プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見間違えるはずもない(へタレカカシ編)

「鷹見印御題配布所様」にお借りしているお題での話になります。
すみません。へたれで無自覚で感情のコントロールが出来ない子供みたいなカカシ先生を一回書いてみたかったのです。
こちらは既に同じお題で違う話をUPしているんですが元々このお題で出てきたイメージと言うかネタはこっちだったので折角なのでこちらも書かせていただきました。
へタレ?カカシなんでご注意下さい。
明日がリゾートのライドウさんの話の後編UP予定なんで明後日にこちらの続きでイルカ先生視点の話UP予定です。
昨日の雑記に書いたのですがWEB拍手に変態上忍系の御礼小話UPしてます。
「お題で他の話も読みたい」が前回ご協力いただいたアンケートの第二位だったんですが(一位はぶっちぎりででした「変態も好きです」)他の話ってカカイルで?他のキャラで?リゾートのキャラで?などと悩みまして。
そんな訳で今回もプチアンケート変えさせていただきました。
良ければご協力お願いいたします。
お手間でなければ「どのキャラで読みたい」といただければ文才無いなりに出来るだけ頑張らせていただきます。

初へタレカカシですが読んでみようかなという方は追記よりお願いいたします・・・。



見間違えるはずもない

とある日のこと。
任務を終え、報告書も無事提出し、近いからと繁華街を抜けて帰宅しようとしたとき偶然彼を見かけた。
一瞬横顔を見ただけだか鼻の上を横切る傷跡と高く結わえた髪が見えた。
あんなに特徴のある傷跡見間違がえるはずがない!!
今日受付で見かけないと思ったがこんなところで会うなんて!!
慌てて追いかけるが週末の繁華街は凄い人ごみであやうく見失いそうになる。
結い上げた髪を見つけ、彼がいつも持っている鞄の肩紐を掴んで引き寄せる。
驚いて濡れた様な黒い瞳で俺を見た彼の横には支給の忍服とベストを着た女性が一緒だった・・・。

「あの、えーっとカカシ先生こんばんは。」
俺に肩紐を引っ張られてよろけた後の体勢を立て直しながら困ったかのように俺に話しかけるイルカ先生。
「・・・こんばんは。」
俺も取り合えず挨拶する。
「あの・・・ですね?カカシ先生何か俺に用ですか?」
眉根を寄せて俺に聞いてくる。
「いや、用事って訳では・・・。」
そう言えば何でだろう?
イルカ先生を見つけた瞬間に何でだか勝手に体が動いてい追いかけていた。
用事があった訳でも無く追いかけて話しかけるほど物凄く仲が良い訳でも無いのに。

「イルカ先生?」
と隣にいた女性が彼の名前を呼んだ後、彼の耳元で何か囁く。
「うわっカカシ先生何するんですか?!」
とよろけたイルカ先生に言われて気がついた。
どうやら俺は片手に握ったままの彼の鞄の肩紐を無意識のうちに自分の方に引き寄せたらしい。
「・・・何でですかねえ?」
「何でですかねって・・・。申し訳ないんですけど、カカシ先生のご用事が無いんでしたら俺達もう行きますんで。すみませんが肩紐を離していただけますか?」
俺達ってイルカ先生とこの女性って事か・・・。
何か知らないけどイライラするし胸の中がモヤモヤする。
「・・・離したくないんですよ。」
「離したくないって・・・。すいませんがカカシ先生?俺に七班の事ででも何か話でもあるんですか?」
「・・・いえ、特に無いと思います。」
うん、特に話すことも無い。でも何故かこの手に握ってる肩紐を離したくない。

