プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見間違えるはずもない

こちらは鷹見印御題配布所様が配布されている中の「コトノハイロイロ」から御題をお借りして書いております。
一応対になっておりイルカ版が正解などどこにもないでカカシ版が不発弾で不発弾の続きが今回の見間違えるはずもないになります。
あまり連作がお好きでない方もいらっしゃると思いますのでそういった方は別の話だと思って読んで頂ければと思います。
ただこの話は「不発弾」を読んでからで無いとイマイチ意味がつうじないかと思います
出来ればお手数ですが「正解などなにもない」→「不発弾」→「見間違えるはずもない」の順になります。

宜しければ追記よりお読みくださいませ・・・



見間違える筈もない

「カカシ・・・さん。給料日前なんでゆっくりになっちゃうんですけど。じゃあ中忍試験が終わったら食事ご馳走させていただきますね?」
あの日彼と交わした約束は二次試験の始まる少し前にようやく果たされた。
まだ前回のもめた時の事を気にしているのか今の俺との距離を測りかねているのか戸惑いながら、言葉を選びながら口にする彼だったが次第と元のように戻った彼と呑むのは楽しかった。
酒が回るにつれ彼は段々と饒舌になり元生徒達が天と地の書を開いた時の話もしてくれた。
「カカシさん。俺今だから言いますけどね、あいつらが巻物開いて呼び出されたとき実はドキドキだったんですよ?」
「何でですか?実は揃う前に開けちゃうと思ったんですか?」
「いや、違います。サスケがいるからそれは大丈夫だと思ってました。実はですね、格好付けて現れてあいつらがいるのと逆の方向を向いていたらどうしようとかずっと心配していたんですよ・・・。」
「ゴフッ・・・イルカ先生酒呑んでる時にそんな話しないで下さい。って言うか何の心配していたんですか?あー少し吹いちゃったじゃないですか!!」
「うわっカカシさん大丈夫ですか?」
慌ててオシボリで拭ってくれる彼とふと目が合いお互いに笑い出す。
彼の俺を見る眼の中に今までと何だか違った色が見えた気がした。
もう癖になった左胸のあたりを軽く押さえると髪紐の袋の感触がある。
ひょっとしたら彼も気付いていないけど俺に好意を持ち始めているのかもしれない。
チャンスだと思ってそれをきっかけに彼との仲を一気に縮めようと思った。
だがそんな俺の思惑はその後大きく外れた。
中忍試験の二次試験に又大蛇丸が紛れ込み木の葉崩しが起こり里は混乱を極めた。
三代目が他にも大勢が亡くなり俺も彼も後始末に、里の復興にお互いに走り回った。
このままでは又疎遠になってしまうと思い合間を縫って偶然を装い彼に近づくようにし徐々に少しずつではあったが距離は近づいていった。

その後、俺の部下であり彼の元教え子だった彼らは一人は里を抜け、一人は旅立ち、一人は新しく五代目火影となった人の下で修行に励む事となり俺は上忍師としての任を解かれ里の復旧のための任務に着く毎日となった。
アカデミー教師と受付を兼任する彼とは俺が長めの任務についてなく彼が受付にいれば少なくとも一日一回は会えた。
でも俺はそれだけでは足りず任務の合間を縫っては彼に会いに行くようにし、それが功を奏したのかお互いの距離は近づいていった

久しぶりにお互いの都合が合って飲んだ時の事珍しく先生はかなり酔っていた。
何かの拍子に髪紐が少し緩んだのか前髪が一房耳の辺りに落ちてきていた。
いつもきっちりしてる彼が珍しいなと思いやはり酔っていた俺は何気なくその髪を耳にかけてあげた。
その瞬間慌てて俺のことを見た彼の眼の中に今までになかった艶めいた色を見た。
だけどそれと同時にその頃から先生が俺を見る時の眼に何時からか何だか苦しそうな色が混じるようになってきた。
呑んでいてふと眼が合った時、偶然を装って待ち伏せした俺を見つけたとき、受付で彼の列に並んだ俺を見たとき・・・。

俺がそれに気付いた辺りからイルカ先生は俺のことを避け始めた。
先生がいるはずの時間帯に受付に行ってもいない。
その場にいた人に聞くと『アカデミーで外せない用ができたから代わって欲しい』と言われたらしい。
偶然かと思ったが俺が長期任務から帰還し先生の受付が入れ替わりの時間ギリギリだった時に慌てて受付から走り去る後ろ姿を見た。
あの高く結い上げた一筋の乱れもないような髪形、見間違えるはずもない。
なんで急に俺の事を避け始めたんだろうか?
ひょっとしたら先生が俺のことを避けているのは自分の気持ちに戸惑っているから?
あの真面目な人のことだ同性に好意を抱いている自分に混乱しているのかもしれない。
だとすれば俺からも少し距離を置けばイルカ先生も改めて自分の気持ちに気付くかもしれない・・・。
いつも追いかけるのは近づいていくのは俺のほうだから少しは彼の方から追いかけてきて欲しいという気持ちもあり偶然を装い彼の前に現れていたのを止めてみた。
「たまには追いかけて来て欲しいもんだ~よね。」
そう呟きながら左胸の辺りをそっと押さえる・・・。

そう思い彼から少し距離を置いてみたがその後も彼は徹底的に俺を避けていた。
受付にいれば大体の任務内容はわかる。
多分俺に割り振られた任務内容を見て終わりの時間の予測を立てその時間の受付を避けているんだろう。
焦れてきた俺は割り振られた中期任務を早めに終え彼がいる筈の時間の受付に向かうため近道をして里へ戻ろうとしていた。
色付いている森を抜け大門へと向かいながらそそり立つ外壁を横目で見る。
「!!」
まさかと思った。こんな時間に彼がここに居る訳は無い
でも俺が彼の事を見間違えるはずもない。

彼にばれないように少し離れたところから外壁を駆け上り気配を消して多分彼であろう人物の元へと向かう。
・・・やはり彼だった。
跳ね上がりそうになる心臓を乱れそうになる気配を押さえるかのように左胸に手をやるとすっかりなじんだ髪紐の気配がする。
久しぶりに見た彼は何だか苦しげに眉根にしわを寄せ色とりどりに色付いた森をじっと見つめている。
やがてポツリと『・・・キツイな。』と呟いた彼にもう我慢が出来ず『何がキツイんですか?』と話しかけながら近づいていく。
俺を見たイルカ先生の眼にはいろいろな色が入り混じって渦巻いていた。
嬉しい、愛しい、会いたかった、苦しい、切ない、諦めきれない・・・。
まるで俺たちの眼下に広がる森みたいだ・・・。
先生?ひょっとしてあなたは俺が思っていた以上に俺のこと好きなんじゃないの?
戸惑っている彼が話しかけてくるのに答えながら思わず愛しくなって彼の頬に触れる。
そのまま彼と会話を続けるが彼が森の色付いている様子を人の心にたとえるのを聞きハッとする。
葉が落ちているとこが多いって例えてるのは、俺のことを避けていたのは俺への気持ちを諦めようとして、無かった事にしようとしているって事じゃないよね?!
当たり障りの無い会話を続ける先生に苛立ち思わず口調もきつく焦れたようになってしまう。
困ったような泣きそうな顔で俺のことを見ている先生を見ていたら勝手に手が動いて髪紐を取り出し渡していた。

渡す時は何て言おうか色々考えていた筈なのに上手く言葉が出なくてやっと出てきた言葉は
「これをあなたに。・・・ずっと渡したくて。でもずっと渡せなくて・・・。」
と自分でも情けない位たどたどしかった。
受け取って開けた先生の驚いた顔を見てようやく上手く言葉が出るようになってきた。
任務先で似合いそうだと思い気がついたら買っていたこと、中々渡せずにいたこと、誕生日に渡したかったけど出来なかった事、いつも持ち歩いていた事、仲良くなって渡そうと思っていたら避けられだした事・・・。
自分の中の思いを吐き出すようにしゃべっていくうちに先生の眼の中にあった影のような色が何処か期待するような色へと変わってきたのが見えた。

「ねえ森にたとえて色付いてるのって先生の心のことでしょ?誰への気持ちなの?先生は自分が思っているより隠し事下手だよ。ねえ先生?葉は落ちても又芽吹くよ?自分の気持ちを怖がらないで?キツイとか言わないでよ。」

そう俺が言う言った瞬間先生の眼の中にわずかに残っていた翳りが無くなった。
思わず抱きしめてそのまま話しかける。
「自分の気持ちから逃げないでよ。俺の事もっと良く見てよ。先生は色々と鈍すぎなんだよ。離れようとするから少し距離置けば先生も自分の気持ちに気がつくかと思っていたらそのまま距離置こうとするし。あんなにしょっちゅう会っていたの不思議に思わなかったの?偶然の訳ないでしょう?」
俺に抱きしめられて強張っていた先生だったが耳元で話すとフッと力が抜けたようになった。
抱きしめていた手を離し先生の眼を見つめ話を続ける。
「ねえ二人でちゃんと話そう?うわべだけの、生徒やその任務の話だけじゃなくてお互いの事をもっと。俺は先生に聞いて欲しい事がいっぱいあるし先生の話も聞きたいんだ。俺は先に里で待ってるから。先生の事を待ってるから。」

そうだ、二人ともいつも任務先の話や受付であった話、部下で生徒でああいつらの話ばかりしていた。
お互いの自分たちの事をぜんぜん話してなかった。
ねえ先生。俺は先生の事なら何でも知りたいんだ。
何でもいいから俺に話してよ?
俺も話したいことが、聞いて欲しい事がいっぱいあるんだ。
あなたに渡した髪紐を持ち歩いているうちにそこを押さえるのが癖になってしまったと言う話をしたらあなたはどんな反応をするだろうか?
あなたへの想いが詰まり過ぎてその髪紐の事を爆弾みたく思っていたんですよ?何て話をしたら先生は笑ってくれる?

お互いに無言で見詰め合っていたが一気に色々あって混乱たのか泣きそうになっている先生を少し一人にしておいたほうが良いのかもと思った。
離れがたかったが意を決してこの場を離れる事にする。
「俺は里でアンタの事を待ってますから。」
ひと言告げると里の方へと駆け去る。
すると後ろから先生の声が追いかけてきた。
「先に、その、俺のこと里で待っててください!」
後ろを振り向き嬉しさが隠せず笑いながら手を振って外壁を駆け下りる。

「イルカ先生が待っててくれって言うならどれだけ長い時間でも俺は待ちま~すよ・・・。」
ずっと持ち歩いていた髪紐はもう無いけど代わりにさっき先生から貰った『待っていてください』という言葉を入れるかのように左胸を押さえ俺は彼の俺への思いのような色とりどりの森の中をを駆け抜けていった。








<< 雑記・コメントレスです | ホーム | 宿泊13日目~週末~後編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。