プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

待っているから、とあなたは言った

こちらは鷹見印御題配布所様からお借りしている御題シリーズの4作目になります。
元々は『待っている、と君は言った』なのですが台詞系の語調や一・二人称の変更はオッケーだそうなので変えてあります。
一応対になっていたイルカ版が「正解などどこにもない」「不発弾」「見間違えるはずもない」がカカシ版でした。
最初グルグルするイルカ先生と焦れるカカシ先生の薄ら甘い話を書きたくていつもと違った作風の話を書きたくて恐々UPさせていただきましたがかなりの拍手の数や感想までいただき感謝しております。
この話はグルグルしていたイルカ先生のその後の吹っ切れた話です。
ここまで書くつもりは最初全くなかったのでその後系の話が嫌いな方は無かった事にしてください。
これで本当の打ち止めなんでこの後の話は皆様のご想像にお任せいたします。

良ければ追記からお読みくださいませ・・・。

待っているから、とあなたは言った

外壁から見下ろした先には夜の闇に包まれた森が見える。
まるで少し前の俺の心の中みたいだ。

平凡な俺と全く立場の二つ名を持つような、ビンゴブックに載るような立場の彼と知り合ったのは偶然からだった。
彼の部下の元先生というだけの偶然。
そして立場が全く違う俺にも彼は優しかった。
あの人に出会って気付かないうちに彼に心引かれその思いで俺の心の中は色付き、染まり、色とりどりに変わって行った。
そんな自分の気持ちに戸惑い、悩み、持て余した挙句に彼との接触を避ければもうこれ以上思い悩む事はないかと思い彼からできるだけ離れた。
時間が解決してくれるんではないかと、彼にとっては彼を取り巻くその他大勢の一人であろう自分が居なくなっても何ら変わりはないであろうと。
自分の心の中の想いに気持ちには気付かない振りをして・・・。

だけど彼は・・・。
彼から自分の気持ちから逃げようとしていた俺の元に逢いに来てくれた。
そして彼の俺への想いの化身の様な品を渡してくれた。

その彼から貰った彼の想いの詰まった品は左胸の内ポットに大事にしまってある。
そっと触れるとそこから甘い痛みのような痺れのようなものが指先まで広がっていく。

待っているから、とあなたは言った。

「俺は里でアンタの事を待ってますから」と言ってくれた。
逃げた俺に逢いに来てくれただけではなく俺のことを待っていると・・・。
彼は俺の事をどこまで許すのだろうか・・・。
俺は彼にどれだけ許されたのだろうか・・・。

彼に上辺だけでなくお互いの事を話す事を

彼の事を思い続けても良いという事を

彼に対するの俺の想いを認める事を

彼に俺の気持ちを伝えて良い事を

彼のそばにいて良いと言う事を

彼の俺に対する気持ちを

彼の元へ帰る事を

それらを認めて良いのだと言う事を俺は彼に許された

ふと見ると薄らと空の色が変わってきた。
先刻彼が逢いに来てくれた後の俺の気持ちのように空が闇から色を徐々に変えていく・・・。
彼はこれ以上色付く筈が無いと思っていた俺の心をこの朝焼けのように上から新しい色で塗り替えてくれた。
ああなんて綺麗なんだ。
毎日訪れるはずの朝焼けだが今日のこの景色を俺はきっと忘れないと思う。
そしてその朝焼けを綺麗だと思える自分が嬉しい。

「イルカ~交代に来たぞ!!」
遠くから交代に来た同僚の声がする。
「ああ、ありがとう。特に異常なしだったよ。」
俺も答えながら視線は眼下に広がる森を見る。

朝焼けに照らし始められた色とりどりの森。
これ以上色鮮やかに変わるはずは無いと、枯れて朽ちていくだけだと思っていた森の木々は朝焼けを浴びよりいっそう色鮮やかに輝いているのが見れた。
朽ちて落ちていくはずの葉ですら鮮やかに見える・・・。
夕方に彼と見た沈んでいく景色と同じはずなのに同じとは思えないほどに鮮やかに輝いている。
彼は夕暮れの森のような沈んでいくはずだった俺の心を朝焼けの森のように輝かせてくれた。

「イルカお疲れ様。・・・お前なんか良い顔してんな。何かさっぱりしたって言うか何て言うか・・・。」
「そうか?ひょっとしたらそうかもな?じゃあ後は任せるよ。」

朝焼けに輝く森を後にし里へと急ぐ。

「カカシさん・・・。」
愛しい人の名を呟く。
あなたは逃げようとしていた俺に逢いに来ただけではなく色々な事を俺に許し与えてくれた。

『俺は里でアンタの事を待ってますから』

カカシさん。待っていてください。
今度は俺があなたの元へ向かいます。
あなたが俺に逢いに来てくれてあなたの思いを伝え渡してくれたように・・・。

彼を真似し左の内ポケットに入れた彼の俺への想い。
その想いと一緒に今度は俺からの想いを渡しに俺は彼の元へと逢いに行く。

<< 見間違えるはずもない(へタレカカシ編) | ホーム | 雑記・コメントレスです >>


 BLOG TOP