プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠席

「鷹見印御題配布所様」からお借りしているお題で欠席きなります。
昨日UPさせていただいた見間違えるはずもない(へタレカカシ編)」のイルカ視点になります。

追記からお読みくださいませ・・・。


欠席

今日は久々のアカデミーの教師全体の飲み会。
しかも忘年会前にもかかわらず慰安を兼ねてとの事で会費はアカデミー持ちと言う太っ腹企画!!
常に懐事情の寂しい俺達教師連中が参加しないわけ無いでしょ!!と物凄い出席率の良さらしい。

「うーん。時間ギリギリですかね?」
「まだ大丈夫ですよ、でもイルカ先生がお店の場所知ってらして助かりました。」
「いや~以前他の連中と使った事があっただけですよ。あっあそこの角を曲がったらすぐですよ。」
週末の繁華街は凄い人出で独特の喧騒に包まれている。
俺と同様に仕事が終わらず『場所も良く分からない』と言うから一緒に来た同僚の女性教師は声が小さめなんで話す時にも必然と顔を近づけて話すことになる。
「でも時間ギリギリでも私以前からイルカ先生とはアカデミー以外でもお話したかったんでラッキーでした。」
「えっ?すいません周りが煩くてよく聞こえないんですが・・・ってうわっ!!」
肩に斜め掛けしている鞄の紐をどこかに引っ掛けたのかよろけそうになる。
何処に引っ掛けたのかと慌てて振り向くと銀髪の高名な上忍が何故か俺の鞄の紐を引っ張っていた・・・。

頭の中を?マークでいっぱいにしながら取り合えず挨拶する。
彼も挨拶を返してくれるが何故か鞄の紐を掴んだままだ。
何か俺に用事があるのかと思ったが特に用がある訳でもないらしい。
そうだよな、受付でやり取りしたり、元教え子達と一緒の時に立ち話したりする位だし・・・あっ1~2回ナルト達第七班と一緒に一楽に行ったときに一緒したことがあった!!・・・位だよな?

「イルカ先生?」
と横にいる同僚の女性が話しかけてきたので聞こえづらいのもあり少し屈んで話を聞こうとすると又鞄の紐を引っ張られる!
屈んでいたのもあり又よろけてしまい『何するんですか?!』と聞くと『何でですかね?』と返ってきた・・・。
何でですかね?ってこっちが聞きたいよ!!とちょっとイライラしながらこれから用事があるから話してくれるように頼むと今度は『離したくないんですよ』と言われた・・・。
ひょっとして又ナルト達第七班が何かしでかしてアカデミーや受付では話し辛いのかと思い念の為に尋ねてみるがやはりそれでもないとの事。
なんだこの人?あんまりにも天才過ぎると俺みたいな平凡な忍には理解できないのか??

「・・・イルカ先生?」
もう一回話しかけてきた彼女に答えようとすると又さっきよりも強く鞄の紐を引っ張られて又よろける。
いい加減に腹が立ち『カカシ先生!!』と強く言うとビクッとされた。
仕方なく今度は少し優しく話しかけたが彼は今度は俯いて首を横に振ってるだけだった。
鼻もすすってるけどまさか泣いて・・・る訳ないよな。
な~んかこう言う行動パターンに覚えあるんだよな・・・と思いながらふと何だったか思い出したところでカカシ先生が俺の鞄の肩紐をゆっくり手放した・・・。

カカシ先生が肩紐を離したのを見た彼女は店に行こうとしたのか何歩か先を行っていたので慌てて後を追う。
「イルカ先生?急がないともう始まってますよ?」
「あー申し訳ないんですけど今日は欠席でお願いしますと伝えてもらえますか?」
「えっ?だってあんなに楽しみにしてらしたのに?なんで行かないんですか?」
「あー確かに楽しみでしたけど・・・。今は気がかりな事が出来ちゃったもんで。会費はアカデミー持ちだから俺が参加しなくても心配ないですし皆に宜しく伝えてください。」
「・・・本当に残念です。先生とご一緒出来る折角の機会でしたのに。用が終わったら遅れていらっしゃるとか出来ないんですか?」
「うーん。中途半端になるより欠席でお願いした方がいいと思うんですよね。お願いしますね?」
「分かりました。私、私、イルカ先生とゆっくりお話したかったんで今日は楽しみにしていたんです。だから本当に残念です。」
「話なんてアカデミーで幾らでも出来ますから。じゃあ頼みますね。」

