらしたんですね?探しましたよ。」
「どうしたんだゲンマ?そんな慌てて?何かあったのか」
と俺が聞くと急に真剣な顔になり
「はい、ありました。ライドウ主任とそして支配人にお願いしたいことがあります。」
と言い出した。
こいつが仕事の時間以外で俺を主任と呼ぶのはかなり珍しい。
そして俺だけではなく支配人にも話って?
でも顔つきからして悪い話ではなさそうだ。
「実は俺の昔からの知人で・・・」
とゲンマは大きく息を吸うとゆっくりと話し始めた。

その後、あの日の話の内容であったイルカがやってきた。
ゲンマの紹介でやってきた彼は予想以上にインパクトのある人物だった。
ちょんまげみたいな髪形と顔の真ん中を横切る傷はきいていたが一瞬驚いた。
でも顔の傷なんて俺も人のこと言えないしな。
仕事の覚えも良く人当たりも良いのでイビキやキッチンの皆とも上手くやっている。
ある一人を除いては・・・。

カカっさんは何故かイルカに対する風当たりがキツい。
今まで短期で入った奴等にはそんな事はなかったが・・・。
「ほらアンタ手早く出さなくちゃ駄目じゃないの!」
「ハイ申し訳ありません、はたけチーフ。すぐお出ししてきますね。」
「あーまあそんなだらだらしてる訳でもないし良いんだけどさ・・・。」
「洋食のプレート2ついただきました。残り1つです。あとサラダ残り一段です。」
「了解、イルカ悪いがライドウに客の残数聞いてきてくれ。」
「判りました、アスマさん。これ出しながら聞いてきますね。」
「ほらアンタ言ってる端から!!早く出してきなさいって!!」
「・・・カカシ。俺がイルカを引きとめたんだろうが。文句は俺に言え。」
「すいません、お出ししてきまーす。」
何て言うんだか。
つまらない事で文句言ってみたり・・・ワザと色々言って気を引きたいって言うか・・・うーんそうだ!!
そう小さな子供が好きな子の気を引きたくてワザといじめるような感じだ!
好きな子?!・・・いや・・・まさかな。
アオバが言っていた視点を変えて見れば違うのかもしれないと思ったが知りたいような知りたくないような気がして俺は深く考えるのを止めた。

イルカが来てから彼に影響を受けたのか同年代のイズモ、コテツ、ヤマトは何となく変わってきた。
彼らが館内見学をした後は特にそう感じる。
集まって部屋で呑んだり皆で出かける予定なんかも立てたりして凄く楽しそうだ。
ヤマトなんて特に何処か人と自分の間に線を引くと言うか壁を作ってるみたいなところもあったし凄く良い影響を受けてるんだと思う。
同年代同士で仲が良くて凄くいいと思う、思うんだが・・・。

なあ?アオバ?一つ聞きたいんだ。
どちらかと言えばおっさんのお前が何で『隊長』と呼ばれて何でその中にいるんだよ?!







<< 宿泊14日目~再結成!?僕達木の葉探検隊~前編 | ホーム | 欠席 >>


コメント

ライドウさん好きなので嬉しいです。
きっとライドウさんも、おっさんだけど、皆と一緒にわいわいしたいんだろうなーと思います。
でも隊長はもういるので、ポジションは何になるんだろう??

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP