プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解などどこにもない

この話ですがリゾートでもギャグでもありません。
鷹見印御題配布所様で色々なお題を出されていて以前より挑戦してみたいなと思っていたのです。
その中に妙にツボなお題がありまして挑戦してみようかなと。
薄ら甘い感じで悩むイルカ先生と焦れるカカシ先生をを書きたかったのですがいつもと話の感じいますし上手く書けているかの自信もありません。
試しに読んで見ようかなと思われましたら追記からお願いいたします。


正解などどこにもない

この季節に歩哨に立つのが好きだ。
木の葉の里を取り囲む外壁に立つとその外壁をも取り囲む森ががさまざまな色に色付き目にも鮮やかだ。
「綺麗だな・・・。」
ポツリと呟く。
あるところは鮮やかな色に染まり、あるところはそのままの緑を湛え、あるところは色付き終わって葉を落とし枝だけになっている。
あの人と出逢ってからの俺の心みたいだ。

それまでは平々凡々に暮らせればいいと思っていた。
生徒におごってばかりのしがない中忍じゃ中々彼女も出来ず終いで。
このままアカデミーで教職を取って過ごしていられれば良いと穏やかな常緑樹の森のように心の中は一色で塗りつぶされていた。

だけどあの人に出会ってから俺の世界は変わった。
おれの心の中は、世界は色付き始めた。
あの人の少し低めの声で呼ばれるたびに俺は改めて自分の名前が好きになり、そして心のどこかが色付いていった。
試験の事でもめてしまった時はその色付いた葉は落ちていった。
あの人と綺麗なくの一が一緒に居るのを見たときはそんな権利など無いのに嫉妬で胸が張り裂けそうになりそんな自分に嫌になり枯れたようになった。
あの人に偶然出合うたび、受付で報告書を出す時の他愛ない短い会話に、偶然出会って呑みに誘われるたびに俺の心はあの人のことで様々な色付き塗りつぶされもう変える色が無い程に染まってしまった。

そんな自分に驚き、でもこの森のように様々な色に色付いてしまった心はもう元の一色には戻れなくなっていった。
『里の誉れ』『写輪眼の・・・』『コピー忍者』華々しい二つ名とそれに見合った経歴を持つ彼と俺は本来なら、元教え子と現部下と言う間柄が無ければ彼は俺の名など知る由も無い間柄だったはずだ。
偶然に感謝しつつも色付ききってしまった自分の心を持て余しどうして良いのか判らなくなり・・・。
俺は彼が来るであろう時間の受付を避け始め、そうなると面白いことに今までしょっちゅう偶然会っていた事が嘘のように彼との接触は無くなっていった・・・。

本当なら今頃は受付で報告書を受理しているはずの時間であったが今日が彼の中期任務の帰還日と聞き、歩哨がめんどくさいとぼやいていた同僚の話を聞きこれ幸いとばかり交換してしまった。
直接会うのはキツイが上手くいけば帰還してくる彼の姿を遠くからでも見ることが出来るかもしれない。
この想いが何なのかを俺はとっくに知っているが知りたくも無い。
言葉にしたら名前を付ければいいのだがそうすればその気持ちを認めてしまう事になる。
アカデミーの授業なら答えがありそれを説明も出来る。
でも教科書の問題と違い俺の心は正解などどこにも無い。

薄暗くなってきた空を見てから外壁の上で俺の心のように色鮮やかな森を見る。
良く見ると思っていた以上に所々葉を落とし枝のみになった木が見える。
俺の思いもこのままそっとしておけば燃える様な思いで色付いた場所は穏やかな思いとなり心の中に降り積もるのだろか?
自分の心を変えてしまったあの人を忘れる事など不器用な俺は出来ないだろう。
だったら俺はいつかその降り積もった思いを糧にあの人のことを穏やかに思ってに生きていけるのだろうか。
でもまだしばらくはきっと・・・。
「・・・キツイな。」
心の内を思わず呟くと
「何がキツイんですか?」
と予想もしなかった声が返ってきた。
驚いて振りた俺の眼に飛び込んできたのは心の中で思い浮かべていたでも会いたくなくて避けていたその人そのものだった。

「ねえイルカ先生?何がキツイんですか?」
ともう一度問いかけながら小首をかしげ口布を下ろしながら彼は近づいてきた。
「カ・・カシさん?本物ですか?」
と聞くと
「幾らもうすぐ逢魔が時だからって本物でーすヨ?ほらね?」
とそっと俺の頬を撫でる。
「・・・俺の知っているカカシさんはそんなことしたことがありませんよ?やっぱり偽者なんじゃないですか?それより何でこちらに?」
「はーっじゃあどうやったら信じるの?任務から帰還してきたときにここに立っているイルカ先生の姿が見えたんですよ。イルカ先生こそボーっと森を眺めて何してるんですか?」
「俺は森が色付いて綺麗だなって。何か人の心みたいで。でも葉が落ちているところが結構あって寂しいかなと。それより良く俺のことが判りましたね?」
「・・・幾ら遠くからでも大事な人であればわかりますよ。」
そんな風に言われ一瞬のうちに指先まで全身が甘く痺れた様になるが「『大事』な部下が『大事に思っている先生』」と言う事かと思い直し誤解しちゃいけないと慌てて首を振ってよこしまな考えを振るい落とす。

「それでカカシさんはどうしてここへ?報告書出しに行かなくては駄目ですよ?」
と受付の顔で聞くと片手で頭をかきながらあーとかうーとか言葉を濁している。
「・・・最近イルカ先生と会わないな~とか考えていたらここにいるのを見つけて。気がついたら来ていたんですよネ。」
「そうですか・・・。じゃあ久しぶりに会ったところで満足していただけましたか?では報告書出しに行ってゆっくり休んで下さいな。皆が貴方の帰還を待ちわびていますよ。」
「イルカ先生もそう思ってくれてるんですか?」
「そうですね、貴方は里の誉れですよ?ご無事で何よりです。」
「そうじゃなくて!!里の誉れとか関係なくイルカ先生が俺が帰ってきたのを嬉しいと思ってくれているのかが聞きたいんです。」
カカシさんは焦れた様半ば怒ったように言って来る。
「・・・勿論帰還されて嬉しいです。」
やっとひと言口にするがカカシさんはこっちを見つめたままだ。
ねえカカシさん。頼むからもう何処かに行って下さい。
俺は馬鹿だから貴方には何気ないひと言に余計な期待をしちゃうんです。
カカシさんはいきなりベストの前を開け内側から何か取り出して俺に渡してきた。
渡されたのは手のひらに乗るくらいの小さな紙袋。
ずっと持ち歩いていたのか袋の端は擦り切れたようになっている。
「これをあなたに。・・・ずっと渡したくて。でもずっと渡せなくて・・・。」
「俺にですか?開けてみても良いですか?」
と聞くと無言で頷く。

袋を開けると出てきたのは綺麗な青い髪紐だった。
「これは・・・。」
「以前任務先で見つけて、あなたに似合いそうだなって思って買ったんです。買ったは良いけど中々渡す機会がなくて。でもそんな時あいつらがあなたが誕生日だって教えてくれたから本当はその時に渡そうと思ってたんです。」
カカシさんはいつもののんびりとしたしゃべり方ではなく吐き出すように話していく。
「でもその頃は顔見知り程度だったし渡されても気持ち悪いって思われたら嫌で渡せなくて。もう少し仲良くなってからと思って持ち歩いていたけど。仲良くなったら今度は避けられてるのか中々会わなくなるし・・・。」
俺の誕生日って半年近く前だよ?
カカシさんその頃からこの髪紐持ち歩いていたの?
俺、馬鹿だから余計な期待しちゃうよ?
ねえ訂正するならいまだよ?

「ねえ森にたとえて色付いてるのって先生の心のことでしょ?誰への気持ちなの?先生は自分が思っているより隠し事下手だよ。ねえ先生?葉は落ちても又芽吹くよ?自分の気持ちを怖がらないで?キツイとか言わないでよ。」
一気にまくし立てるとカカシさんは大きく一つ息を吸って急に俺のことを抱きしめてきた。
「自分の気持ちから逃げないでよ。俺の事もっと良く見てよ。先生は色々と鈍すぎなんだよ。離れようとするから少し距離置けば先生も自分の気持ちに気がつくかと思っていたらそのまま距離置こうとするし。あんなにしょっちゅう会っていたの不思議に思わなかったの?偶然の訳ないでしょう?」
耳元で俺の好きな少し低い声で囁く様に言った後俺を抱きしめていた手を離すとカカシさんは又俺をまっすぐ見ながら言葉を続ける。
「ねえ二人でちゃんと話そう?うわべだけの、生徒やその任務の話だけじゃなくてお互いの事をもっと。俺は先生に聞いて欲しい事がいっぱいあるし先生の話も聞きたいんだ。俺は先に里で待ってるから。先生の事を待ってるから。」

一気に色々な事がありすぎたせいで俺の頭の中は混乱していて。
カカシさんが言った『葉が落ちても又芽吹く』って言う言葉に泣きそうな気持ちになって。
ねえ俺の心の中は芽吹いても又きっとあなたへの思いで色付くよ?
それでも良いの?俺はあなたにそれを許されたの?
俺は何も言えずに立ちすくんで。
そんな俺をカカシさんはちょっと困ったかのように見ていたけど意を決したかのように
「俺は里でアンタの事を待ってますから。」
と言うと身を翻して走っていった。
「あ、あの俺も渡したいものがあります。先に、その、俺のこと里で待っててください!」
慌てて言った俺の言葉に嬉しそうに微笑むと軽く手を振って彼は外壁を飛び降りて消えていった。

外壁に駆け寄り慌てて彼の姿を探すが既に影も形も見えなかった。
もうだいぶ暗くなっていたがまだ幾分色鮮やかに見える森を髪紐を握り締めて見ながらこれ以上色付く事は無いと思っていた俺の心は上から色を重ねたように新たな思いで彩られていくのを感じていた。








<< 不発弾 | ホーム | なれってこわい その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。