カカシ先生は相変わらず俯いたままで・・・。
どこか良く知った感じだと思ったら父ちゃんが長期任務に行くのが嫌で荷物を離さず駄々こねていた時の子供の頃の俺と一緒だった。
でもあれって俺は大好きな父ちゃん相手だったけどカカシ先生は何で俺相手にそんなことするんだ?いまだ疑問は尽きないが彼のいる場所へ戻る。
いまだ俯いている彼の頭を見ていたら俺の髪の毛と違ってふわふわした髪の毛がさわり心地がよさそうで思わず頭を撫でてしまう。
少し撫でてからここが大通りで人目の多い場所な事に気付く。
(良く考えたらこの人ビンゴブックに載る位有名な人なんだからこんなところにいたら目立って不味いな)肩を抱くようにして人気のない路地裏に移動する。

やっと顔をあげたカカシ先生はまるで子供みたいにべそをかいていた。
どうしたのかを訊ねたんだが聞けば聞くほど俺を混乱させる・・・。
うんうん、俺が女の人といるのが嫌で?俺達って俺と彼女の事を言うのが嫌で?訳が分からないけどモヤモヤして?って・・・。
うーん?これってやっぱり俺の気のせいじゃないと思うんだけど・・・。
カカシ先生のモヤモヤが移ったみたく俺の心も色々考えすぎてモヤモヤしてきた。
挙句の果てに俺と彼女は只の同僚で飲み会に参加するために一緒に居たと話したらまだグズグズしてるけど片目と口布越しでも分かるくらいの満面の笑みを浮かべてるし・・・。
でもまさかな・・・俺は男でしかももさい。
自分で言うのも何だが良い人止まりで女にも、ましてや男にもてるとは思えない。
しかもこの人散々浮名を流しているような『里の技師』と呼ばれるような人だ
よし、きっとカカシ先生の事は俺の気のせいだ。きっと任務で疲れて弱ってる時にたまたま見知っている俺の姿を見かけて縋ってみたくなっただけだ!!・・・と言う事にしておこう。
そう思ったら妙にスッキリして目の前のカカシ先生の事も少しスッキリさせてあげたくなり鞄からティッシュを取り出しアカデミー生にするように鼻をかんであげる。

うわっ凄い鼻水!!これで少しはスッキリしたかと笑いながらカカシ先生を見ると急に目の前が暗くなった。
いや、暗くなったというより何かがすぐ目の前にあって唇に何か柔らかいものが触れてる???
チュッと言う音と共に目の前の何かは離れていったがそれは物凄くニコニコと笑ってるカカシ先生の顔で・・・。
って事はひょっとして今俺の唇に触れていたのは・・・そっかカカシ先生の唇か~薄くてもちゃんと柔らかいものなんだな~。
カカシ先生の素顔初めてみたけどナルトの言っていたことハズレだな、普通に凄く格好良いや・・・。
ってちょっと待てなんで俺とカカシ先生の唇が触れ合ってたの!!

俺今ひょっとしてキ・・・キ・・・キスされた?!

思わずカカシ先生の脳天にナルトにするような拳骨を食らわしてしまう!!
「イルカ先生~痛いですヨ~。」
と言いながらでもニコニコしながらカカシ先生がこっちを見る。
「カッカッカカシ先生こそいきなり何してくるんですか?!何考えてるんですか?!」
思わず怒鳴ると
「う~ん?何でですかネ?何かイルカ先生の顔見てたら気がついたらキスしてて。先生は何でだと思います?」
と逆に聞き返され思わず力が抜けてしゃがみこむ・・・。
もう嫌だ・・・!!何であんた自分で気付かないんだよ?!
こんなことなら見捨てて飲み会に参加すりゃ良かったよ!!
今頃きっと盛り上がってるよ!!今からでも行こうかな・・・。なんて思っていたら頭上から声が降ってくる。
「でもですネ~さっきまでのモヤモヤはどっかに行っちゃったみたいなんですよネ?」
そうですね?だってそのモヤモヤは俺の所に来ちゃいましたよ!!
「でもなんでですかネ?俺どうしたんでしょう?」
俺に聞くなよ~自分で気付けよ~と思うと何か無性に腹が立ってきた!!
ガバッと立ち上がるとカカシ先生に一気にまくし立てる!!

「あーもう腹が立ってきた!!何でカカシ先生の気付かない事に俺が気付いてモヤモヤしなくちゃいけないんですか?!上忍だろうが、自分で気付けよ!!しかもキ・・・キ・・・キスまでされるし!!俺は今日は飲み会だったんですよ!!しかも会費無料の!!無料ですよ?!何て素晴らしい響き・・・。薄給の教師にありがたいことこの上ない話だったのに!!・・・もう今からでも遅れていこうかな・・・。」

それまでニコニコ俺の話しを聞いていたカカシ先生は俺が飲み会に遅れて行こうと行った途端に泣きそうにになった。
「飲み会ってさっきの女性もいらっしゃるんですよね?」
「そりゃ同僚ですもん。いるに決まってますよ。」
「そんなの駄目です!!行かせません!!」
「はあ?行かせませんって何でですか?」
「何でかは解りませんけど何か嫌なんで行かせません!!食事なら迷惑かけたお詫びに俺がご馳走します、ほらそれで良いじゃないですか?」
「何でか解りませんって・・・。またそれですか?ご馳走していただけるのは嬉しいのですがカカシ先生?その鼻水でデロデロの口布もう一回着けるんですか?」
「うっ・・・それは・・・。じゃあ明日!そう明日はどうですか?そうです俺任務明けで休みなんでアカデミーまで迎えに行きますよ!!」
又半分べそかきながらいつの間にか又俺の鞄の紐を掴んでカカシ先生は必死になって俺にすがってくる。
「ね?今日は飲み会に行かないで下さい?明日俺がご馳走しますから。ね?明日一緒に行きましょう?」

・・・困ったなあ。
強く出られた方が断りやすいんだけどもこんな風に置いていかれる子供みたいにべそかきながら縋られたら断りにくいったらありゃしない・・・。
まあ一回位なら迷惑かけられたしご馳走になってもバチは当たらないかと思って大きくため息を一つ吐いて答える。
「分かりました、では明日ご馳走になりますけどあまり高級な場所は緊張して味が分からなくなりそうなんでは止めてくださいね。あと迎えには来ないで下さい。子供じゃないんで大丈夫です。」
俺の言葉を聞いた途端パアッと顔を輝かせて嬉しそうに笑うカカシ先生。
「約束ですよ!!」
なんて言って子供見たく笑うもんだから微笑ましく見ていた俺は油断した・・・。
笑いながらグッと鞄の紐を引っ張って俺を抱き寄せた。
と思ったら又唇に柔らかい感触があり目の前に何かがあった。
目の前の何かが離れていく時伏せ気味の彼の眼とまつげが良く見えて『へ~睫毛も銀色なんだ』と妙なところに感心してしまう。
はっと我に返るとカカシ先生は印を結びながら
「じゃあこんな状態なんで俺は先に帰ります。イルカ先生明日楽しみにしてますね。」
と言って木の葉を数枚残しボフンッという煙と共に消えた・・・。

あんにゃろう、また俺にキ、キ、キスして逃げやがった~!!

やり場のない怒りとモヤモヤを抱えながら帰ろうと空を仰いだ俺の眼に映ったのは笑ったときの彼の眼みたいな銀色の三日月だった。


続く・・・かな?

<< 番外編 「並足ライドウの場合~視点~後編」 | ホーム | あのまど このまど >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。