「・・・イルカ先生?」
横にいる女性が困ったように彼に向かって又話し掛けようとした。
だが俺がいつの間にか肩紐を引き寄せたらしくイルカ先生は俺と女性の間でよろける。
「カカシ先生!!」
強めに言われて思わずビクッとするとイルカ先生は大きく一つため息をついた。
今度は俺の顔を覗き込んでまるでアカデミー生に言うかのように優しく話しかける。
「カカシ先生?お願いですから離して下さい。俺達出かけなくちゃいけないんですよ?」
イルカ先生の言った『俺達』と言うのが何故だか凄く嫌で・・・。
言葉が出てこなくなって、何だか眼も潤んできて挙句にまるで俯いて子供のように首を横に振る事しかできない。
俯いたら涙が溢れそうになって思わず鼻をすする。
子供みたいだと自分でも呆れるが上手く感情のコントロールが出来ない。
嫌だったけど彼の鞄の肩紐をようやく手放す。
ああ、彼はこのまま行ってしまうのか・・・そう思ったら又涙が出そうになってぎゅっと眼を瞑る。
少し離れた所でイルカ先生が女性と話をしている気配がする。
凄く嫌だが今更顔をあげれない。

「カカシ先生?大丈夫ですか?」
俯いたままの俺の少し上から声が上から降ってくる。
行ってしまうと思っていた彼は俺のところに又やってきた。
それだけで何だか嬉しくて・・・。
でもみっともない所を見せてしまったから恥ずかしくて・・・。
俯いたままでいると今度は頭にふわっと何かがのってきた。
その何かは優しく俺の頭を撫でながら話しかけてくるからイルカ先生の手だと気づく。
「・・・人目も多いし。少し場所ずれますね。」
と子供に言い聞かせるように優しく俺に話しかけながら頭の手を肩に移動しそのまま抱き抱えるように少し歩いた。

「カカシ先生?顔をあげてください?」
と優しい声で言われるから
おずおずと顔をあげるとすぐ近くに少し困った顔で笑うイルカ先生の顔があった。
何時の間にか先生と一緒にいた女性は居なくなっていて・・・。
「一体どうしたんですか?」
「・・・っく俺にも良く分かりません。良く分からないけど何か凄い嫌で。」
「何が嫌なんですか?言ってみてください?」
「たまたま見かけたイルカ先生が、イルカ先生が女の人と一緒に居たり・・・。」
「はい、他にはありますか?」
「グスッ・・・お、お俺達とか言ってるし。なんかそれも凄い嫌で」
「・・・他には?カカシ先生?」
「何でだか分からないけど先生の鞄の肩紐は離せないし、自分でも訳分からないけどモヤモヤするし・・・。」
何か話してるうちに又段々俯いてしまって鼻まで出てきて又グズグズと啜る。
「すみません、彼女?ほったらかしにさせて。俺の事は放って置いて良いんで行ってあげて下さい。」
「・・・彼女は只の同僚で今日はアカデミーの飲み会なんです。彼女とはたまたま上がった時間が一緒で店の場所が良く分からないって言うんで一緒に来たんですよ。」
「・・・っそうなんですか?」
「そうなんです。」
何でかしらないけどイルカ先生と話しているうちに胸の中のモヤモヤはどっかに行ってしまった。
でも鼻はまだグズグズしたままでクスンクスンと啜っていた。

「カカシ先生、気持ち悪いでしょ?」
そんな俺を見てイルカ先生は鞄の中をごそごそしたかと思うとティッシュを取り出す。
俺の顎を片手で軽く支えるとと『失礼します。』と軽く断ってもう片手で俺の顔の半分を覆っている口布を軽く口元まで下げる。
「はい、チーンってして?」
俺の鼻にティッシュをあてるとまるで俺が小さい子供であるかのように言ってきた。
何か甘やかされているかのようで悪い気分ではなかったので先生に言われるがままに鼻をかむ。
「うわっ凄い鼻水!!カカシ先生スッキリしました?」
と言いながら軽やかに俺を見て笑う彼がとても可愛くて・・・。

気付いたら衝動的に口布を下まで下げて彼にキスしてた。

チュって軽い音を立てて唇が離れる。
うわ~イルカ先生男だけど唇柔らかいな・・・。
いきなりだったから眼真ん丸くして俺のこと見てるよ。
可愛いな・・・ってあれ?俺何か色々とヤバくないか?
なんて考えていたら
「あんたいきなり何してくるんですか!!」
という怒鳴り声とゴンッと言う音と衝撃と共に脳天に特大の拳骨が降って来た・・・。

後日UPのイルカSideの「欠席」に続きます・・・。

<< きかなきゃよかった | ホーム | 待っているから、とあなたは言った >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。